ダニに刺された(噛まれた)時の症状や対処法はどうしていけばいいのか

朝起きたら急に皮膚が痒い

何か虫に刺された(噛まれた)ような赤い斑点ができている

蚊?ダニ?それか何か得たいのわからない虫?

とにかく痒みが酷くて、ずっとかいてしまう

そんな痒みが突然出てしまった時はダニに刺されて(噛まれて)しまっているかもしれません

そこでダニに刺された(噛まれた)時の症状や特徴

そして対処法や治し方について書いていきます。

スポンサーリンク

ダニに刺された(噛まれた)時の特徴

寝起きや不意に何のまえぶれもなく皮膚が痒くなってしまい

その痒い場所を見てみると赤い斑点ができてしまっていることがあります。

そういった時は、蚊にでも刺されてしまったかなって思いますが蚊に刺された時の痒みではないぞって感じる時はダニに刺されて(噛まれて)しまっているかもしれません

そこでダニに刺された(噛まれた)時の大きな特徴として

寝起きに急に痒みが出る
服を着ている皮膚が刺されている
蚊に刺された時よりも痒みがひどい
痒い症状が1週間以上続いている
赤い斑点が1週間以上治らない
1cmくらいの赤い腫れができている

皮膚の柔らかい場所を刺されている
数カ所刺されている

などがあります。

そしてダニに刺された(噛まれた)時はすぐに症状が出始めることは少なく、数時間後や長ければ次の日などに症状が出始めてくるのも大きな特徴の1つです。

ダニアレルギーの症状や注意してほしいことなどについてはコチラの記事に書いてあります。

ダニアレルギーの症状や治していく方法!

ダニに刺される(噛まれる)やすい場所

ダニに刺された(噛まれた)時の特徴についてはわかってもらえたと思います。

そしてダニに刺され(噛まれ)やすい場所もあってそれは

肌や皮膚の柔らかい弱い場所です。

・二の腕
・脇腹
・ふくらはぎ
・太もも
・背中

など服を着ていても刺されて(噛まれて)しまいます。

ダニは噛む力がとても弱いので噛みやすい肌や皮膚が柔らかい場所を狙ってきます。

ノミに刺されてしまった時の症状や特徴そして対処法などについてはコチラの記事に書いてあります。

ノミに刺された症状や特徴を知り対処する方法!

家に発生する刺される(噛まれる)可能性のあるダニの種類

ダニといってもとても多くの種類のダニがいます。

その中でも家に発生しやすいダニとしては

チリダニ
ツメダニ
イエダニ

の3種類です。

この3種類のダニの中でもチリダニが一番多く家の中に発生しやすいダニなのですが、チリダニは人を刺したり(噛んだり)しません

なので家の中でダニに刺される(噛まれる)可能性が高いダニ

ツメダニ
イエダニ

になります。

ツメダニが発生しやすい環境

ツメダニが発生しやすい環境としては

高温多湿
マンションや新築住宅など気密性が高い家
布団や絨毯やカーペットやソファーやベッドなど

です。

そしてツメダニが好きな餌としては、他のダニの死骸や糞などを餌として食べます。

発生する期間としては4~10月で梅雨時期から秋にかけてが一番多く発生しやすいのです。

しかしエアコンや暖房などによって家の中が暖かい場合は、一年中発生しやすくなっています。

イエダニが発生しやすい環境

イエダニが発生しやすい環境としては

高温多湿
古い家や古い木造マンションなど
畳や床下や鳥の巣やねずみの巣がある場所

です。

イエダニはねずみや鳥などにくっついて家の中に入ってきます。

そしてイエダニはねずみや鳥の血を餌として食べています。

なんでねずみや鳥がいる家に発生しやすいダニです。

発生しやすい期間としては、5~9月です。

スポンサーリンク

ツメダニとイエダニに刺された(噛まれた)時の症状の違い

ツメダニとイエダニで刺された(噛まれた)時の症状として違いがあります。

ダニに刺された(噛まれた)時の症状は特徴でも書いたように

肌や皮膚が柔らかい場所を刺される
服の上からでも刺される
痒みが1週間以上続く
1cmくらいの腫れができる
数カ所刺される

などの症状は同じです。

しかしイエダニに刺された(噛まれた)時には少し違った症状があります。

イエダニに刺された(噛まれた)時の症状

イエダニに刺された(噛まれた)時の症状は上記の症状に加えて

血管がある場所を刺される
刺された場所にしこりや水ぶくれができることがある
痒みが酷くてずっと掻きむしってしまう

などの症状があります。

イエダニは血を吸うので肌や皮膚が柔らかい場所に加えて血管がある場所を刺します。

そして症状が酷い場合は、しこりができていたり水ぶくれなどの症状も見られることがあります。

そしてツメダニに刺された(噛まれた)時よりも痒みが酷くて、ずっと掻き続けてしまうことが多くそれによって傷口から細菌などが入ってしまいトビヒなどを起こしてしまうことがあります。

