車の静電気対策で効果あるおすすめの取り方はどうしていけばいいのか

車に乗る時にドアに触れると起こる静電気

車から降りる時にドアに触れると起こる静電気

など、寒い乾燥した冬の時期になると痛い思いをしてしまう静電気

そんな車に乗る時や降りる時に急に襲われてしまう痛い静電気を簡単に防いでいく取り方や予防対策方法などについて書いていきます。

車に乗る時と降りる時とでは、やり方も違うのでしっかりとした対処法が必要です。

スポンサーリンク

車で静電気が起こる原因

寒い冬の季節になると発生しやすくなってしまうのが、物に触った時に、いきなり電気が走ってしまい痛い思いをしてしまう静電気です。

静電気が発生してしまう原因は、空気の乾燥によって空気中や皮膚などの水分量が少なくなってしまい電気を上手く自然に放電させることができにくくなってしまいます。

その溜まってしまっている電気が何か物に触れた時に、一気に流れてしまい静電気が起こってしまいます。

特に車で静電気が起こってしまう時っていうのは

車に乗る時にドアを触った時
車から降りる時にドアを触った時

などですよね。

車に乗る時にドアに触れた時に静電気が発生する原因

車に乗る時にドアに触れた時に静電気が発生する原因は、手が乾燥していて電気が溜まっていたり、着ている服が擦れて摩擦を起こして電気が溜まってしまっていたりです。

その電気が手でドアに触った瞬間に、一気に溜まっていた電気が流れてしまい静電気が起こってしまいます。

車から降りる時にドアを触った時に静電気が発生する原因

車から降りる時にドアを触った時に静電気が発生する原因は、座っているシートと服が擦れて摩擦を起こしてしまい電気が溜まってしまうからです。

その溜まってしまっている電気が車から降りて、ドアを閉める時に一気に流れてしまい静電気が起こってしまいます。

車の静電気を無くす取り方と対処法

車に乗る時や降りる時に静電気が発生してしまう原因についてはわかってもらえたと思います。

どちらも電気が放電されずに溜まってしまっているからです。

そこで、車の静電気を無くす取り方は、溜まってしまっている電気を上手く放電させてから、ドアなどに触ることです。

車に乗る時に静電気が起きない為の対処法

車に乗る時に静電気が起きない為の対処法としては、ドアを触る前に

地面を一度手で触る
キーで一度ドアを触る
手のひらでドアを触る

などです。

地面を一度手で触る対処法

地面を一度手で触る対処法っていうのは、車のドアを触る前に地面を触ることによって、手に溜まってしまっている電気をゆっくりと放電させることができます。

車のドアは鉄や金属で出来ているので、とても電気が流れやすい素材です。

しかし、コンクリートや土などの地面は、電気をゆっくりと流してくれます。

このゆっくりと溜まってしまっている電気を放電させることによって、車のドアに触った時に起こる静電気を予防していくことができます。

キーで一度ドアを触る対処法

キーで一度ドアを触る対処法っていうのは、これも地面を一度触るのと同じ効果があり手に溜まってしまっている電気を上手く放電させてくれます。

車のキーっていうのは、持ち手部分がプラスチックなどでできるいることが多いので、そのプラスチックによって電気が一気に流れないようにしてい上手く放電させていくことができます。

最近は、リモコンやドアについているボタンを触ることでキーロックを簡単に解除することができます。

その時に、ロックを外してからドアに触る前にキーをドアに押し当ててください。

手のひらでドアを触る対処法

手のひらでドアを触る対処法っていうのは、これは指で触るよりも手のひら全体で触った方が傷みを和らげていくことができます。

なので、地面を触ったりキーをドアに押し当てたりして、上手くゆっくりと溜まってしまっている電気を放電させた後に、なるべく手のひら全体でドアを開けるようにしてください。

車から降りる時に静電気が起きない為の対処法

車から降りる時に静電気が起きない為の対処法としては、シートから立つ時にドアの金属部分をずっと触った状態で降りるようにしてください。

シートと服の摩擦による静電気は、シートから離れた瞬間に一気に発生します。

その溜まった電気が、ドアに触れることによって酷い静電気が起こってしまいます。

しかし、シートから離れる前にドアを触っていて、そのまま足が地面につくことによって自然と電気は放電されていき、手に静電気が起こらなくなります。

なので、最初は少し降りずらいと感じるかもしれませんが、必ずドア部分を手で触りながらシートからお尻を上げて、足が外の地面についたら、そのまま触っているドアを閉めてください。

助手席や後部座席に座っている人にも、静電気が起こらなにようにする対処法を教えておいてくださいね。

寒い季節になると至るところで酷い静電気が起こってしまう詳しい原因や対策などについてはコチラの記事に書いてあります。

静電気が発生する3つの原因と対策方法!

