風呂の鏡の汚れが取れなくて見えにくい

白いウロコ状のものがこびりついて取れない

髪の毛や体を洗っている時にいつも気になってしまうのが白く汚れてしまっていて見えにくくなってしまっている風呂場の鏡です。

水やシャワーで鏡を洗って綺麗にしても乾くとすぐにまた現れてしまう風呂の鏡の汚れの原因になってしまっているのは水垢や石鹸カスなどがこびりついて白く鏡全体にウロコ状になってしまっているからです。

そんな風呂の鏡の水垢や汚れを綺麗にとっていく簡単な掃除方法について書いていきます。

スポンサーリンク

風呂の鏡が汚れて見えにくくなる2つの原因

毎回お風呂に入った時に困ってしまうのが風呂の鏡が白く汚れてしまっていて見えにくくなってしまっていることです。

そんな風呂の鏡にこびりついてしまっている白いウロコ状の物はいったい何なのか原因になってしまっているものは

水垢
石鹸カスやシャンプー後の泡

です。

水垢っていうのは水道水に含まれている金属イオンなどが水垢の原因になっています。

石鹸カスやシャンプー後の泡っていうのは体や髪の毛を洗った時に出る垢や皮脂などが原因になっています。

この2つの物が混ざってしまいそれが風呂の鏡にこびりついてしまって白いウロコ状の汚れが発生してしまいます。

鏡だけじゃなくて蛇口などにもこびりついてしまっていることが多いです。

風呂の鏡の水垢や石鹸カスを落とす掃除方法

風呂の鏡にこびついてしまっていて洗い流してもすぐにまた鏡を見えにくくしてしまう白いウロコ状の原因についてはわかってもらえたと思います。

そこでそんな風呂の鏡にこびりついてしまって顔や体を見えずらくしてしまっている水垢や石鹸カスなどをとって消していこうとしてもなかなか上手く取り除いていくことができません

その大きな原因になってしまっているのが

水垢の汚れアルカリ性の汚れで取り除いていくには酸性の洗剤が必要

石鹸カスなどの汚れ酸性の汚れで取り除いていくにはアルカリ性の洗剤が必要

このように2つのタイプの種類の洗剤を使って洗い落としていかなくてはいけません

しかしこの2種類の洗剤は混ざってしまうと体にとって悪いガスなどを発生させてしまいます。

そこでおすすめの風呂の鏡の汚れを取っていく掃除方法として

クエン酸を使って掃除をする
重曹を使って掃除をする

という2回の掃除方法です。

クエン酸を使って水垢を落とす掃除方法

まずはクエン酸を使った水垢取りの掃除方法です。

準備してもらう物は

クエン酸もしくは酢
40℃くらいのお湯
キッチンペーパー
サランラップ
タオル
霧吹き

です。

まずは最初にクエン酸水を作って霧吹きに入れていきます。

クエン酸水の作り方の割合は40℃くらいのお湯100mlにクエン酸をスプーン1杯分くらい入れてよくかき混ぜてから霧吹きなどの入れ物に入れます。

クエン酸が無い場合は変わりに酢を使ってもいいです。

そして水でもいいのですがより汚れを落としていくにはお湯を使った方が効果的です。

クエン酸水を作って後は

鏡を綺麗に水拭きと乾拭きをする

クエン酸水を鏡に吹きかけていく

濡れた状態の鏡にキッチンペーパーを覆っていく

キッチンペーパーの上から更にクエン酸水を吹きかける

キッチンペーパーの上にサランラップをくっつける

約1時間くらい放置する

サランラップとキッチンペーパーをとってタオルなどで拭く

鏡にお湯か水をかけてクエン酸水を洗い流す

濡れタオルで鏡を拭いていく

乾いたタオルで綺麗に拭いていく

です。

まずは鏡の表面の汚れを簡単に落としていく為に濡れタオルと乾いているタオルで拭いていき鏡の表面にくっついているホコリや汚れなどをふき取っていき乾いたタオルで最後に拭いて鏡の表面についている水分をとっていきます。

