髪や頭皮が臭い大きな原因は頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまい皮脂が酸化(サビ)したりカビ菌などが大量に発生してしまっていることです。

そこでそんな頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまう原因の一つに髪や頭皮の洗い方があります。

いったいどんな洗い方がいけないのか

頭皮の皮脂の分泌量を抑えていきながらしっかりと髪や頭皮を綺麗に洗っていく正しい洗い方やおすすめのシャンプーについて書いていきます。

毎日洗う髪だからこそしっかりと丁寧に綺麗に洗っていきたいですからね。

スポンサーリンク

髪の臭いを消し予防する洗い方

髪がすぐに臭くなってしまう大きな原因に頭皮の皮脂が過剰分泌してしまい頭皮が臭くなってその臭いが髪にもついてしまって髪が臭くなってしまいます。

そんな頭皮の皮脂が過剰分泌してしまう原因に髪や頭皮の洗い方が悪いことがあります。

まず一番最初に注意してほしいことは一日に何回も髪を洗ってしまうことなので髪の毛を綺麗に洗っていくのは一日の終わり夜に一回しっかりと洗っていくようにしてください。

そして髪や頭皮の正しい洗い方とはいったいどんな洗い方なのかというと

お風呂に入る前に髪をブラッシングする

39℃前後のぬるま湯でしっかりと髪や頭皮を綺麗にすすぐ

シャンプーを手につけてしっかり泡立たせる

頭皮をしっかりと優しく洗っていく

髪全体を綺麗に洗っていく

39℃前後のぬるま湯でしっかりとシャンプーを洗い流していく

これが髪や頭皮の正しい洗い方です。

髪をブラッシングする

髪をブラッシングするっていうのは多くの人が髪の毛を洗う時っていうのはお風呂に入ってシャワーで髪を濡らしてから洗うことが多いです。

確かにこれでもいいのですが実はお風呂に入る前に洗面所で髪をしっかりとブラッシングすることによって髪や頭皮についているホコリや汚れなどを少し浮かせてくれて髪の毛をすすいだ時に落ちやすくしてくれます。

ブラッシングのやり方としては前から後ろに髪の毛をオールバックにする感じでブラッシングしていってください。

39℃前後のぬるま湯で髪や頭皮をしっかりとすすぐ

39℃前後のぬるま湯で髪や頭皮をしっかりとすすぐっていうのは汚れを落としていくには水よりもお湯の方がよく落ちます。

そして40℃以上の熱いお湯で洗ってしまうと頭皮が火傷してしまうことがあるので体温よりも少し高い39℃前後のシャワーでしっかりと髪や頭皮を綺麗にすすいでいってください。

最初にブラッシングしていることによってホコリや汚れが落ちやすい状態になっているのでこの最初のすすぎによって多くの汚れを洗い流していくことができます。

シャンプーを手につけてしっかりと泡立たせる

シャンプーを手につけて泡立たせるっていうのは多くの人はシャンプーを手につけてすぐに髪につけてからゴシゴシと洗うことによって泡出せていっています。

しかしシャンプーを泡立たせない状態でそのまま髪や頭皮につけてしまうと毛穴などにシャンプーの液が入ってしまい上手く洗い流せなくなってしまうことがあります。

そして髪や頭皮の汚れを落としていってくれているのはシャンプーの泡が汚れをしっかりと包み込んで落としてくれていっているので最初に手でしっかりと泡立たせてから髪や頭皮につけていくようにしてください。

