こたつに発生してしまったダニを駆除していくにはどうすればいいのか

こたつのダニの駆除方法やこたつにダニを発生させないために心がけてほしい予防対策などについて書いていきます。

こたつに入っていて、急に肌が痒くなって赤い斑点ができてしまっていたり

くしゃみや鼻水などが急に出始めてしまった時などは、こたつにダニが大量発生してしまっていることが多いで注意してください。

スポンサーリンク

こたつにダニが発生しやすい原因

こたつはダニが物凄く発生しやすい場所なので注意しなくてはいけません

ダニっていうと、暖かくて湿気が多い季節に発生しやすいので、寒い冬の季節などはダニは発生しないと思ってしまいますよね。

しかし、実は冬でもダニは発生してしまうので注意しなくてはいけません

そこで、いったいどうして冬の寒くて空気が乾燥している季節なのに、こたつにダニが発生してしまうのかっていうと

こたつの中は常に20度以上あり暖かい
こたつの中は汗をかくので湿気が高くなる
皮膚の垢や食べ物のカスが多い

などのダニが発生しやすい環境が揃っているからです。

ダニが発生しやすい環境っていうのは

・温度が20~30度
・湿気が60%以上
・人の皮膚の垢やホコリや食べ物などの餌がある

などです。

こたつの中は常に20℃以上あり暖かい場所ですし

こたつに入っていると足や体など汗をかくので、その汗が水蒸気となって湿気が多くなってしまいます。

更にこたつの中っていうのは、あまり換気などをしないので湿気がドンドン溜まってしまいます。

そして、人が入っているので皮膚の垢やこたつに入って物を食べたりした時の食べかすなどが多くあります。

なので、こたつっていうのはダニにとってはとても良い環境なので、発生しやすいので注意しなくてはいけません

こたつのダニを駆除する方法はコレ

こたつはとてもダニが発生しやすい場所っていうのは、わかってもらえたと思います。

そこで、こたつのダニを駆除していくにはどうすればいいのか

こたつのダニを駆除する方法は

こたつ布団を乾燥機にかける

敷いているカーペットを乾燥機にかける

掃除機をこまめにかける

です。

こたつ布団を乾燥機にかける

ダニを駆除する方法は、50℃以上の高温を30分以上与えないとダニを死滅させていくことができません

なので、こたつ布団を乾燥機にかけてください。

家に乾燥機が無い場合は、少しめんどくさいですがコインランドリーの乾燥機を使ってください。

普通にただこたつ布団を乾燥機に入れて乾燥させるだけでもいいのですが

よりしっかりとダニを駆除したい場合は、洗濯機でこたつ布団を洗濯した後に乾燥機に入れてしっかりと乾燥させてください。

カーペットを乾燥機にかける

カーペットを乾燥機にかけるっていうのは、こたつの下に敷いているカーペットも同じように乾燥機にかけてください。

こたつのダニは、こたつ布団だけじゃなくて下に敷いているカーペットなどに多く発生してしまっています。

なので、敷いているカーペットもしっかりと洗濯して乾燥機に入れて乾燥させてください。

掃除機をかける

掃除機をかけるっていうのは、こたつ布団やカーペットを乾燥機で乾燥させてダニを死滅させても

ダニの死骸や糞などが、こたつ布団やカーペットの中に残っていることが多いです。

ダニは死滅させて退治しても、死骸や糞などが残っているとそれが原因でダニアレルギーを起こしてしまうことがあります。

なので、こたつ布団やカーペットをしっかりと掃除機で掃除してダニの死骸や糞などを綺麗に取り除いてください。

これが、こたつのダニを駆除する方法です。

ダニアレルギーの症状や治し方などについては、コチラの記事に書いてあります。

ダニアレルギーの気になる症状と治し方!

スポンサーリンク

こたつにダニを発生させない予防対策はコレ

こたつのダニを駆除する方法については、わかってもらえたと思います。

そして、こたつにダニを発生させない予防対策は

こたつの中の湿気対策をする
こたつで寝ない
こたつ布団やカーペットをこまめに掃除する
ダニ取りシートをこたつに入れておく

などです。

こたつの中の湿気対策をする

こたつにダニを発生させない予防対策で、こたつの中の湿気対策をするっていうのは

こたつの中はどうしても湿気が溜まりやすくなってしまいます。

なので、こたつ布団を定期的に上げて中の空気の入れ替えをしたりして換気してください。

そして、こたつ布団や下に敷いているカーペットなどは、こまめに干したりしてしっかりと乾燥させてください。

こたつ布団やカーペットなどは、汗を吸い込んで湿っぽくなってしまっています。

こたつの中の湿気対策や結露を防ぐコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。

こたつの中の湿気や結露を防ぐ対策方法!

こたつで寝ない

こたつにダニを発生させない予防対策で、こたつで寝ないっていうのは

こたつで寝てしまうとどうしても寝汗を多くかいてしまいこたつ布団など湿っぽくなってしまいます。

なので、こたつでは寝ないようにしてください。

こたつで寝ないようにする方法や眠たくなってきた時の眠気覚まし対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

こたつで寝ないようにする対策方法!

こたつ布団とカーペットをこまめに掃除する

こたつにダニを発生させない予防対策で、こたつ布団やカーペットをこまめに掃除するっていうのは

食べかすやフケやホコリなどをこたつ布団やカーペットにつけないためです。

こたつの中だけを掃除機で掃除しても、こたつ布団にも食べかすやフケやホコリなどが多く付着してしまっています。

なので、毎日しっかりと、こたつ布団とカーペットをこまめに掃除して綺麗にしておいてください。

ダニ取りシートをこたつに入れておく

こたつにダニを発生させない予防対策で、ダニ取りシートをこたつに入れておくっていうのは

ダニ取りシートをただこたつに入れておくだけでいいのでとても簡単で便利な予防対策です。

ダニ取りシートは、ダニをおびき寄せて捕獲してそのまま退治していってくれます。

ただし、ダニ取りシートだけでは完全にダニを駆除できないので、しっかりと上記で書いた予防対策をしていってください。

これが、こたつにダニを発生させない予防対策です。

家の中でダニが発生しやすい場所や原因とそれぞれの退治方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

家の中でダニが発生しやすい場所と退治方法!

まとめ

こたつのダニを駆除する方法と発生させない予防対策はコレ!について書いていきました。

ダニは寒い季節でも、こたつには発生しやすいので注意しなくてはいけません

こたつのダニをしっかりと駆除する方法は、熱を与えて掃除機で死骸を取り除いていくことです。

なので、こたつ布団と敷いているカーペットを洗濯してしっかりと乾燥機にかけてから掃除機をかけてください。

そして、こたつにダニを発生させない予防対策として

・こたつの中の湿気対策をする
・こたつで寝ない
・こたつ布団やカーペットをこまめに掃除する
・ダニ取りシートをこたつに入れておく

などのことをしっかりと心がけてください。

ダニがいるかどうかを簡単に調べる方法については、コチラの記事に書いてあります。

ダニが発生しているか調べる方法!

ダニが服に発生した時の退治するおすすめの洗濯の仕方と服にダニを発生させない予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

服にいるダニの退治方法とつけない対策!

ダニに刺されてしまった時の症状や刺された後にやってほしい正しい対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

ダニに刺されてしまった時の症状と対処の仕方!

スポンサーリンク