車のエアコンが冷えない効かない

車内が全然涼しくならなくて暑いまま

一体どうしてしまったんだろうエアコンが壊れてしまったのかなって暑い車内でどうしていいのかわからずに汗を大量にかいてしまう時があります。

そんな車のエアコンをつけているのに全く冷えない効かない涼しくならない時の原因はいったい何なのか

どうすればすぐに車内が涼しくなるのか

車のエアコンが壊れてしまった時の治す時の修理代はいくらくらいになるのか

車のエアコンが効かない時の原因や対処法などについて書いていきます。

スポンサーリンク

車のエアコンが冷えない効かない原因

夏の暑い時期っていうのは外にいても暑いのに車の中っていうのはそれ以上に暑くなってしまっていてエアコンをつけないと運転することができないです。

そんな車内が暑い時にエアコンをつけたけど全然冷たい風が出てこない車内が涼しくならないエアコンが効かない時があります。

あれ?どうしたのなぜ車内が涼しくならないの?って物凄く困ってしまいます。

そんな車のエアコンが冷えない効かない原因として

A/Cボタンを押していない
車内が暑くなりすぎている
エアコンが壊れてしまっている

この3つのことがあります。

A/Cボタンを押していない

A/Cボタンを押していないっていうのは車のエアコンはただ温度を下げても冷たい風は出てこなくてダッシュボードにあるA/Cボタンを押さないと冷房にはなりません

A/Cボタンを押すことによってコンプレッサーが作動して冷たい風を作り出して出てきます。

車内が暑くなりすぎている

車内が暑くなりすぎているっていうのは夏場などは車内の温度は50℃を超えてしまうことがあります。

そんな暑い車内でエアコンをつけてもエアコンの冷たい風が暑さに負けてしまい車内が涼しくなりません

暑い部屋でクーラーをつけても全然涼しくならないのと同じ状態です。

ただ生ぬるい風が出ているだけになってしまっています。

エアコンが壊れてしまっている

エアコンが壊れてしまっているっていうのは一番厄介な原因です。

壊れてしまっている原因となっている場所としては

クーラーガスの不足
クーラーガスの漏れ
エアコンのコンプレッサーの故障
エアコンフィルターが汚れて詰まっている

などが多いです。

車のエアコンをつけて冷たい風が出てきて車内が涼しくなる仕組みっていうのは

A/Cボタンを押す事によってコンプレッサーが動き出す

コンプレッサーが動くことによってクーラーガスの気体に圧縮をかけて気体を液体化する

その液体が熱によって蒸発する

蒸発によって周りの熱を奪って冷たい冷気を作り出す

吹き出し口から冷たい風が出て来る

っていう流れになっています。

エアコンのコンプレッサーの故障

エアコンのコンプレッサーが故障してしまっているとクーラーガスを液体化して蒸発させていくことが出来なくなってしまうので冷たい風が出てこなくなってしまいます。

クーラーガスの不足

クーラーガスが不足してしまっていて少なくなってしまっていると液体化して蒸発させて熱を奪っていくことが出来なくなってしまい冷たい風を作り出していくことができません

クーラーガスの漏れ

クーラーガスの漏れっていうのはいくらクーラーガスがしっかりとあってもコンプレッサーに届く前にホースなどから漏れてしまっているとクーラーガスの気体をコンプレッサーまで届けることが出来なくなってしまいます。

エアコンフィルターが汚れて詰まっている

エアコンフィルターが汚れて詰まっているっていうのはエアコンフィルターっていうのは空気中に含まれているホコリやゴミなどを取り除いていってくれています。

そのホコリやゴミなどによってエアコンフィルターが詰まってしまっていると空気の通り道が狭くなってしまい冷気を上手く循環させていくことが出来なくなってしまいます。

スポンサーリンク

エアコンの故障の場合の修理代の目安

エアコンの故障によって車内が冷えない冷房が効かない状態になってしまっている場合はすぐに車屋さんなどに見てもらって修理しないといつまで経っても冷たい風は出てきません

そこでそれぞれの部品や修理代などの費用の目安としては

・クーラーガスの補充⇒だいたい3,000~5,000円
・クーラーガスの漏れの場合⇒だいたい30,000円~50,000円
・コンプレッサーの場合⇒50,000円以上
・エアコンフィルターの場合⇒だいたい3,000円~5,000円