後は泡立っていない状態で髪を洗ってしまうと髪同士が摩擦されてしまいキューティクルなどが剥がれやすくなってしまうので注意してください。

頭皮をしっかりと優しく洗う

頭皮をしっかりと優しく洗うっていうのはまずは洗う時は指先ではなくて指の腹で頭皮を傷つけないようにして洗っていってください。

そして頭皮の洗い方としては髪の生え際から頭頂部を洗っていくように下から上に洗っていきます。

そして洗い残しがないように両手で左右を洗って前を洗って後ろを洗うように頭皮を3分割や4分割してブロックごとに洗っていくようにしてください。

ブロックをこまかくすればするほどしっかりと頭皮全体を洗い残しが無く洗っていくことができます。

そして頭皮をしっかりと洗った後に毛先など髪全体をしっかりと洗っていくようにしてください。

最後にまた39℃前後のぬるま湯でしっかりとシャンプーを洗い流していって髪や頭皮をすすいでいってください。

スポンサーリンク

髪の臭いを消す乾かし方

髪や頭皮の正しい洗い方についてはわかってもらえたと思います。

そして乾かし方なのですがこれもタオルなどでいきなりゴシゴシ拭いてしまうと髪や頭皮を傷つけてしまうので必ずタオルドライで水分をしっかりとってからドライヤーを使って乾かしていってください。

髪や頭皮に優しい正しい乾かし方は

タオルを頭にのせて優しく頭皮を揉む

髪をタオルに挟んで軽く叩いていく

ドライヤーを使って乾かす

です。

タオルを頭にのせて優しく頭皮を揉む

タオルを頭にのせて優しく頭皮を揉むっていうのはまずは頭皮の水分をしっかりとタオルに吸収させていきます。

この時にゴシゴシと頭皮をかくような感じで水分をとっていくのではなくてまた指の腹で頭皮を揉むような感じで頭皮マッサージをするような感じで優しく水分をとるように揉んでいってください。

髪をタオルに挟んで軽く叩いていく

髪をタオルに挟んで軽く叩いていくっていうのは頭皮の水分をある程度取った後に今度は毛先など髪全体をタオルドライで水分をとっていきます。

この時に髪を挟んだタオルをゴシゴシしてしまうとまた髪の髪同士が擦れてしまいキューティクルなどが剥がれて髪を傷めてしまうので軽くタオルを両手で叩くようにして水分をとっていってください。

タオルドライで完全に髪を乾かしていくことはないのでだいたいの水分が取れたら後はドライヤーを使って髪を乾かしていきます。

タオルドライで髪を優しくそして傷めずに水分をうまく吸収していく正しいやり方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

タオルドライで髪の水分を早く吸収するやり方!

ドライヤーの正しい使い方

最後はしっかりと髪を乾かしていくのにドライヤーを使っていきます。

ドライヤーで最終的に髪を乾かしていくのですがドライヤーの熱によって髪を傷つけてしまったり頭皮の水分を取り過ぎてしまったりしてしまうことがあるので注意してください。

そこで正しいドライヤーの使い方としては

髪からだいたい20cm離した場所からドライヤーで乾かしていってください。

そして完全に髪が乾くまで使わずに8割り程度髪の毛が乾けば後は余熱でしっかりと髪が乾いていってくれます。

髪の毛を自然乾燥でドライヤーを使わずに乾かしていくっていう人もいると思いますが髪や頭皮が濡れている状態が長くなってしまうとホコリや汚れなどが付着しやすくなってしまうので出来るだけ早く乾かしていくようにしてください。

髪を早くそして綺麗な状態にして乾かしていく正しいドライヤーの使い方ややり方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪を綺麗に素早く乾かしていくドライヤーの当て方!

髪の臭いを防ぐおすすめのシャンプーの種類

髪や頭皮の正しい洗い方や髪の乾かし方などについてはわかってもらえたと思います。

そして今使っているシャンプーも一度見直してみてください。

髪や頭皮を洗い過ぎることによって頭皮の皮脂も一緒に洗い流していくので洗う度に少なくなってしまいそれを補う為に皮脂は多く分泌されてしまいます。

なので洗うのは夜に一回だけ洗っていってほしいのですが実は使っているシャンプーの種類によっても頭皮の皮脂の分泌量を増やしてしまうことがあります。

それは洗浄力の強いシャンプーを使っている時です。

シャンプーには3つの種類があって

石鹸シャンプー
高級アルコールシャンプー
アミノ酸シャンプー

です。

この3つのシャンプーの種類の大きな違いは何かというと使われている界面活性剤の種類の違いでこの界面活性剤の違いによって洗浄力が大きく違ってきます。

界面活性剤っていうのはシャンプーっていうのは水と油を合わせた物なのですが水と油っていうのは本来混ざり合わない物なのですが界面活性剤を使うことによって上手く混ざり合ってくれます。

