服に静電気が発生してしまいスカートやズボンなどが、まとわりついてしまったり

服を脱ぐ時などに静電気によって痛い思いをしてしまうことがあります。

寒い冬の季節など空気が乾燥している時に、静電気が発生しやすくなってしまいます。

そんな服に静電気が溜まってしまって身体などにまとわりついてしまっているのを簡単に静電気をとっていく取り方

そして服に静電気が溜まらないようにしていく方法として、効果ある静電気防止予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

服(スカートやズボン)の静電気の簡単な取り方

寒い時期になってくると発生しやすくなってしまう静電気

静電気によって着ている服やスカートやズボンなどが足などにまとわりついてしまいます。

そんな厄介な服やスカートやズボンなどに発生してしまっている静電気を簡単にとっていくおすすめの取り方があって、それが

濡れた手でスカートやズボンの内側を触る
静電気防止スプレーをかける

です。

濡れた手でスカートやズボンの内側を触る

濡れた手でスカートやズボンの内側を触る静電気の取り方っていうのは、水分を与えることによって溜まってしまっている電気を上手く放電させていくことができます。

静電気が発生しやすいのは、空気が乾燥してしまっている時期です。

これは、空気中に含まれている水分量が少ないことによって起こってしまうからです。

なので、濡れた手でスカートやズボンの内側を触ることによって水分がつくので上手く溜まってしまっている静電気を除去していくことができます。

静電気防止スプレーをかける

静電気防止スプレーをかけるっていうのは、これも服などに静電気防止スプレーを吹きかけることによって、溜まってしまっている静電気を上手く除去していってくれます。

静電気防止スプレーは小さいサイズのも多くあるので、乾燥しやすい時期などは常にバックや近くに置いておくのがいいですね。

静電気防止スプレーが無い場合は、上記で書いた濡れた手で服などの内側を触るようにしてください。

静電気っていうのは、身体や着ている服同士が擦れてしまって発生するので着ている服などの内側を触るようにしてください。

スポンサーリンク

服の静電気防止に効果ある予防対策

着ている服やスカートやズボンなどの静電気を簡単にとっていく取り方や対処法などについてはわかってもらえたと思います。

そして、重要になってくるのができるだけ服に静電気が発生しないようにしていく為の予防対策です。

そこで、服の静電気防止の予防対策方法として

柔軟剤を使う
柔軟剤スプレーを吹きかける
手や足などにハンドクリームを塗る

などがおすすめの予防対策です。

柔軟剤を使って静電気を予防する

柔軟剤を使って静電気を予防するっていうのは、洗濯する時に柔軟剤を使うことによって服の静電気発生を抑えてくれる効果があります。

その理由は、柔軟剤に含まれている界面活性剤が服の表面を覆ってくれることによって摩擦を抑えていくことができるからです。

柔軟剤を使った洗濯物っていうのは、柔らかくて肌触りなどがいいですよね。

それは、界面活性剤が服の表面を覆っていることによって、肌触りが良くなっているからです。

なので、洗濯をする時に柔軟剤もしっかりと使うようにしてください。

柔軟剤スプレーを吹きかけて静電気を予防する

柔軟剤スプレーを吹きかけて静電気を予防するっていうのは、簡単に洗濯できないコートなどの静電気を予防していく対策方法です。

柔軟剤スプレーの作り方

柔軟剤スプレーの作り方はとても簡単です。

まずは

普段使っている柔軟剤

空のスプレー

を準備してください。

そして柔軟剤スプレーの作り方

空のスプレーに柔軟剤を25ml入れる

その中に水を500ml入れる

フタを閉めてよく振ってかき混ぜる

です。

柔軟剤と水との割合は、だいたいの目安として

柔軟剤5に対して水100の割合で入れるようにしてください。

そして、よく振ってかき混ぜた後に、コートや服などに吹きかけてください。

この柔軟剤スプレーは、静電気防止スプレーの代わりになるので、着ている服やスカートやズボンなどの内側に吹きかけてもらってもいいです。

ただ、肌が弱い人や肌に合っていない人の場合は、使用する柔軟剤の量を少し減らしたりして調整をしてください。

5:100の割合は普通に洗濯機に入れて使う柔軟剤の割合よりも多いので注意してください。

手や足にハンドクリームを塗る静電気を予防する

手や足にハンドクリームを塗る静電気予防っていうのは、ハンドクリームを塗ることによって手や足の皮膚の保湿を高めていく方法です。

手や足の保湿を高めることによって、皮膚の乾燥を防いでいくことができます。

特にストッキングを履く場合などは、ストッキングによる静電気を予防していくのにおすすめの対策です。

