蚊に刺された時の応急処置は、どうするのがいいのか

蚊に刺されて痒い状態を早く痒みを抑える、跡が残らないようにする為の正しい対処法は、どうすればいいのか

よく、蚊に刺された時は、爪で刺された場所にバッテンをつければいいと言われますが、実はそれは間違った対処法です。

そこで、蚊に刺された時に、まずすぐに行ってほしい応急処置の方法と正しい対処法について書いていきます。

蚊に刺されて痒い症状を早く抑えて後が残らないようにしたいですからね。

スポンサーリンク

蚊に刺された時の応急処置は冷やす

蚊に刺されてしまい、刺された場所が炎症を起こして皮膚が痒くなってしまいます。

そんな蚊に刺されてしまった時に、まず真っ先にやってほしい応急処置は刺された場所を冷やすことです。

蚊に刺されて痒くなってしまう原因は、蚊の唾液が皮膚の中に入ってきてしまい、その唾液によってアレルギー反応が起こって炎症してしまったり、痒い症状が出てきてしまいます。

なので、蚊に刺された場所をすぐに冷やすことによって

炎症を抑えていくことができる
水で洗い流すことによって、蚊の唾液を少しでも洗い流すことができる
痒みを麻痺させていくことができる

などの効果があります。

刺された場所を簡単に冷やす方法

蚊に刺された場所を簡単に冷やしていく為の方法としては

水道で刺された場所に水を当てて洗い流す
濡れタオルを当てておく
保冷剤などをタオルにくるんで当てておく

などです。

近くに水道がなかったり、保冷剤などがない場合などは、少しもったいないですが、冷えたジュースや飲み物などを買って、当てて冷やすようにしてください。

蚊に刺された時の跡が残らないようにする正しい対処法

蚊に刺された時は、まずは応急処置として、すぐに刺された幹部を冷やしていくことが大事っていうことについては、わかってもらえたと思います。

そして、冷やした後に、今度はやってほしい正しい対処法として、絶対にかかないようにすることです。

蚊に刺された時っていうのは、とても痒いです。

なので、ついついずっとかいてしまっていることが多いと思います。

しかし、かいてしまうと蚊に刺された幹部の傷が広がってしまったりして、細菌などが感染しやすくなってしまったり、炎症が酷くなってしまいます。

この細菌感染炎症の悪化などによって、その場所の皮膚が色素沈着してしまい、それが原因となって跡が残ってしまうことがあります。

なので、蚊に刺された場所は絶対にかかないようにしてください。

蚊に刺された時の後が残らないようにする正しい対処法としては

刺された場所を冷やす

痒み止めや炎症を抑える薬を塗る

絆創膏やパッチなどを患部に貼る

です。

まずは、最初に書いたようにしっかりと蚊に刺された場所を冷やします。

そして、その後に、虫刺されなどの薬や痒み止めや炎症を抑える薬などがある場合は、それを塗ってください。

そして、最後に、刺された患部に絆創膏やパッチなどを貼ってください。

絆創膏やパッチなどを貼ることによって、ついつい痒くてかいてしまっても、傷口を直接かいているのではないので、細菌感染や炎症の悪化の予防対策になります。

大人でも蚊に刺されると我慢できずにかいてしまうことが多いので、特に子供場合は、絆創膏やパッチなどを貼るのは、おすすめの対処法です。

このように、しっかりとした対処法をとっていくことによって、1~2時間くらいで蚊に刺されて痒い症状は、段々と治まっていきます。

蚊に刺された跡がなかなか治らない時にすぐ消していく方法や目立たなく隠していく方法などについてはコチラの記事に書いてあります。

蚊に刺された跡を早く消していく目立たなくする方法!

スポンサーリンク

蚊に刺された後にやってはいけない注意すること

蚊に刺された時の正しい対処法については、わかってもらえたと思います。

そこで、蚊に刺された後にやってはいけない注意してほしいこともあります。

それが

蚊に刺された患部に爪でバッテンをつけない
お酒やビールなどアルコール類飲まない
お風呂にゆっくり入らない

などです。

爪でバッテンをつけない

昔からよく、蚊に刺された時は、爪で刺されて腫れている患部に爪でバッテンをつけるといいと言われています。

しかし、患部を爪で押さえて跡をつけることによって、刺された患部の症状を悪化させてしまいます。

かいているのと同じような状態ですね。

なので、絶対に刺された場所を爪で押さえてバッテンなどをつけないようにしてください。

お酒やビールなどアルコール類を飲まない

お酒やビールなどのアルコール類を飲んでしまうと、体温が高くなってしまったり、血液の流れが良くなってしまったりしてしまいます。

そうなってしまうと、炎症が悪化してしまったり、痒みが酷くなってしまいます。

なので、炎症が治まったり、痒みが無くなるまでは、お酒やビールなどのアルコール類は飲まいようにしてください。

お風呂にゆっくり入らない

お風呂にゆっくり入らないっていうのは、これも体温が高くなってしまったり、血液の流れが良くなってしまうからです。

なので、蚊に刺されてまだ腫れていたり、痒みの症状が出ている時は、サッとぬるま湯のシャワーだけで済ませるようにしてください。

蚊に刺されないようにしていく為の方法や予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

蚊に刺されないようにするおすすめのケア対策!

まとめ

蚊に刺された時の応急処置!早く痒みを抑える正しい対処法!について書いていきました。

蚊に刺された時は、まずは早急に刺された患部を水で洗い流して冷やす応急処置をとってください。

そして、その後に、痒み止めや炎症を抑える薬を塗って、絆創膏やパッチなどを貼ってください。

痒いからといって、かいてしまうと症状がドンドン悪化してしまい炎症や痒みが酷くなってしまいます。

更に、色素沈着が起こって跡が残ってしまうので注意してください。

そして、痒みや炎症が酷い場合や治まらない場合は、皮膚科など病院にいって診てもらってください。

家の中に隠れている蚊を見つけ出す方法としっかりと撃退して退治していくやり方については、コチラの記事に書いてあります。

家の中の蚊を見つけ出しやっつけていく方法!

家の中に蚊が多く発生してしまう原因や蚊が出ないようにしていく為の予防対策方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

家に蚊が多くいる原因と予防していく対策!

寝ている時に蚊に刺されないようにしていく為の予防対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

寝ている時に蚊に刺されない為の対処法!

家の中に蜘蛛が多く出てしまう原因と蜘蛛が出ないようにしていく為の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

家の中に蜘蛛が多い原因と出ないようにする対策!

スポンサーリンク