シャンプーが泡立たない原因は何か

髪を洗っている時に、なぜかシャンプーの泡立ちが悪くて全然泡立たない時がありますよね。

そんなシャンプーが泡立たない時に注意してほしい原因や

シャンプーが泡立たない時の泡立ちを良くする為の対処法や

シャンプーをしっかりと手で泡立てるコツなどについて書いていきます。

シャンプーの泡立ちが少ない状態で洗っていると髪が傷んでしまうので、しっかりとシャンプーは泡立てて洗うことが大切ですからね。

スポンサーリンク

シャンプーが泡立たない原因はコレ

髪を洗っている時に、なぜかシャンプーが全然泡立たないことがありますよね。

そこで、シャンプーが泡立たない原因として多いのが

髪が汚れている
頭皮が汚れている
髪が傷んでいる
シャンプーをつける量が少ない
髪が少なくなってきている

などです。

髪が汚れている

シャンプーが泡立たない原因で髪が汚れているっていうのは

・整髪料が多くついていたり
・ホコリが多くついていたり
・フケが多くついていたり

など、髪に油や汚れが多くついてしまっている状態でシャンプーをつけていると泡立ちが悪くなります。

頭皮が汚れている

シャンプーが泡立たない原因で頭皮が汚れているってうのは

・皮脂が多く残っている
・汗が多く残っている

など、頭皮に皮脂や汗が多く残っている状態でシャンプーをつけると泡立ちが悪くなります。

髪が傷んでいる

シャンプーが泡立たない原因で髪が傷んでいるっていうのは

髪のキューティクルが剥がれて傷んでいるっていうことです。

髪のキューティクルが剥がれていると、そこから水分が多く髪の中に吸収されてしまって髪の表面の水分が少なくなってしまいます。

髪の表面の水分が少ないとシャンプーの泡立ちが悪くなります。

シャンプーをつける量が少ない

シャンプーをつける量が少ないと、いくら髪や頭皮に汚れがついていなくてもシャンプーの泡立ちが悪くなります。

髪が少なくなってきている

シャンプーが泡立たない原因で髪が少なくなってきているっていうのは、髪が抜けて本数が少なくなってしまうとシャンプーの泡立ちが悪くなってしまいます。

これらのことが、シャンプーが泡立たない時の原因として多いです。

シャンプーの泡立ちを悪くしてしまう頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまう原因については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮の皮脂の分泌量が多くなる原因!