そこでそれぞれのシャンプーの洗浄力の強さを比べていくと

一番洗浄力が強いのが石鹸シャンプー

その次に洗浄力が強いのが高級アルコールシャンプー

一番洗浄力が弱いのがアミノ酸シャンプーです。

石鹸シャンプーは体を洗う石鹸と同じなので一番洗浄力が強いです。

高級アルコールシャンプーはよくCMとかで見かけることがあるシャンプーです。

この2つのシャンプーがダメっていうわけではないのですが頭皮の皮脂の分泌量を抑えて頭皮に一番優しいおすすめのシャンプーはアミノ酸シャンプーです。

なので髪や頭皮が臭いと悩んでいる時は洗浄料が一番弱くて頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを使って洗っていくようにしてください。

髪が臭い原因となる頭皮の皮脂の分泌量

髪が臭くなってしまう原因は

髪自体に臭い臭いの粒子がくっついている
頭皮の皮脂の過剰分泌によって

この2つのことがとても大きな原因になっています。

臭い臭いの粒子が髪にくっついてしまうのは臭いの粒子が多い場所にいかないようにしていけば髪が臭くなるのを防いでいくことが出来ます。

しかし頭皮の皮脂の過剰分泌による髪の臭さは頭皮の皮脂の分泌量を抑えていくケア対策が必要になってきます。

頭皮の皮脂は紫外線などから頭皮を守っていったり水分が蒸発しないように守っていくなど頭皮を保護していく大切な役割があるので頭皮にとってはなくてはならないものですが多く分泌してしまうと酸化やカビ菌が多くなって髪が臭くなってしまいます。

そして髪が臭くなってしまうだけじゃなくてそれが頭皮の炎症トラブルを招いてしまって抜け毛や薄毛などの原因にもなってしまうので注意してください。

髪や頭皮の洗い過ぎや洗い方そしてシャンプーの種類によって多く分泌されてしまうのを防いでいくことができますがそれ以外にも食べ物や睡眠によっても抑えていくことが出来るので生活習慣の改善も大切になってきます。

頭皮の皮脂の過剰分泌を抑えていく為に心がけてほしい生活習慣の見直しや予防対策などについてはコチラの記事に書いてあります。

頭皮の皮脂の過剰分泌を防ぐケア対策!

髪が臭くなってしまう原因や臭い臭いをすぐに消していく対処法や予防対策の方法についてはコチラの記事に書いてあります。

髪が臭くなる原因と予防対策!

まとめ

髪や頭皮が臭いのを消し予防する洗い方やおすすめのシャンプーの種類について書いていきました。

髪は夜に1回だけ洗う
髪を洗う前にブラッシング
ぬるま湯のシャワーで髪や頭皮をしっかりすすぎする
アミノ酸シャンプーを使う
シャンプーを泡立ててからつける
頭皮を傷つけず丁寧にしっかりと洗う
シャンプーをしっかりと洗い流していく
タオルドライをしてからドライヤーで乾かす

これがおすすめの正しい洗い方と乾かし方です。

洗い残しがないようにしっかりと洗っていき頭皮の皮脂の分泌量が多くならないようにして髪や頭皮が臭くならないようにしていってください。

髪を洗った後にすぐに乾かさずに自然乾燥していると髪の状態がドンドン悪くなってしまうことについては、コチラの記事に書いてあります。

髪の自然乾燥は実は髪にとって良くない!

髪が絡まってしまった時の安全ですぐにほどいていく方法や絡まない為に心がけてほしいケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪の絡まりをすぐほどく方法と対処法!

髪にガムがこびついてしまっているのをうまく取っていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

髪についたガムを綺麗にとっていく方法!

スポンサーリンク