髪の静電気を抑えるのに効果ある髪のケア対策や効果的な予防対策はどうすればいいのか

髪の静電気を抑える為には、髪のキューティクルを守って髪同士の摩擦を抑えること

そして、空気が乾燥しないように部屋の加湿をしていくこと

服に静電気が溜まるのを防いでいくこと

が重要なポイントになってきます。

そこで、髪の静電気を抑えるおすすめのケア対策や効果的な予防対策などについて書いていきます。

髪の静電気によって髪がダメージを受けてしまい、髪型がまとまらなかったり、ボサボサになってしまったりするのを防いでいきたいですからね。

スポンサーリンク

髪の静電気を抑えるケア対策はコレ

寒い乾燥する季節になってくると多く発生してしまい困ってしまうのが静電気です。

静電気は何か物に触った時だけじゃなくて、髪の毛にも多く起こってしまいます。

髪の毛をブラッシングしてといでいる時や服を着る時や脱ぐ時などに多く発生してしまい

髪がボサボサになってしまったりしてしまいます。

そんな髪に静電気が起こってしまう時に注意したい原因は

・髪のキューティクルが多く剥がれてしまっている
・空気が乾燥してしまっている
・服に静電気が多く溜まってしまいる

などです。

髪に静電気が多く発生してしまう原因については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪の静電気がひどい時に注意する原因!

そんな髪の静電気を抑えていく為には、髪のキューティクルを守っていくケア対策と

空気を乾燥させない予防対策や服に静電気を溜めない予防対策などが重要になってきます。

そこで、まずは、髪のキューティクルを守るケア対策について書いていきます。

髪の静電気を抑えるキューティクルのケア対策と効果的な方法は

アミノ酸シャンプーを使った髪のケア対策
コンディショナーやトリートメントを使った髪のケア対策
ドライヤーを使った髪のケア対策
木のブラシを使った髪のケア対策
ヘアカラーやパーマを減らす髪のケア対策

などです。

アミノ酸シャンプーを使った髪のケア対策

アミノ酸シャンプーを使った髪のケア対策っていうのは、洗浄力の弱いシャンプーを使って髪のキューティクルや乾燥を守っていくケア対策です。

シャンプーっていうのは色々な種類のシャンプーがあります。

そして、その種類の違いっていうのは使われている界面活性剤の種類の違いによって、頭皮や髪の汚れや皮脂を多く取り除いていく洗浄力です。

よくドラッグストアーなどで人気の売れているシャンプーなどは、アルコールシャンプーなどで洗浄力が物凄く強く、汚れや皮脂をしっかりととっていく種類のシャンプーです。

しかし、洗浄力が強い過ぎると髪への刺激が強すぎてキューティクルが剥がれやすくなってしまいますし

髪や頭皮の水分も多く奪われてしまい乾燥して保湿力も低下してしまいます。

なので、洗浄力が弱くて髪や頭皮に刺激の少ない優しいアミノ酸シャンプーを使っていくようにしてください。

コンディショナーやトリートメントを使った髪のケア対策

コンディショナーやトリートメントを使った髪のケア対策っていうのは、髪の表面を覆ってキューティクルが剥がれるのを防いでいくケア対策です。

シャンプーは、髪や頭皮の汚れを落としていく役割ですが、コンディショナーやトリートメントは髪の表面をしっかりと保護していくのが役割です。

そして、保湿効果もあるので髪の内部や表面からもしっかりと髪の水分を守ってくれます。

ドライヤーを使った髪のケア対策

ドライヤーを使った髪のケア対策っていうのは、ドライヤーの熱によって髪や頭皮の水分が多く奪われていくのを防いでいく保湿対策とキューティクルを守っていくケア対策です。

まずは、髪が濡れている状態の時っていうのは、髪のキューティクルが剥がれやすいので、ドライヤーを使って早く髪を乾かしていきます。

しかし、ドライヤーを使っている時間が長くなってしまうと、ドライヤーの熱によって髪や頭皮の水分が多く奪われてしまいます。

なので、出来るだけドライヤーを使う時間を短くして効率よく髪を乾かしていってください。

髪の静電気を抑えるドライヤーの正しい使い方

髪の静電気を抑えるドライヤーの正しい使い方としては

最初にタオルドライでしっかりと水分をとる
ドライヤーは髪から20cmは離して使う
髪が8割り程度乾いたらドライヤーを止める
ブラッシングはドライヤーが終わってからする

です。

多くの人が、いきなりドライヤーを使って髪を乾かしていますが、最初はバスタオルなどでしっかりと髪の水分を吸収させてからドライヤーを使うようにしてください。

そして、髪が8割り程度乾いた後に、ブラッシングしていってほしいのですが、この時に髪の根元から毛先に向かってブラッシングしていってください。

逆方向などにブラッシングしてしまうと髪のキューティクルの層に逆らってしまってキューティクルが剥がれやすくなってしまうので注意してください。

髪を早く乾かして髪を傷めないドライヤーの使い方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪をしっかりと守るドライヤーの正しい使い方!

木のブラシを使った髪のケア対策

木のブラシを使った髪のケア対策っていうのは、木っていうのは電気を上手く放電してくれて静電気が起こりにくい素材です。

なので、プラスチックのブラシなどは使わずに木のブラシや、静電気予防のブラシなどを使っていくようにしてください。

ヘアカラーやパーマを減らす髪のケア対策

ヘアカラーやパーアは、髪のキューティクルを意図的に剥がしてしまいます。

なので、出来ればヘアカラーやパーマはしないのが一番良い髪の静電気対策になります。

しかし、既にヘアカラーやパーマなどをしている場合は、できるだけ回数を減らして特に空気が乾燥しやすい秋や冬の季節は抑えるようにしてください。

これらの髪のケア対策が髪のキューティクルが剥がれてしまうのを防いで髪の静電気を抑えてくれます。

静電気が起こりにくくするのに効果ある食べ物や飲み物などについては、コチラの記事に書いてあります。

静電気体質を改善していく食べ物や飲み物!

