蚊やダニなどの虫刺され跡を早く消す方法は、どうすればいいのか

刺され跡をうまく目立たないように隠すのに、おすすめのアイテムは何があるのか

蚊やダニなどの虫刺され跡っていうのは、結構長い間残ってしまい目立ってしまいますよね。

そんな目立ってしまっている蚊やダニなどに刺された跡を早く消していく方法や

今すぐに目立たないようにうまく隠していくのに、おすすめのアイテムなどについて書いていきます。

蚊やダニなどの虫刺され跡っていうのは、見られたくないですからね。

スポンサーリンク

蚊やダニに刺された跡が残る原因は色素沈着

蚊やダニなどに刺された跡が、いつもでも茶色くなったり、黒ずんだりして残ってしまうことがあります。

その大きな原因は色素沈着が多いです。

色素沈着っていうのは、肌の表面にメラニン色素が多く残ってしまっている状態です。

メラニン色素の塊がずっと肌の表面に付着してしまっていることによって、その部分が茶色くなったり黒ずんだりしてしまっています。

このメラニン色素っていうのは、肌が刺激を感じた時に、その刺激から肌を守ろうとして多く分泌されます。

普通ならば、メラニン色素が肌の表面に付着しても、肌のターンオーバーによって新しい皮膚が作られて、自然に古い皮膚が落ちていきます。

しかし、蚊やダニなど虫に刺されてしまった場所っていうのは、炎症を起こしてしまっています。

この炎症によって、刺された部分の肌が乾燥状態になってしまっていて、肌のターンオーバーがうまくできなくなってしまい

メラニン色素が多く付着してしまっている皮膚が、新しい皮膚に入れ替わることができなくなってしまい虫刺され跡がずっと残ってしまっています。

蚊やダニの刺され跡を早く消す方法

蚊やダニなど虫刺され跡が、いつまでも残ってしまっているのは

肌のターンオーバーがうまく行えずに、色素沈着した古い皮膚が残ってしまっているっていうことについては、わかってもらえたと思います。

そこで、蚊やダニなど虫刺され跡を早く消していくには、色素沈着を起こしてしまっている肌の部分のターンオーバーを正常に戻していくことです。

その為に、大事になってくるのが、刺された部分の肌が乾燥してしまっているのを治していく為にしっかりと保湿をしていってあげることです。

虫刺され跡を消すおすすめの塗り薬はアットノン

蚊やダニなどの虫刺され跡を早く消していくには、刺された部分をしっかりと保湿していくことです。

その為に、おすすめの塗り薬が「アットノン」です。

「アットノン」には、ヘパリン類似物質という成分が含まれていて

保湿
血行促進
抗炎症作用

の3つを行ってくれます。

これによって、肌のターンオーバーを正常にしてくれて、色素沈着してしまっている古い皮膚を新しい皮膚に入れ替えて再生していってくれます。

「アットノン」はマツモトキヨシなどドラッグストアーでも販売されているので、簡単に購入することができます。

スポンサーリンク

蚊やダニの刺され跡を隠すアイテム

蚊やダニなど虫刺され跡をすぐに目立たなく隠すアイテムとしては

コンシーラー
ファンデーション
絆創膏
パッチ

などです。

コンシーラーやファンデーションなどの化粧品を塗ることによって、刺された跡を目立たなくすることができますし

完全に見えなく隠したい場合は、絆創膏やパッチなどを貼ることですね。

虫刺されを綺麗に隠すおすすめはカクシーラー

コンシーラーやファンデーションを塗っても、うまく隠しきれない場合や

絆創膏やパッチなどは、あまり貼りたくない

っていう場合に

おすすめのアイテムは、「カクシーラー」です。

「カクシーラー」は、コンシーラーと同じですが、コンシーラーの4.5倍のカバー成分が含まれています。

なので、虫刺され跡を綺麗に隠していくことができます。

スティックタイプなので、簡単に刺され跡をピンポイントで塗ることができますし

汗や水などでも落ちにくいので、とても便利なアイテムです。

蚊やダニに刺された跡を残さない対策

蚊やダニなど虫に刺されてしまった時に、刺された跡をなるべく残さないようにしていくには症状を悪化させないことです。

その為に重要になってくるのが、刺された後の応急処置としっかりと治していくことです。

蚊に刺された時の応急処置としては、水で流して冷やしながら蚊の唾液を流していくことです。

ダニに刺された時の応急処置としては、冷やして炎症を抑えていくことです。

蚊に刺されてしまった時の対処法や症状を悪化させてしまうやってはいけないことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

蚊に刺された時の応急処置と注意点!

ダニに刺された時の対処法や症状などについては、コチラの記事に書いてあります。

ダニ刺されの症状や応急処置のやり方!

まとめ

蚊やダニの刺され跡を早く消す方法とうまく隠すアイテム!について書いていきました。

蚊やダニなどの虫刺され跡は、長い間残ってしまって目立ってしまうことが多いです。

そんな刺された後が残ってしまう大きな原因は、肌のターンオーバーがうまくできていなくて

メラニン色素が多く溜まってしまっている色素沈着です。

なので、蚊やダニの刺され跡を早く消していくには、肌のターンオーバーを正常に戻していく為に、刺された部分をしっかりと保湿していくようにしてください。

そして、すぐにでも刺された跡を目立たなく隠したい時は、コンシーラーやファンデーションなど化粧品を塗っておくようにします。

綺麗にしっかりと隠したい時は、「カクシーラー」がおすすめです。

蚊に刺されやすい人の特徴や刺されないようにしていく為の予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

蚊に刺されやすい人の刺されない予防対策!

夜寝ている時に、蚊に刺されないようにしていく為の対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

睡眠中に蚊に刺されない為の対処法!

ダニ退治におすすめの方法やダニを多く発生させない為の予防対策方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

ダニをうまく退治する方法と予防対策!

スポンサーリンク