ノミに刺された時の症状は、どんな感じなのか

ノミに刺されてしまった時の正しい対処法ややってはいけない注意することは何か

そして、ノミに刺された時に早く治していく治し方は、どうすればいいのか

急に足が物凄く痒くなってしまって、痒い場所を見てみると何かに刺されてしまったような赤い斑点が多くある場合は、ノミに刺されてしまっているかもしれません

そこで、ノミに刺されてしまった時は、症状の見分け方や正しい対処法

そして、早く治していく為の早い治し方などについて書いていきます。

スポンサーリンク

ノミに刺された時の症状はコレ

急に足に激しい痒みを感じてしまい、足を見ると赤い斑点がいくつもできてしまっている時があります。

うわーなんだよこの気持ち悪い赤い斑点

そして、物凄く痒くて何も手につかない集中できない

このような症状に襲われてしまった時は、ノミに刺されてしまっているのが原因になってしまっていることが多いです。

そこで、ノミに刺された時の症状は

足のふくらはぎやスネを刺されている
物凄い痒みに襲われる
数ミリから1cmくらいの赤い斑点がいくつもできてしまっている
赤い斑点の真ん中に血が見える
痒い症状が1週間以上続いてしまっている
赤い斑点が毎日増えている
水ぶくれができている

などです。

ノミに刺された時の症状としては、まずは足のふくらはぎやスネなどを刺されることです。

ノミは物凄く小さい害虫ですが、飛び跳ねるのが大きな特徴で数cmから大きい時は30cmくらいまでジャンプしていいます。

なので、足のふくらはぎやスネなどを刺されてしまいます。

ノミは刺して血を吸うのですが、その時に唾液が血液中に入ってしまいます。

その唾液がアレルゲンとなってしまい、物凄く痒い症状が出てしまいます。

そして、血を吸うので刺されてできてしまった赤い斑点の真ん中に血が見えています。

ノミは驚くほど繁殖率が高くて数匹がすぐに何十万匹にまで増えてしまいます。

なので、刺される箇所も物凄く多いですし、毎日にように赤い斑点が増えていってしまいます。

痒みが酷い上に、血液中に唾液によるアレルゲンが侵入してしまっていることによって、痒い症状が1週間以上続いてしまいます。

このような症状がある時は、ノミに刺されてしまっていることが多いです。

ダニに刺されてしまった時の症状や特徴そして対処法などについてはコチラの記事に書いてあります。

ダニに刺された時の症状や対処法をチェック!

ノミに刺された時の正しい対処法はコレ

ノミに刺された時の症状などについてはわかってもらえたと思います。

そこで、ノミに刺されてしまった時に一番酷い症状は、何といってもとてつもなく痒いっていうことです。

なので、ずっとかき続けてしまいます。

しかし、ノミに刺されてしまった箇所をずっとかいてしまっていると症状が悪化してしまったり

化膿してしまい刺された後が残ってしまうことがあるので注意しなくてはいけません

そこで、ノミに刺された時の正しい対処法としては

すぐに水で綺麗に刺された箇所を洗う

タオルやハンカチなどに保冷剤などを入れて冷やす

皮膚科や病院にすぐに行って治療してもらう

です。

まずは、早急にノミに刺されてしまった箇所を水で綺麗に洗ってください。

先ほども書きましたが、ノミは刺した時に唾液を血液中に入れます。

この唾液がアレルゲンになってしまい痒みが酷くなってしまいます。

なのでまずは、刺された箇所を水で綺麗に洗い流して唾液を少しでも洗い流すようにします。

それから冷やしてください。

冷やすことによって痒みを和らげていくことができます。

そして、できるだけ早急に、皮膚科や病院にいって治療してもらったり薬をもらったりしてください。

やってはいけない注意すること

ノミに刺されてしまった時の正しい対処法については、わかってもらえたと思います。

そして、ノミに刺されてしまった時にやってはいけない注意するNGなことは

アルコール類は飲まない
お風呂に長時間入らない

ことです。

アルコール類を飲んでしまうと血液の循環が良くなってしまいます。

そうすると痒みの症状も酷くなっていってしまうので、ビールやお酒などのアルコール類は飲まないようにしてください。

お風呂も長時間入浴してしまうと血液の循環が良くなってしまうので、できれば入浴せずにサッとシャワーを浴びて済ますようにしてください。

そして、体を洗う時も痒いからといってゴシゴシ洗ってしまうと刺された箇所が悪化してしまうので注意してください。

スポンサーリンク

ノミに刺され時の早い治し方はコレ

ノミに刺されてしまった時の対処法についてはわかってもらえたと思います。

そして、ノミに刺された時の早く治す治し方は、自分ですぐにできる対処法をしてもらった後は、できるだけ早急に皮膚科や病院にいって治療して治していきます。

痒い時っていうのは、軟膏や市販の虫刺されの薬を塗ったりして治していくことが多いですよね。

しかし、ノミに刺されてしまった場合は、市販の痒み止めの薬などはあまり効かないことが多いです。

なので、皮膚科や病院にいってしっかりと治療して治していくようにしてください。

ノミに刺されたくらいで皮膚科や病院に行くの?

っていう抵抗が少しあるかもしれませんが、早急に皮膚科や病院にいって治していってください。

ノミに刺されない為の対策

ノミに刺されない為の対策は、ノミを繁殖させないことノミを退治していくことが何よりも大事な対策になります。

ノミは、ダニやゴキブリなどの害虫と違い、犬や猫などによって家の中に入ってきます。

そして、畳やカーペットやソファーなどにノミが落ちて、そこで繁殖していってしまいます。

家の中にノミが大量発生してしまう原因については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

家にノミが大量発生してしまう大きな原因!

なので、犬や猫などがノミに感染してしまっているのを予防していかなくてはいけません

そして、畳やカーペットなどにいるノミを退治していくことです。

ノミ退治の方法としては、ガムテープなどで畳やカーペットやソファーなどにいるノミを取り除いていくことがおすすめの予防対策方法になります。

ノミの効果的な退治方法や予防対策などについてはコチラの記事に書いてあります。

ノミ退治におすすめの方法と対策!

まとめ

ノミに刺された時の症状はコレ!正しい対処法と早い治し方!について書いていきました。

ノミに刺された時の症状は

足のふくらはぎやスネなどに多くの赤い斑点ができてしまい、物凄く痒い症状が1週間以上つづいて治らないことです。

そこで、ノミに刺されてしまった時の正しい対処法は

まずは、水で刺された場所を綺麗に洗ってから、痒みの症状を抑える為に冷やしてなるべくかかないようにして、早急に皮膚科や病院などにいって治療して治してください。

かき続けてしまうと刺された箇所が悪化してしまい化膿してしまったりして後が残ってしまう原因になってしまうので注意してください。

ダニとノミの特徴の違いや発生原因の違いや退治方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

ダニとノミのそれぞれの違いを確認する!

蚊に刺された時の痒みを和らげていく為の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

蚊に刺された時にまずやる対処法!

ダニ退治に効果あるおすすめの対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

布団や絨毯のダニを退治する効果的な対策方法!

家の中に蜘蛛が多く出てしまう原因や予防対策の方法などについてはコチラの記事に書いてあります。

家に蜘蛛が多い原因と注意する予防対策!

スポンサーリンク