くらいの料金がかかってきます。

クーラーガスの補充やエアコンフィルターの交換などは比較的安い金額で直していくことができます。

コンプレッサーやクーラーガスの漏れの修理などの場合は金額がどうしても高くなってしまいます。

しかし故障してしまっている場所を治さない限りは冷たい風は出てこなくて車はずっと暑いままなので早めに修理して直していってください。

車内をすぐに冷やす方法

エアコンの故障や修理代などについてはわかってもらえたと思います。

しかしエアコンが壊れているわけではないのに車内がなかなか冷えないエアコンの効きが悪い時は車内の温度が高くなりすぎて暑くなってしまっています。

特に車を放置していた時などは車内の温度はかなり暑くなってしまっています。

そんな時に車内をすぐに冷やすおすすめの方法として

車に乗ってエンジンをかけてエアコンをつける

外気ボタンを押す

車の窓を全て全開にして開ける

トランクも開ける

車から降りて運転席のドアを5~6回開閉する

トランクを閉めて窓は全開のまましばらく走る

少し車内が暑くなくなってきたら内気ボタンを押す

窓を全て閉める

です。

車内が暑くなりすぎてしまっているといくらエアコンをつけても冷たい風は出てこなくて涼しくなりません

そこでまずは車内にこもってしまっている熱を上手く取り除いていかなくてはいけません

なのでエンジンをかけてエアコンをつけて車を止めた状態で全ての窓とトランクを開けて一旦外に出てください。

全ての窓とトランクを開けることによって熱を逃がしていくことが出来るのですがここでポイントになってくるのが運転席のドアの開閉です。

運転席のドアを開閉することによって効率よく空気を循環させていくことができます。

そしてトランクだけ閉めてそのまま窓を全開にして走ってもらい少し車内が暑く無くなってきたなって感じたら外気ボタンから内気ボタンに切り替えて窓を閉めてください。

最初から内気ボタンを入れてしまうと暑い空気がそのまま循環されてしまうのでなかなか車内が冷えにくくなってしまいます。

なので最初は外気ボタンにして車内が少し冷えてきた時に内気ボタンに切り替えるようにしてください。

おすすめの予防対策

夏場などはどうしても車内は暑くなってしまいます。

それを少しでも予防していく対策を日ごろからとっていくことが大事になってくるのでおすすめの予防対策として

サンシェード(日よけ)を置いておく
ダッシュボードに濡れタオルなどをおく
車内をこまめに掃除する
たまにエアコンをつけて状態をチェックする

などです。

サンシェード(日よけ)を置いておく

サンシェード(日よけ)を置いておくっていうのは車を運転しない時は車のガラスにサンシェード(日よけ)を必ず置いておくようにしてください。

ただでさえ日光が強いのにガラスによってより車内が暑くなってしまうので日光をしっかりと遮るようにしてください。

色々なサンシェード(日よけ)の種類がありますがおすすめは銀色です。

日光を反射させてくれる効果があります。

ダッシュボードに濡れタオルなどを置く

ダッシュボードに濡れタオルなどを置くっていうのは濡れタオルを置く事によって水分が蒸発した時に熱を奪っていってくれます。

暑い時に玄関前などに水をまく掛水と同じような効果です。

車内をこまめに掃除する

車内をこまめに掃除するっていうのはエアコンフィルターの詰りを少なくしていくっていうことです。

車内が汚れているとどうしてもホコリなどが多く溜まりやすくなってしまいエアコンフィルターにホコリが着きやすくなってしまいます。

なのでできるだけ車内をいつも綺麗な状態にしておく為にこまめに掃除をするようにしてください。

こまめに掃除することによって車の臭い嫌な臭いも予防していくことができます。

車内の臭い対策にもおすすめの掃除のやり方などについてはコチラの記事に書いてあります。

車内の臭いを消すおすすめの掃除方法!

エアコンをつけて状態をチェックする

エアコンをつけて状態をチェックするっていうのはエアコンっていうのは暑くなった時につけることが多いですがそれではエアコンが故障してしまっていたりするとすぐに使っていくことが出来なくなってしまいます。

なので普段からたまにエアコンをつけてちゃんと冷たい風が出て来るかエアコンが壊れていないかチェックしていくようにしてください。

エアコンをつけた時に臭い臭いをする時の原因や臭いを即効で消していく対処法などについてはコチラの記事に書いてあります。

エアコンが臭い原因と対策方法!

部屋のエアコンの効きが悪くなってしまう原因やすぐに部屋を涼しくしていく為のおすすめの対処法についてはコチラの記事に書いてあります。

部屋のエアコンが効かない時の対策方法!

まとめ

車のエアコンが冷えない効かない原因とすぐに冷やす方法と対策について書いていきました。

車のエアコンが冷えない効かない原因として

A/Cボタンを押していない
車内が暑くなりすぎている
エアコンが壊れている

などです。

すぐに対処していくことができる原因はいいのですがエアコンの故障などは修理しないといけないので早急に車屋さんに持っていって診てもらい部品を交換していってください。

そして普段から車内が暑くならないようにしたりエアコンの効きが悪くならないように掃除したりチェックしたりなどしっかりと予防対策をとっていくようにしてください。

車が臭い臭いが取れない時の原因になってしまっている物についてはコチラの記事に書いてあります。

車内が臭ってしまう7つの原因!

車内がカビ臭い時のおすすめのカビ取りの簡単な対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

車内のカビを簡単に除去していく方法!

スポンサーリンク