スポンサーリンク

車の静電気を防ぐ予防対策におすすめのアイテム

車に乗る時や降りる時に静電気が起こらないようにする対処法についてはわかってもらえたと思います。

そして、上記で書いた対処法をやりながら、更に車の静電気を防いでいく予防対策として、おすすめのアイテムがあります。

それが

革の手袋をする
ハンドクリームをこまめに塗る
ウェットティッシュで手を拭く
静電気防止グッズを使う

などです。

革の手袋をする

革の手袋をするっていうのは、革製品っていうのは電気を通しにくい素材です。

なので車のドアに触る時に革の手袋をしていることによって静電気が発生するのを予防していくことができます。

ただ運転中は、運転しずらくなってしまうこともあるので、運転する時は外すようにしてください。

ハンドクリームをこまめに塗る

ハンドクリームをこまめに塗るっていうのは、手や皮膚が乾燥して水分が少なくなってしまっていると電気が自然に放電しづらくなってしまいます。

なのでハンドクリームをつけて手をしっかりと保湿して水分を逃がさないようにすることによって静電気が発生しづらい状態を作っていくことができます。

ウェットティッシュで手を拭く

ウェットティッシュで手を拭くっていうのは、これもハンドクリームを塗るのと同じ効果で手の乾燥を予防していくことができます。

車から降りる時に、一度ウェットティッシュで手を拭いて手のひらの乾燥を防いでいってください。

静電気防止グッズを使う

静電気防止ぐっずを使うっていうのは、静電気防止キーホルダーやブレスレットなどです。

静電気防止キーホルダーを車に乗る前にドアに押し当てたりすることによって電気を上手く放電してくれて静電気が起こりにくくなりますし

静電気防止ブレスレットを手首につけておくことによっても体に自然と溜まってしまう電気を上手く放電していってくれます。

服を脱ぐ時に静電気が起こってしまうのを防いでいく対策方法や静電気が起こりづらい服の組み合わせなどについてはコチラの記事に書いてあります。

服の静電気を抑えていく予防対策方法!

髪が傷んでしまう髪の静電気を防いでいく対策方法や洗い方などについてはコチラの記事に書いてあります。

髪に静電気が発生しない為のケア対策!

寒い季節の冬になると車の燃費が悪くなってしまうのを改善していく対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

冬の車の燃費が悪いのを改善していく方法!

まとめ

車の静電気対策に効果ある取り方!乗る時と降りる時の対処法について書いていきました。

車に乗る時の静電気対策としては

地面を一度手で触る
キーで一度ドアを触る
手のひらでドアを触る

車から降りる時の静電気対策としては

必ず手でドアを触りながらシートから立って、足が地面についてからドアから手を放すようにしてください。

寒い冬の季節になるとどうしても空気中の水分が少なくなってしまい体や服などに電気が溜まりやすくなり車に触れた時に静電気が発生しやすくなってしまうので注意してください。

車のガラスが曇りやすくなってしまう原因や曇りを簡単にとっていく対策方法などについてはコチラの記事に書いてあります。

車のガラスが曇る原因と対処法!

車のガラスが凍っているのをすぐに解消していく為の対策方法や気をつけてほしいことについてはコチラの記事に書いてあります。

車の凍ったガラスを素早く溶かす方法!

車の暖房を早く効かせて車内が寒いのを解消していく為のエアコンのつけ方やコツなどについてはコチラの記事に書いてあります。

車の暖房を早く効かせるエアコンの使い方!

部屋が乾燥してしまうのを防いでいくのに簡単で効果ある加湿対策についてはコチラの記事に書いてあります。

静電気対策に効果ある部屋の加湿方法!

スポンサーリンク