切れ毛があるかどうか簡単な見つけ方はどうすればいいのか

そして、切れ毛を見つけた時の正しい対処法や切れ毛を減らす対策方法などについて書いていきます。

切れ毛があるっていうことは、それだけ髪が傷んでしまっている証拠なので

切れ毛を正しく処理してこれ以上増やさないようにしなくてはいけないですし

綺麗な髪にするためにも切れ毛を減らして無くしていかなくてはいけないですからね。

スポンサーリンク

切れ毛があるか見つけ方はコレ

切れ毛があるかどうかを見つけるのって結構大変ですよね。

そこで、切れ毛があるかどうか簡単な見つけ方は

髪の長さをチェックする
髪を束ねて捻る
短い髪が落ちているかチェックする

です。

髪の長さをチェックする

切れ毛があるか簡単な見つけ方で、髪の長さをチェックするっていうのは

切れ毛っていうのは、髪が途中で切れてしまっている髪の毛ですよね。

なので、他の髪と比べると短くなっています。

そこで、髪の長さをチェックする方法は

髪を綺麗にブラッシングして整える

短い髪があるかどうかチェックする

です。

切れ毛がある場合は、髪を綺麗にブラッシングしている時にブラシの通りが少し悪くなったりもするので、そこもチェックしてみてください。

髪を束ねて捻る

切れ毛があるか簡単な見つけ方で髪を束ねて捻るっていうのは

髪を束ねて捻っていくことで、切れ毛になっている短い髪が束ねた髪からピョンと飛び出します。

髪を束ねて捻るやり方は

髪を綺麗にブラッシングする

いくつかの毛束を作る

毛束をゆっくりと捻っていく

毛束から飛び出している髪がないかチェックする

です。

短い髪が落ちているかチェックする

切れ毛があるか簡単な見つけ方で短い髪が落ちているかチェックするっていうのは

洗面所など髪を乾かしてセットする場所の床に落ちている髪をチェックする方法です。

髪は毎日自然と何十本も抜けているので、その抜け毛の中に短い髪が混じっていないかチェックしていきます。

短い髪が落ちているっていうことは、途中で切れてしまっている髪です。

これらが、切れ毛があるかどうか簡単な見つけ方です。

スポンサーリンク

切れ毛がある時の正しい対処法はコレ

切れ毛がある時の正しい対処法は

切れ毛になっている髪を3~4cm切る

枝毛があるかどうかをチェックする

トリートメントを使い始める

です。

切れ毛の髪を3~4cm切る

切れ毛を発見した時は、まずは切れ毛になっている髪を3~4cm切ってください。

切れ毛になっている毛先は傷んでしまっているので、そのままの状態にしていると今度は枝毛になりやすいです。

なので、切れ毛の髪を3~4cm綺麗に切ってしまってください。

そうすることで、毛先が枝毛になりにくくなります。

枝毛があるかチェックする

切れ毛を発見した時は、枝毛があるかどうかもチェックしていってください。

切れ毛になってしまう原因は、髪のキューティクルが傷んで多く剥がれてしまっていて

髪の成分や水分などを多く抜けてしまい髪がスカスカになって弱くなって切れてしまいます。

切れ毛は髪が横に裂けて切れてしまいますが

枝毛は髪が縦に裂けて切れてしまいます。

切れ毛も枝毛も原因は、髪のキューティクルが傷んで多く剥がれてしまうからです。

なので、切れ毛があるっていうことは枝毛もあることが多いので、枝毛があるかどうかも必ずチェックしてください。

枝毛の簡単な見つけ方や発見した時の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

枝毛の簡単な見つけ方と正しい処理の仕方!

トリートメントを使い始める

切れ毛を発見した時はトリートメントを使い始めてください。

切れ毛になってしまう原因は、先ほども書いたように髪のキューティクルが傷んで多く剥がれてしまっているからです。

なので、トリートメントを使って髪の表面に膜を張って成分や水分が抜けていくのを防いでいきます。

そうすることによって、切れ毛が増えてしまうのを防いでいくことができます。

なので、切れ毛を発見した時は、他の髪も切れ毛になってしまうのを防ぐためにトリートメントを使い始めてください。

これが、切れ毛がある時の正しい対処法です。

トリートメントとコンディショナーとリンスは何が違うのか、併用して一緒に使う時の使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

トリートメントやコンディショナーの役割の違いとやる順番!

切れ毛を減らす対策はコレ

切れ毛がある時の正しい対処法については、わかってもらえたと思います。

そして、切れ毛を減らすできないように防いでいくケア対策をとっていかなくてはいけません

切れ毛を減らす対策は髪のキューティクルを傷めない剥がれないようにしていくことが重要になってきます。

そこで、切れ毛を減らす対策でまずはしっかりと守ってほしいケア対策は

髪を洗い過ぎない
シャンプーはしっかりと泡立てて洗う
髪を洗ったらすぐに乾かす
ドライヤーを使う時間を短くする
ヘアカラーやパーマを控える
紫外線を防ぐ
髪の静電気を抑える

などです。

そうすることで、髪のキューティクルが傷んだり剥がれてしまうのを防いでいくことができ

切れ毛を減らし無くして綺麗な髪にしていくことができます。

髪のキューティクルを傷めたり剥がれてしまうのを防いでいく詳しいケア対策のやり方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

枝毛を防ぐ髪のキューティクルを守るケア対策!

まとめ

切れ毛があるか見つけ方!正しい対処法と減らす対策はコレ!について書いていきました。

切れ毛があるかどうか簡単な見つけ方は

・髪の長さをチェックする
・髪を束ねて捻る
・短い髪が落ちているかチェックする

などです。

そして、切れ毛がある時に必ずやってほしい正しい対処法は

まずは、切れ毛になっている髪を3~4cm切る

切れ毛があるっていうことは枝毛もあることが多いので枝毛チェックもする

そして、切れ毛を増やさないようにトリートメントを使って髪の表面を保護していくことです。

それから、切れ毛を減らし無くしていく為の対策として、髪のキューティクルを傷めたり剥がしたりしないように

・髪を洗い過ぎない
・シャンプーはしっかりと泡立てて洗う
・髪を洗ったらすぐに乾かす
・ドライヤーを使う時間を短くする
・ヘアカラーやパーマを控える
・紫外線を防ぐ
・髪の静電気を抑える

などのケア対策をしっかりと心がけていくようにしてください。

髪を早くそして傷めずに乾かしていくドライヤーの正しい使い方については、コチラの記事に書いてあります。

髪を傷めないドライヤーの正しい使い方!

髪がパサつきやすい時に注意してほしい原因とパサつきを抑えていくケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪がパサつく原因と抑えていくケア対策!

髪の静電気を抑えて防いでいくケア対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

髪の静電気を抑え防いでいくケア対策!

スポンサーリンク