髪を臭くさせない為には、髪の洗い方や乾かし方がとても重要になってきます。

髪が臭い大きな原因は、頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまい皮脂が酸化(サビ)したりカビ菌などが大量に発生してしまっていることです。

なので、髪や頭皮を綺麗に洗って皮脂をしっかりと洗い流していかなくてはいけないですし

髪も洗った後は、素早く乾かしていかなくてはいけません

そこで、髪を臭くさせない正しい髪の洗い方や乾かし方

そして、髪や頭皮に優しくて頭皮の皮脂の分泌を抑えていく予防にも効くおすすめのシャンプーなどについて書いていきます。

毎日洗う髪だからこそしっかりと丁寧に綺麗に洗って乾かしていきたいですからね。

スポンサーリンク

髪を臭くさせない洗い方はコレ

髪を臭くさせない洗い方で、まず一番最初に注意してほしいことは髪を洗う回数とタイミングです。

髪を洗う回数は、1日に1回だけ

そして、髪を洗うタイミングは、夜寝る前です。

髪を洗う回数が多いと、それだけ皮脂も一緒に洗い流されてしまい少なくなった皮脂を補う為に皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

なので、髪を洗う回数はできるだけ1日に1回だけにしてください。

そして、夜に髪を洗って髪や頭皮を綺麗にすることで、睡眠中に髪や頭皮のダメージを上手く回復していってくれるので、夜寝る前に髪を綺麗に洗うようにしてください。

そして、髪を臭くさせない正しい洗い方は

お風呂に入る前に髪をブラッシングする

39℃前後のぬるま湯でしっかりと髪や頭皮を綺麗にすすぐ

シャンプーを手の平でしっかり泡立たせる

頭皮をしっかりと優しく洗っていく

髪全体を綺麗に洗っていく

39℃前後のぬるま湯でしっかりとシャンプーを洗い流していく

これが髪や頭皮の正しい洗い方です。

髪をブラッシングする

髪をブラッシングするっていうのは、多くの人が髪の毛を洗う時っていうのはお風呂に入ってシャワーで髪を濡らしてから洗うことが多いです。

確かにこれでもいいのですが、実はお風呂に入る前に洗面所で髪をしっかりとブラッシングすることによって

髪や頭皮についているホコリや汚れなどを少し浮かせてくれて、髪の毛をすすいだ時に落ちやすくしてくれます

なので、お風呂に入る前に一度髪をブラッシングしてください。

ブラッシングのやり方としては、前から後ろに髪の毛をオールバックにする感じでブラッシングしていってください。

39℃前後のぬるま湯で髪や頭皮をしっかりとすすぐ

39℃前後のぬるま湯で髪や頭皮をしっかりとすすぐっていうのは、汚れを落としていくには水よりもお湯の方がよく落ちます。

しかし、40℃以上の熱いお湯で洗ってしまうと頭皮が火傷してしまうことがあります。

なので、体温よりも少し高い39℃前後のシャワーでしっかりと髪や頭皮を綺麗にすすいでいってください。

最初にブラッシングしていることによって、ホコリや汚れが落ちやすい状態になっているのでこの最初のすすぎによって多くの汚れを洗い流していくことができます。

シャンプーを手の平でしっかりと泡立たせる

シャンプーを手の平でしっかりと泡立たせるっていうのは、多くの人はシャンプーを手につけてすぐに髪につけてからゴシゴシと洗うことによって泡出せていっています。

しかし、シャンプーを泡立たせない状態で、そのまま髪や頭皮につけてしまうと

毛穴などにシャンプーの液が入ってしまい上手く洗い流せなくなってしまうことがあります。

そして、髪や頭皮の汚れを落としていってくれているのは、シャンプーの泡が汚れをしっかりと包み込んで落としてくれていっているからです。

なので、最初に手の平でしっかりと泡立たせてから髪や頭皮につけていくようにしてください。

後は、泡立っていない状態で髪を洗ってしまうと髪同士が摩擦されてしまいキューティクルなどが剥がれやすくなってしまうので注意してください。

シャンプーの泡立ちが悪い時に注意する原因と泡立ちを良くする方法については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

シャンプーの泡立ちが悪い原因と良くする方法!

