車の暖房を早く効かせて車内を暖かくしていく為のエアコンのつけ方や設定などは、どうすればいいのか

寒い冬の時期は、車が物凄く冷えていてエアコンの暖房をすぐにつけても、冷たい風ばかり出てきて、なかなか車内が暖かくならないです。

そんな寒い時期に、車の暖房から早く暖かい風を出していく効果的なエアコンのつけ方やボタン設定のコツなどの対策について書いていきます。

暖房をつけているのに、冷たい風しか出てこない時は、エアコンが壊れてしまい効かなくなってしまったのかなって心配になってしまいますからね。

スポンサーリンク

車の暖房を早く効かせるつけ方

寒い冬の時期に、車に乗ってすぐにエアコンを暖房に設定してつけても、なかなか暖かい風が出てこないですよね。

あれ?

何で暖房にしているのに、冷たいヒヤっとした風が出てきてしまうの?って震えながら考えてしまいます。

そこで、車の暖房を早く効かせて暖かい風が早く出てくるようにするには、暖房をつけて入れるタイミングがとても重要になってきます。

車の暖房を早く効かせるつけ方は、車のエンジンがしっかりと暖まって熱くなってから暖房をつけることです。

その理由は、車に乗ってエンジンをかけてすぐに暖房をつけてもエンジンが暖まっていなくて冷えている状態なので、冷たい風しか出てきません

車の暖房から暖かい風が出て来る仕組みは、熱を持って熱くなっているエンジンに冷却水(クーラント)を循環させて

その冷却水(クーラント)がエンジンの熱によって暖めたれた時に、暖かい風が出てくるからです

車の暖房をつけても冷たい風が出てきたり暖房が効かない時の原因などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

車の暖房が効かなくて暖まらない原因!

そこで、車の暖房を早く効かせるおすすめのつけ方は

エンジンをかけて3~4分そのまま暖気する

車を少し運転する

水温警告灯の青色のランプが消えたら暖房をつける

です。

エンジンをかけて3~4分そのまま暖気する

まずは、車のエンジンをかけてそのまま何もせずに3~4分エンジンを暖気させてください。

寒い冬の季節は、エンジンも冷え切ってしまっているのでエンジンをかけてから、エンジンが少し暖まるまで3~4分暖気します。

暖気をせずに車を動かしてしまうと、エンジン自体に大きな負担がかかってしまうので注意してください。

車に雪などが積もっている場合は、この暖気中に車から降りて雪かきなどをしてください。

車を少し運転する

エンジンをかけて3~4分暖気したら、暖房をつけずにそのまま車を少し運転して動かしてください。

エンジンを早く暖めていくには、車を動かしてエンジンの回転数を高めていくことです。

エンジンの回転数を高めていくことによって、エンジンも段々と暖まってきて熱を持っていきます。

なので、車を動かさずにそのままずっと暖気していてもエンジンを早く暖めていくことはできないので注意してください。

ただし、いくら最初に暖気をしたからといって、急発進とかしてしまうのも逆にエンジンに大きな負担がかかってしまうので

なるべくゆっくりとスピードを上げていくようにしてください。

水温警告灯の青色のランプが消えたら暖房をつける

エンジンが冷えている場合は、上記の画像のように水温警告灯の青いランプが点灯しています。

この水温警告灯は、エンジンがまだ暖まっていなくて冷却水(クーラント)が冷え切っていますよっていうランプです。

なので、この水温警告灯の青いランプが消えるとエンジンがしっかりと暖まってきて冷却水(クーラント)も暖められてきましたよっていうサインです。

この水温警告灯の青色のランプの表示が消えたら、暖房をつけていきます

そうするエアコンの吹き出口から、暖かい風がしっかりと出てくるようになります。

スポンサーリンク

車の暖房で車内を早く暖めるエアコン設定のコツ

車の暖房を早く効かせるつけ方は、エンジンがしっかりと暖まって水温警告灯ランプが消えてから暖房をつけていくっていうことについては、わかってもらえたと思います。

そして、車の暖房をつけて暖かい風が出てくるようになっても、なかなか車内が暖かくならないことがありますよね。

そこで、車の暖房で車内を早く暖める為のエアコン設定のコツは

A/Cボタンはつけない
内気ボタンを入れておく

などです。

A/Cボタンはつけない

A/Cボタンはつけないっていうのは、A/Cボタンの役割っていうのは冷房や除湿です。

なので、暖房をつけて車内を暖めようとしているのにA/Cボタンがついてしまっていると、なかなか車内を暖かくしていくことができなくなってしまいます。

そして、A/Cボタンをつけている時っていうのは、コンプレッサーなども作動しているので、燃費も悪くなってしまうので、冬場の燃費向上にもA/Cボタンは切っておくのがおすすめです。

A/Cボタンは、暖房をつけていてガラスが曇ってきた時だけ、曇りを素早く取る為に入れるようにしてください。

車のガラスが曇りやすくなってしまう原因や曇りを無くして視界を良くしていく対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

車のガラスが曇りやすい時の対処法!

内気ボタンを入れておく

内気ボタンを入れておくっていうのは、上記の画像の内気ボタンです。

車のエアコン設定には空気を循環させる、外気ボタンと内気ボタンがあります。

外気ボタン⇒外の空気も車の中に入れて空気を循環させる

内気ボタン⇒車内の空気だけで空気を循環させる

外気ボタンの設定になっていると、外の冷たい空気も車内に入ってきてしまって、なかなか車内が暖かくなりずらいですが

内気ボタンの設定になっていると、車内の暖かい空気を循環させるので、車内が早く暖かくなってきます。

冬の季節の寒い朝に車のガラスが凍ってしまっているのを早く溶かしていく為のおすすめの方法などについてはコチラの記事に書いてあります。

車のガラスが凍っている時の対処法!

まとめ

車の暖房を早く効かせるつけ方と暖めるエアコン設定のコツ!について書いていきました。

寒い冬の時期は、どうしても車に乗ってすぐにエンジンをかけても、エンジンが暖まっていないので暖房を入れてもすぐに暖かくなりませんし

逆に最初は、エアコンから冷たい風しか出てきません

なので車の暖房を早く効かせて暖かい風を出していくつけ方は

エンジンをかけて3~4分そのまま暖気する

車を少し運転する

水温警告灯の青色のランプが消えたら暖房をつけ

ようにしてください。

そして、車内をしっかりと早く暖めるエアコン設定のコツは

A/Cボタンはつけない
内気ボタンを入れておく

です。

これが車の暖房から早く暖かい風を出して、車内をしっかりと暖かくしていく暖房のつけ方とエアコン設定のコツです。

寒い季節になって、空気が乾燥している時に起こってしまう車に乗る時や降りる時に起こる静電気を上手く取り除いていく取り方についてはコチラの記事に書いてあります。

車で起きる静電気を予防していく対策!

車のエアコンをつけると臭いにおいがしてしまう時に、簡単に匂いを解消していくおすすめの対処法についてはコチラの記事に書いてあります。

車のエアコンの臭いをすぐ消す方法!

冬に車の燃費を良くする為のおすすめの対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

冬に車の燃費を良くして向上させる方法!

車の窓ガラスが油膜で見えにくくなってしまっている時の簡単な油膜取りの方法についてはコチラの記事に書いてあります。

車のガラスの簡単な油膜取り方法!

スポンサーリンク