ダニに刺された(噛まれた)時の対処法と治し方

ダニに刺された(噛まれた)時はまずは何をすればいいのか対処法としては

水で刺された場所を洗う

刺された場所を冷やす

虫刺されやかゆみ止めを塗る

です。

まずは刺された(噛まれた)場所を水で洗ってから、保冷剤や氷をタオルなどにくるんで当てて冷やしていください。

冷やすことによって痒みを和らげることができます。

それから市販されている虫刺されや痒み止めなどの薬を使ってください。

これで痒みが治まればいいのですが、痒みが取れない場合は炎症を抑えていくステロイド系の塗り薬などを使ってください。

症状がひどい場合が痒みがひどい場合は、皮膚科や病院などに行って治療をしてもらってください。

ダニに刺される(噛まれる)と蚊とかとは違って症状が1週間くらい続いてしまうので注意してください。

そしてかいてばっかりいると傷口が広くなってしまったり細菌などが侵入してきてしまって更に症状が悪化してしまうので痒みが酷い場合などは早急に皮膚科や病院に行ってください。

蚊に刺されにくくする為の簡単な効果ある自己ケア対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

蚊に刺されにくい状態を作る方法!

家の中で急に刺されることがある小さなシバンムシアリガタバチが発生する原因や刺された時の症状や駆除していく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

家で注意する小さい蜂のシバンムシアリガタバチの対処法!

マダニに刺された時は早急に病院で治療

ツメダニやイエダニなど家の中に発生するダニの種類に刺された(噛まれた)時の症状や対処法などについてはわかってもらえたと思います。

しかし、ダニの種類の中にはマダニというダニがいます。

マダニに刺された(噛まれた)時は、早急に病院にいって診てもらってください。

マダニの特徴は、基本的には草むらや田んぼや裏庭など外にいる3mm~1cmくらいの大きいダニです。

このマダニに刺された(噛まれた)時は

10cmくらい腫れてしまう
痒みや痛みが酷い
高熱が出てしまうこともある

などの酷い症状が出てしまいます。

なのでマダニに刺されてしまった時は、早急に病院に行ってしっかりと診てもらって治療をしていってください。

ダニに刺されない(噛まれない)ようにしていく為に重要なダニをしっかりと退治していく為の効果ある対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

ダニ退治に効果あるおすすめの対策方法!

まとめ

ダニに刺された(噛まれた)時の症状や特徴!対処法や治し方について書いていきました。

不意に何のまえぶれもなく赤い斑点が数カ所できていて痒くなってしまう症状が出てしまった時はダニに刺された(噛まれた)時が多いです。

そして痒い症状や赤い斑点などは1週間以上治らないことが多いので注意してください。

ダニはパッと見ではなかなかわからない小さな虫で、刺されたり噛まれたりしても気づきにくく時間が経ってから症状が出始めてくることが多いので注意して

症状がそれほど酷く無い場合は自分で対処して、症状が酷い場合は病院や皮膚科にいって治していってください。

後は、ダニが大量に発生しないようにしっかりと対策をとっていくようにしてください。

ダニに刺されることが多い時に注意してほしい、衣類についているダニをしっかりと退治していく方法については、コチラの記事に書いてあります。

服にいるダニをしっかりと退治する洗濯方法!

ダニに刺された跡がなかなか消えない時の対処法やバレないようにうまく隠していく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

なかなか消えないダニ刺され跡をうまく消す方法!

布団やマットレスの正しい干し方や部屋干しのやり方などについてはコチラの記事に書いてあります。

布団やマットレスをしっかりと干していく方法!

家の中に蜘蛛が出た時の対処法や出ないようにしていく為の対策についてはコチラの記事に書いてあります。

家に蜘蛛が出る原因と出ない対策!

スポンサーリンク