スポンサーリンク

シャンプーが泡立たない時の対処法はコレ

シャンプーが泡立たない時に注意してほしい原因については、わかってもらえたと思います。

そこで、シャンプーが泡立たない時に泡立ちを良くし泡立てる対処法としては

髪を洗う前にブラッシングする
シャワーでしっかりと髪や頭皮のすすぎをする
シャンプーを泡立ててから髪を洗う
二度洗いする

などです。

髪を洗う前にブラッシングする

シャンプーを泡立たない時の対処法で髪を洗う前にブラッシングするっていうのは

髪を洗う前にブラッシングすることで髪についているホコリや汚れなどを落としていきます。

ブラッシングによって、目立つ汚れを落としていくことができますし

髪にこびりついている汚れを浮かせることができるので、シャワーで汚れを落としやすくしていく効果もあります。

ただし、髪が濡れている状態でブラッシングしてしまうと、髪のキューティクルを傷めてしまうので、必ず髪が乾いている状態でブラッシングしてください。

シャワーでしっかりと髪や頭皮のすすぎをする

シャンプーが泡立たない時の対処法でシャワーでしっかりと髪や頭皮のすすぎをするっていうのは

シャンプーをつける前の予洗いを徹底するっていうことです。

シャンプーの泡立ちが悪い大きな原因は、先ほど書いたように髪や頭皮に汚れが残っている状態でシャンプーをつけてしまうからです。

なので、シャンプーをつける前にしっかりとシャワーで髪や頭皮のすすぎをしていってください。

シャワーでしっかりと予洗いするポイントは

最低でも3~4分は予洗いする
・両手で頭皮も綺麗に洗っていく
髪全体をしっかりと洗っていく

です。

特に、汗を沢山かいている時や整髪料をつけている時などは、より丁寧にしっかりと汗や整髪料をシャワーで洗い流していってください。

シャンプーを泡立ててから髪を洗う

シャンプーが泡立たない時の対処法でシャンプーを泡立ててから髪を洗うっていうのは

多くの人が髪を洗う時にシャンプーが泡立っていない状態で髪につけています。

しかし、シャンプーはしっかりと手で泡立ててから髪につけて洗っていくようにしてください。

シャンプーを手でしっかりと泡立てるやり方については、後程詳しく書いてあります。

二度洗いする

シャンプーが泡立たない時の対処法で二度洗いするっていうのは、整髪料などを多くつけている場合の対処法です。

整髪料などの油が多くついてしまっていると、いくらシャワーで予洗いしても整髪料をうまく洗い流すことができなくてシャンプーの泡立ちが悪くなります。

なので、そんな時は二度洗いする方法もあります。

ただし、髪の二度洗いは髪や頭皮にとってはあまり良くないことなので、二度洗いする時はシャンプーの量を減らし二度洗いするようにしてください。

これらが、シャンプーが泡立たない時の泡立ちを良くする対処法です。

髪を太くしたい時に使うとおすすめのシャンプーについては、コチラの記事に書いてあります。

髪を太くするのにおすすめのシャンプーとは!

シャンプーを手でしっかりと泡立てるコツ

シャンプーが泡立たない時の泡立ちを良くする対処法については、わかってもらえたと思います。

そして、シャンプーは手で最初にしっかりと泡立ててから髪をつけて洗っていきます。

そこで、シャンプーを手でしっかりと泡立てるコツは、お湯と空気をしっかりと入れて混ぜていくことです。

シャンプーを手でしっかりと泡立てるやり方は

シャンプーを手の平に適量をつける

お湯をしっかりと混ぜる

空気が入るようにして両手の手の平を合わせて擦る

です。

そして、手の平でシャンプーを擦りながら泡立ちが良くなるまでお湯を少しずつ足して混ぜていきます。

これが、シャンプーをしっかりと手で泡立てるやり方のコツです。

髪を綺麗に洗って汚れや臭いをしっかりと落としていく正しい洗い方については、コチラの記事に書いてあります。

髪の汚れや臭いを落とす正しい洗い方!

まとめ

シャンプーが泡立たない原因はコレ!対処法と泡立てるコツ!について書いていきました。

シャンプーが泡立たない原因として一番多いのは、シャンプーをつける前にしっかりとシャワーで予洗いして髪や頭皮の汚れを洗い流せていないことです。

なので、シャンプーをしっかりと泡立たせる為の対処法は

髪を洗う前にブラッシングする
シャワーでしっかりと髪や頭皮のすすぎをする

などして、しっかりと髪や頭皮の汚れを洗い流してからシャンプーをしていきます。

そして、シャンプーは髪で泡立たせるのではなくて、最初にしっかりと手で泡立たせてから髪につけて洗っていってください。

後、シャンプーの泡立ちが急に悪くなってしまった時は

・髪が傷んできている
・髪が少なくなってきている

っていうサインでもあるので注意してください。

濡れた髪の水分をしっかりと吸収していくタオルドライの正しいやり方については、コチラの記事に書いてあります。

タオルドライの正しいやり方とコツ!

ドライヤーで髪を早くそして綺麗に乾かしていくドライヤーの正しい使い方については、コチラの記事に書いてあります。

髪の正しい乾かし方とドライヤーの使い方!

シャンプーを使わずにお湯だけで髪を洗う湯シャンの効果や正しいやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

湯シャンが髪に良い効果と正しい始め方!

髪や頭皮に良いアミノ酸シャンプーの効果の秘密や使う時に注意してほしいことなどについては、コチラの記事に書いてあります。

アミノ酸シャンプーが髪や頭皮に良い効果とは!

スポンサーリンク