綺麗に乾いている状態の鏡にクエン酸水をまんべんなく全体にふきかけていき

その上にキッチンペーパーをひいて更にまたクエン酸水をたっぷりとかけていきます。

それからサランラップをのせて密封空間を作ります。

密封空間を作ることによって水垢をしっかりと取り除いていくことができます。

だいたい1時間くらいそのままの状態で放置していきますが汚れが酷い場合は数時間や半日など放置しておいてください。

それからキッチンペーパーとサランラップを外していき乾いたタオルで拭いていきます。

鏡全体をしっかりと拭いた後はお湯やシャワーなどで一度洗い流していきます。

この時も水を使うよりお湯を使っていくとより綺麗に洗い流していくことができます。

そしてまた濡れタオルで鏡全体を綺麗に拭いていき最後に乾いたタオルでまた鏡全体をしっかりと拭いていってください。

重曹を使った石鹸カスやシャワー後の汚れを落とす掃除方法

クエン酸を使って水垢を取っていたら次は重曹を使って石鹸カスやシャワー後の汚れを落としていきます。

準備してもらう物はクエン酸を使った時と同じようにキッチンペーパーやサランラップやタオルなどでクエン酸の代わりに重曹です。

まずは重曹水を作って新しい霧吹きなどに入れます。

重曹水の作り方の割合はお湯もしくは水100mlにスプーン1杯分の重曹を入れてかき混ぜます。

その後の重曹を使った掃除方法はクエン酸の時と同じで

重曹水を鏡に拭きかけてキッチンペーパーとサランラップをかぶせて約1時間くらい放置して洗い流して拭き取っていきます。

この2回の掃除で風呂の鏡の水垢や石鹸カスの白い汚れを綺麗に取り除いて消していくことが出来ます。

洗う順番はどちらからでもいいです。

スポンサーリンク

時間が無い時の簡単な鏡の汚れ取り対処法

風呂の鏡にこびりついている水垢や石鹸カスをとっていく掃除のやり方についてはわかってもらえたと思います。

そして今すぐにでも鏡を綺麗にしたい汚れをとっていきたい時の対処法として

新聞紙を使う
歯磨き粉を使う

とても簡単な方法があります。

新聞紙を使って鏡を綺麗にするやり方

新聞紙を使って鏡を綺麗にするやり方は新聞紙を丸めて水に濡らして拭いていきます。

そして今度は乾いた新聞紙で拭いていくだけです。

気をつけてほしいことはインクが鏡以外の場所についてしまうことがあるので注意してほしいのと鏡を少し傷つけてしまうこともあるので注意してください。

歯磨き粉を使った鏡を綺麗にするやり方

歯磨き粉を使った鏡を綺麗にするやり方はタオルに歯磨き粉をつけてもらいその状態で鏡を拭いていきます。

汚れが落ちた後は濡れタオルで拭いてもらった後に乾いたタオルで拭いていってください。

歯磨き粉を使う場合も歯磨き粉に含まれている研磨剤で鏡を傷つけてしまうことがあるので注意してください。

鏡に水垢や石鹸カスが残らないようにする予防対策

風呂の鏡っていうのはどうしても汚れやすいです。

そこで風呂の鏡に水垢や石鹸カスなどが残らないようにしていく簡単な予防対策として

使った後にお湯を鏡にかける

鏡についている水を綺麗に拭き取る

しっかりと風呂場を換気していく

です。

この時に水を綺麗に取り除いていってくれるスクイジーなどの水取りワイパーがあると便利でしっかりと水をとっていってくれます。

風呂の鏡っていうのは最後にシャワーなどをサッとかけて汚れを洗い流すだけっていうことが多いと思います。

しかし洗い流すだけでは水垢や石鹸カスなどを取り除いていくことが出来ないですし鏡に残っている水がまた水垢の原因になってしまうので綺麗に拭き取っていくようにしてください。

風呂場のカビ取りのおすすめの掃除方法についてはコチラの記事に書いてあります。

風呂のカビを綺麗に取り除く掃除方法!

まとめ

風呂の鏡が水垢や石鹸カスやシャンプー後の泡によって白くウロコ状の汚れがついてしまい鏡が見えにくくなってしまっているのを綺麗に取り除いていく掃除方法について書いていきました。

見たい時に白くなってしまっていて上手く見れない風呂の鏡

綺麗に汚れをとっていくには2回掃除をしていってください。

そして時間が無い時や今すぐキレイにしたい時は新聞紙や歯磨き粉で綺麗にしていくことができますが鏡を傷つけてしまうこともあるので注意して優しく拭いていくようにしてください。

シャワーのお湯の出が弱い時に、水圧を強くしてお湯の出を良くする方法については、コチラの記事に書いてあります。

シャワーのお湯の勢いを良くする方法!

洗濯しても服の臭いが取れない時の臭いを上手く取っていくおすすめの洗濯方法についてはコチラの記事に書いてあります。

洗濯しても服が臭いのを解消する洗濯方法!

スポンサーリンク