スポンサーリンク

髪の静電気を抑える効果的な予防対策はコレ

髪の静電気を抑える髪のケア対策については、わかってもらえたと思います。

そして、髪の静電気を抑えていくには

部屋の乾燥を防いでいくこと
体の乾燥を防いでいくこと
服の静電気を抑えていくこと

などのことも重要になってきます。

そこで、これらの効果的な予防対策について書いていきます。

部屋を加湿して髪の静電気を抑える対策

部屋が乾燥してしまう原因は、空気中の水分量が少なくなってしまっているからです。

そこで部屋の乾燥を防いでいく簡単で一番効果がある加湿対策方法は、加湿器をつけることです。

しかし、加湿器が無い場合は

濡れたタオルを近くに置く
コップやペットボトルに水を入れて置く
霧吹きを吹きかける

植物を部屋に置く

などの予防対策を取っていくことで部屋をしっかりと加湿していくことができます。

部屋の乾燥を防いでいく加湿対策方法についてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

部屋の乾燥を防ぐ簡単な対処法!

加湿器の効果的な使い方については、コチラの記事に書いてあります。

加湿器の効果を高める使い方はコレ!

体の乾燥を防いで髪の静電気を抑える対策

体の乾燥を防いで髪の静電気を抑える対策は

水分補給をこまめにとる
運動をして適度に汗をかく
睡眠をしっかりととっていく

などです。

水分補給の上手な取り方

水分補給としては、水などを飲んでいくっていうことです。

そこで、体を乾燥させない上手な水分補給の取り方として、一度に大量に飲まずに数回にわけて、こまめに飲んでいく方が体の乾燥を防いでいくのにおすすめです。

そして、コーヒーなどカフェインを多く含んでいる飲み物などを飲み過ぎないようにしてください。

カフェインによって利尿作用が多く働いてしまうと、水分が多く排出されていってしまいます。

運動をして適度の汗をかく

運動をして適度の汗をかくっていうのは、汗をかくと水分が少なくなってしまうのではないかと思ってしまいます。

しかし、汗をかくことによって皮膚の乾燥を防いでいくことができます。

そして、汗をかくことによって血液の流れも良くなります。

血液の流れが良くなることによって、体内の活性酸素を上手く減らしていくことができて体内の電気を上手く放電させていくことができます。

しっかりと汗をかいたり、汗をかいた分の水分を補っていくためにも上記で書いた水分補給をしっかりと行っていくようにしてください。

睡眠をしっかりととっていく

睡眠をしっかりととっていくっていうのは、体調を整えたり血液の流れを良くしていくことができます。

体調が悪くなってしまったり、血液の流れが悪くなってしまうとどうしても体は乾燥しやすくなってしまいますし

体が乾燥しやすくなってしまうことによって更に、風邪をひきやすくなっていき悪循環になってしまいますからね。

静電気が起こりやすい人に多い停電体質をしっかりと改善していく為に効果的な生活習慣の見直しについては、コチラの記事に書いてあります。

静電気体質を直していく生活習慣!

服の静電気を防いで髪の静電気を抑える対策

髪に静電気を感じてしまう時っていうのは、衣服や服を脱いだ時などにも多く起きてしまいます。

そこで衣類の静電気を予防していくおすすめの予防対策方法としては

柔軟剤を使う
衣類の素材の組み合わせに注意する

などです。

柔軟剤を使うことによって、コンディショナーやトリートメントと同じで衣服の表面を保護してくれるので静電気が起きるのを抑えていってくれます。

後は、綿の素材を着ることによって静電気を予防していくことなどができます。

衣類の静電気が酷くなってしまう原因や静電気を抑えていく為の対策方法などについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

衣類の静電気を抑える効果ある対処法!

まとめ

髪の静電気を抑えるケア対策と効果的な予防対策はコレ!について書いていきました。

髪の静電気が酷くなってしまう原因は、髪のキューティクルが剥がれてしまい髪の表面がデコボコしてしまい摩擦によって起こってしまいます。

なので、髪のキューティクルを守っていくケア対策として

アミノ酸シャンプーを使った髪のケア対策
コンディショナーやトリートメントを使った髪のケア対策
ドライヤーを使った髪のケア対策
木のブラシを使った髪のケア対策
ヘアカラーやパーマを減らす髪のケア対策

などのことをしっかりと行って髪を守っていき

髪のケア以外にも

部屋の乾燥を防いでいくこと
体の乾燥を防いでいくこと
服の静電気を抑えていくこと

などの予防対策をしっかりととっていくことで、髪の静電気をしっかりと抑えていくことができます。

静電気が酷くて物に触った時に電気が発生してしまう原因や静電気を上手く逃がしていく対処法や予防対策などについてはコチラに書いてあります。

静電気が起きない対処法と改善対策!

車で起きる嫌な静電気を上手く取り除いていく効果ある対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

車で起きる静電気を防ぐ対策方法!

髪についてしまったガムをうまく綺麗にとっていく取り方については、コチラの記事に書いてあります。

髪についた厄介なガムを簡単に取る方法!

髪が絡まってしまった時の簡単で髪を傷めないほどき方については、コチラの記事に書いてあります。

絡まった髪を優しく簡単にほどいていく方法!

スポンサーリンク