髪を多く見せる方法はどうすればいいのか

髪が少なくなってきた時は、少しでもバレないようにしたいですよね。

そこで、髪を多く見せる方法はできるだけ髪の根元をしっかりと立てることです。

髪の根元をしっかりと立てることで、簡単に髪を多く見せることができます。

そこで、髪の根元をしっかりと立てて髪を多く見せる方法で重要になってくる

髪の洗い方や髪の乾かし方や髪の長さなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

【髪を多く見せる方法】洗い方はコレ

髪を多く見せるには、髪の根元をしっかりと立てることが重要です。

そこで、髪の根元を立てて髪を多く見せる方法としてまず重要になってくるのは髪の洗い方です。

そこで、髪を多く見せる方法でおすすめの洗い方は

頭皮を綺麗に洗う
コンディショナーやリンスは控える

などです。

頭皮を綺麗に洗う

髪を洗う時っていうのは、髪の毛の汚れを綺麗に洗い落とすようにして洗っていますよね。

しかし、髪の根元を立たせて髪を多く見せていくには、毛穴の汚れを綺麗に洗い流していかなくてはいけません

毛穴が汚れて詰まっていると、髪の根元をしっかりと立たせることができません

なので、毛穴の汚れを綺麗に洗い流していくために、頭皮をしっかりとシャンプーで綺麗に洗ってください

頭皮を綺麗に洗うことで、毛穴の詰りを解消して髪の根元が立ちやすくなります。

そこで、髪を多く見せる為の毛穴の詰りを綺麗に洗い流す洗い方は

髪を洗う前にブラッシングする

お風呂にゆっくり入って体を温めて汗をかく

予洗いで髪や頭皮をしっかりと洗う

シャンプーを泡立てて指の腹で頭皮をしっかりと洗う

シャンプーを綺麗に洗い流す

です。

最初にしっかりと髪をブラッシングすることで、汚れを落としやすくしていきます。

そして、お風呂にゆっくりと入って汗をかくことで、毛穴が開いて中の汚れを落としやすくします。

後は、シャワーでしっかりと髪や頭皮を予洗いしてから、シャンプーをしっかりと泡立てて頭皮全体を綺麗に洗っていってください。

コンディショナーやリンスは控える

コンディショナーやリンスは控えるっていうのは

コンディショナーやリンスは、髪の表面に油分の膜を張って髪をコーティングしてツヤを出してくれます。

しかし、髪が少ない時はその油分の重みによって髪の根元が立ちずらくなってしまいます。

なので、髪の根元をしっかりと立たせて髪を多く見せたい時は、できるだけコンディショナーやリンスは使わないで控えるようにしてください。

髪が傷んでしまっている時は、コンディショナーやリンスではなくてトリートメントを使っていくようにしてください。

コンディショナーやリンスは、ただ髪の表面に油分の膜を張っていくだけですが

トリートメントは髪の表面や内部の傷みを修復していってくれます。

これが、髪を多く見せる方法の洗い方です。

トリートメントとコンディショナーとリンスの違いについては、コチラの記事に書いてあります。

トリートメントとコンディショナーとリンスの効果の違い!

スポンサーリンク

【髪を多く見せる方法】乾かし方はコレ

髪を多く見せる方法で洗い方については、わかってもらえたと思います。

そして、髪の根元を立たせて髪を多く見せるには、髪を洗った後の乾かし方もとても重要になってきます。

そこで、髪の根元を立たせて髪を多く見せる乾かし方は、髪の根元からしっかりと乾かしていくことです。

髪を多く見せる方法でおすすめの乾かし方は

タオルドライで濡れた髪をある程度乾かす

髪を持ち上げながらドライヤーで髪の根元を乾かしていく

髪の根元が8割ほど乾いたら毛先などを乾かす

髪を持ち上げて髪の根元にドライヤーの冷風を当てる

です。

まずは、ドライヤーを使う前にしっかりとタオルドライをして、濡れた髪の水分をある程度タオルに吸収させます。

それから、ドライヤーを使って髪を乾かしていくのですが

この時に、髪の根元がしっかりと立つように髪を指で持ち上げながらドライヤーの温風を当てて乾かしていきます。

そして、髪の根元が8割ほど乾いたら毛先なども乾かしていってください。

そして、最後に髪をまた持ち上げて髪の根元をドライヤーの冷風を当てていってください。

髪の毛は熱をすぐに冷ますことで、髪の根元が立っている状態の形状をしっかりとキープすることができます。

これが、髪を多く見せる方法の乾かし方です。

ドライヤーの冷風の効果や使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

ドライヤーの冷風の効果と使い方!

【髪を多く見せる方法】髪の長さはコレ

髪を多く見せる方法は、髪の長さも重要なポイントになってきます。

髪を多く見せたい時っていうのは、どうしてもできるだけ髪を長くした方が多く見えると思いますよね。

しかし、それは間違っていて髪が長いとどうしても髪の重みで髪の根元が倒れやすくなってしまいます。

なので、髪を多く見せる方法の髪の長さは、できるだけ髪は短い方が髪の根元が立ちやすいのでおすすめです。

髪が短い方が、より頭皮も綺麗に洗いやすいですし

ドライヤーを使って髪を乾かす時間も短くなるので、髪が傷んでしまうのも防いでいくことができます。

細くなった髪を太くしていくためのケア対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

細くなった髪を太い髪に戻していく方法!

まとめ

【髪を多く見せる方法】洗い方・乾かし方・髪の長さはコレ!について書いていきました。

髪を多く見せる方法は、できるだけ髪の根元をしっかりと立たせることです。

そこで、おすすめの洗い方は

・頭皮を綺麗に洗って毛穴の汚れをしっかりと洗い流していく
・コンディショナーやリンスは控える

おすすめの乾かし方は

・髪の根元からしっかりと乾かす
・髪が8割ほど乾いたらドライヤーの冷風を当てる

そして、髪できるだけ短い方がいいです。

これが、髪を多く見せる方法の洗い方や乾かし方や髪の長さです。

髪を傷めないタオルドライの正しいやり方については、コチラの記事に書いてあります。

タオルドライで髪を傷めないやり方!

髪が細くなっていってしまう注意してほしい原因については、コチラの記事に書いてあります。

髪が細くなってしまう注意する原因とは!

髪を太くするのに必要な栄養素や食べ物などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪を太くする栄養素を含んだ食べ物!

スポンサーリンク