ハンドクリームを塗る時に注意してほしいこと

手や足を綺麗に洗って乾かした後に、十分な量のハンドクリームをつけて、しっかりとハンドクリームが皮膚に浸透していくようにつけてください。

手や足にホコリなどがついてしまっていたり、濡れていた場合などはハンドクリームの効果が薄れてしまいます。

この3つの対策方法が服の静電気を抑えて予防していくのにおすすめの予防対策です。

服についてしまったシワを簡単にすぐに伸ばして目立たなくしていくアイロンを使わない取り方については、コチラの記事に書いてあります。

衣類のシワをすぐに無くす簡単な取り方!

服の素材の組み合わせて静電気の発生を抑える方法

服に静電気が起こらないようにしていく為の予防対策方法についてはわかってもらえたと思います。

そして更に、着ている衣類の素材の組み合わせによっても静電気の発生を抑えていくことができます。

服の素材には、マイナスの電気を溜めやすい素材とプラスの電気を溜めやすい素材があります。

上記のように

マイナスの電気を溜めやすい素材として


ポリエステル
アクリル

プラスの電気を溜めやすい素材として


ウール
ナイロン

です。

このマイナスとプラスの電気を溜めやすい素材の服を重ね着などで着てしまうことによって静電気が多く発生しやすくなってしまいます。

なので、できるだけ服を重ね着する時はマイナスならばマイナスの素材同士にする

プラスならばプラスの素材同士にするようにしてください。

そして真ん中に書いてある綿の素材は電気を溜めにくい素材なので、肌着などに着ると静電気が発生しにくくなります。

例としては

フリーズなどポリエステル素材を着る時は

・アクリル素材のセーターを着る
・綿のシャツや絹のシャツを着る

ダウンジャケットなどナイロン素材を着る時は

・ウール素材のセーターを着る
・木綿素材のシャツを着る

などのような感じです。

素材の組み合わせは、少しでも静電気の発生を抑えていく方法なので、良かったら参考にしてみてください。

服を脱ぐ時の静電気を抑えていく対処法

服を脱ぐ時にも静電気を抑えていく為の対処法があります。

服を脱ぐ時に静電気を抑えていく対処法としては

霧吹きをかける
革製品や木のドアや紙などを触る

です。

服を脱ぐ時に霧吹きをかける

服を脱ぐ時に霧吹きをかけるっていうのは、服や髪の毛などに水分を与えていくっていうことです。

水分を軽く含ませることによって、溜まってしまっている電気を上手く放電させていくことができますからね。

革製品や木のドアや紙などを触る

革製品や木のドアや紙などを触るっていうのは、溜まってしまっている電気をゆっくりと放電していってくれます。

静電気は一気に電気が流れてしまうことによって、痛みが酷くなってしまうので一回ゆっくりと溜まっている電気を放電させていきます。

革製のベルトや手袋などを触ったり、木のドアがある場合は触ったり、両方ない場合などは近くにある紙などがおすすめです。

後は、最初に書いた濡れた手で服を触ったりや静電気防止スプレーなどを使うことですね。

部屋を乾燥させないようにしていくことで、静電気の発生を抑えていくことができるので、おすすめの部屋の加湿対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

部屋を乾燥させない簡単な対策方法!

服にできてしまった毛玉を簡単に取り除いていく為のおすすめの取り方については、コチラの記事に書いてあります。

服の毛玉の取り方とつけない予防対策!

まとめ

服の静電気の取り方と効果ある防止予防対策!組み合わせ注意について書いていきました。

空気が乾燥しやすい季節になるとどうしても静電気が多く発生してしまいます。

その静電気によって服やスカートやズボンなどが身体にまとわりついてしまったり、ホコリなどが着きやすくなってしまったり、脱ぐときに痛みを感じてしまいます。

そんな服に発生してしまう静電気をできるだけ上手く放電させていくようにしてください。

静電気が起きてしまう原因や物に触った時に手に静電気が起こらないようにしていく対処法や予防対策などについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

静電気が多い原因と上手く対処していく方法!

髪がパサつくまとまらない厄介な髪に起こってしまう静電気を上手く抑えていく為の予防対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

髪の静電気を防ぐ対策方法!

車の乗り降りの時に発生する静電気を予防していく対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

車の乗り降り時の静電気を防ぐ方法!

スポンサーリンク