頭皮をしっかりと優しく洗うやり方

頭皮をしっかりと優しく洗うっていうのは、まずは洗う時は指先ではなくて指の腹で頭皮を傷つけないようにして洗っていってください。

そして、頭皮の洗い方としては髪の生え際から頭頂部を洗っていくように下から上に洗っていきます。

更に、洗い残しがないように両手で左右を洗って前を洗って後ろを洗うように

頭皮を3分割や4分割してブロックごとに洗っていくようにしてください。

ブロックをこまかくすればするほどしっかりと頭皮全体を洗い残しが無く洗っていくことができます。

そして、頭皮をしっかりと洗った後に毛先など髪全体をしっかりと洗っていくようにしてください。

最後にまた39℃前後のぬるま湯でしっかりとシャンプーを洗い流していって髪や頭皮をすすいでいってください。

これが髪を臭くさせない正しい洗い方です。

スポンサーリンク

髪を臭くさせない乾かし方はコレ

髪を臭くさせない正しい洗い方については、わかってもらえたと思います。

そして、髪を洗った後はできるだけ早く髪を乾かしていきます。

髪が濡れていたり湿っている状態が長いと、それだけ髪や頭皮に汚れが付着しやすくなってしまいます。

そこで、髪を臭くさせない正しい乾かし方は

タオルを頭にのせて優しく頭皮を揉む

髪をタオルに挟んで軽く叩いていく

ドライヤーを使って乾かす

です。

タオルを頭にのせて優しく頭皮を揉む

タオルを頭にのせて優しく頭皮を揉むっていうのは、まずは頭皮の水分をしっかりとタオルに吸収させていきます。

この時に、ゴシゴシと頭皮をかくような感じで水分をとっていくのではなくて

また指の腹で頭皮を揉むような感じで頭皮マッサージをするような感じで優しく水分をとるように揉んでいってください。

髪をタオルに挟んで軽く叩いていく

髪をタオルに挟んで軽く叩いていくっていうのは、頭皮の水分をある程度取った後に今度は毛先など髪全体をタオルドライで水分をとっていきます。

この時に、髪を挟んだタオルをゴシゴシしてしまうとまた髪の髪同士が擦れてしまいキューティクルなどが剥がれて髪を傷めてしまいます。

なので、軽くタオルを両手で叩くようにして水分をとっていってください。

タオルドライで完全に髪を乾かしていくことはないので、だいたいの水分が取れたら後はドライヤーを使って髪を乾かしていきます。

タオルドライで髪を優しくそして傷めずに水分をうまく吸収していく正しいやり方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

タオルドライで髪の水分を早く吸収するやり方!

ドライヤーの正しい使い方

最後は、しっかりと髪を乾かしていくのにドライヤーを使っていきます。

ドライヤーで最終的に髪を乾かしていくのですが、ドライヤーの熱によって髪を傷つけてしまったり

頭皮の水分を取り過ぎてしまったりしてしまうことがあるので注意してください。

そこで、正しいドライヤーの使い方としては

髪からだいたい20cm離した場所からドライヤーで乾かしていってください。

そして、完全に髪が乾くまでドライヤーの温風を使わずに、8割り程度髪の毛が乾けば後は冷風を当てて髪を乾かしていきます。

髪の毛を自然乾燥でドライヤーを使わずに乾かしていくっていう人もいると思います。

しかし、先ほども書いたように髪が濡れている状態が長くなってしまうので、自然乾燥はしないでしっかりとドライヤーを使って髪を乾かしてください。

これが、髪を臭くさせない正しい髪の乾かし方です。

髪を早くそして綺麗な状態にして乾かしていく正しいドライヤーの使い方ややり方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪を綺麗に素早く乾かしていくドライヤーの当て方!

髪を臭くさせない予防に効くシャンプー

髪を臭くさせない正しい洗い方や乾かし方などについてはわかってもらえたと思います。

そして、今使っているシャンプーも一度見直してみてください。

洗浄力が強いシャンプーを使っていると、逆に頭皮の皮脂の分泌量は多くなっていってしまいます。

シャンプーには3つの種類があって

石鹸シャンプー
高級アルコールシャンプー
アミノ酸シャンプー

です。

この3つのシャンプーの種類の大きな違いは、使われている界面活性剤の種類の違いです。

この界面活性剤の違いによって洗浄力が大きく違ってきます。

界面活性剤っていうのは、シャンプーっていうのは水と油を合わせた物なのです。

その水と油っていうのは、本来混ざり合わない物なのですが界面活性剤を使うことによって上手く混ざり合ってくれます。

そこでそれぞれのシャンプーの洗浄力の強さを比べていくと

一番洗浄力が強いのが石鹸シャンプー

その次に洗浄力が強いのが高級アルコールシャンプー

一番洗浄力が弱いのがアミノ酸シャンプーです。

石鹸シャンプーは、体を洗う石鹸と同じなので一番洗浄力が強いです。

高級アルコールシャンプーは、よくCMとかで見かけることがあるシャンプーです。

この2つのシャンプーがダメっていうわけではないのですが

頭皮の皮脂の分泌量を抑えて頭皮に一番優しいおすすめのシャンプーはアミノ酸シャンプーです。

なので、髪や頭皮が臭いと悩んでいる時は、洗浄料が一番弱くて頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを使って洗っていくようにしてください。

髪が臭くなってしまう詳しい原因やにおいを取るおすすめの簡単なやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪が臭い時に注意する原因と臭い取りの応急処置!

まとめ

髪を臭くさせない洗い方と乾かし方はコレ!予防に効くシャンプー!について書いていきました。

髪を臭くさせない洗い方は、1日に1回、夜に髪を洗うこと

そして、髪を軽くブラッシングしてから、ぬるま湯で綺麗にすすいでいき

シャンプーをしっかりと泡立たせてから洗い残しがないように優しく洗っていきます。

髪を臭くさせない乾かし方は、洗った後は素早く髪を乾かしていくようにして

タオルドライをしてからドライヤーを使って髪を乾かしていきます。

後は、頭皮や髪に優しいアミノ酸シャンプーを使っていくようにしてください。

髪を洗った後にすぐに乾かさずに自然乾燥していると髪の状態がドンドン悪くなってしまうことについては、コチラの記事に書いてあります。

髪の自然乾燥は実は髪にとって良くない!

髪が臭くなってしまう頭皮の皮脂の過剰分泌を抑えていく為に心がけてほしい生活習慣などについては、コチラの記事に書いてあります。

頭皮の皮脂の分泌を減らすケア対策!

髪を臭くさせない為の予防対策として心がけてほしいことについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪を臭くさせない為の効果的な対策方法!

朝シャンで髪を傷めない為の正しいやり方については、コチラの記事に書いてあります。

朝シャンで髪を傷めない正しいやり方!

スポンサーリンク