柔らかい髪質を硬い髪質にする方法はあるのか

柔らかい髪質の猫っ毛は、髪のボリュームがでなかったり髪にコシやハリが無かったりして嫌ですよね。

なので、柔らかい髪質を少しでも硬いしっかりとした髪質に改善していきたいです。

そこで、柔らかい髪質を硬い髪質にする方法はあるのか

そして、柔らかい髪質の時に注意しなくてはいけないことなどについて書いていきます。

硬くてゴワゴワな髪質も嫌ですが、柔らかい髪質の猫っ毛も色々困ってしまうことが多いですからね。

スポンサーリンク

柔らかい髪質を硬い髪質にする方法はある?

柔らかい髪質の猫っ毛に憧れる人も多いですが、実際に柔らかい髪質だと困ってしまうことも多いですよね。

なので、柔らかい髪質を少し硬い髪質にしていきたいけど、髪質を変えることはできるのかな?って思います。

しかし、元々柔らかい髪質だった場合は硬い髪質に変えることはできません

髪質っていうのは、遺伝によってほとんどが決まっています。

柔らかい髪質の人は、硬い髪質の人よりも髪のキューティクルの層が薄かったり

髪のコルテックスの密度が少なかったりしています。

髪のキューティクルの層を厚くしたり、髪のコルテックスの密度を多くしたりすることはできないので、髪質自体を変えていくことはできません

なので、柔らかい髪質の猫っ毛を硬い髪質に変えることはできないのですが

髪にコシを出したりハリを出したりすることはできるので、それで柔らかい髪質を少し硬い髪質にしていくことができます。

そこで、柔らかい髪質を硬い髪質にする方法は

毛穴を綺麗にする
シャンプーの種類を見直す
コンディショナーやリンスを控える

などです。

毛穴を綺麗にする

柔らかい髪質を硬い髪質にする方法で毛穴を綺麗にするっていうのは

毛穴を綺麗にして髪の根元をしっかりと立たせて髪のコシを出していきます。

毛穴が汚れて詰まっていると、どうしても髪はぺたんと折れてコシが出なくなってしまいます。

なので、髪の根元がしっかりと立つように毛穴の汚れを無くしていくように頭皮を綺麗に洗ってください。

毛穴を綺麗にする方法としては

湯船にゆっくりと浸かって汗をかく

頭皮マッサージをする

シャンプーでしっかりと頭皮を綺麗に洗う

ことです。

頭皮にしっかりと汗をかくことで、毛穴の汚れが汗と一緒に出てきますし

頭皮マッサージをすることで毛穴の詰まった汚れをうまく引き出していくことができます。

そして、シャンプーでしっかりと優しく頭皮の洗い残しがないように頭皮を洗ってください。

スポンサーリンク

シャンプーの種類を見直す

柔らかい髪質を硬い髪質にする方法でシャンプーの種類を見直すっていうのは

髪のコシやハリを出す種類のシャンプーを使っていくっていうことです。

シャンプーは、汚れを綺麗に落としていく洗浄力や香りなどで選んで使っている人が多いと思います。

それを、髪のコシやハリを出す成分が多く含まれているシャンプーに替えていきます。

おすすめのシャンプーの種類は、アミノ酸シャンプーですね。

アミノ酸シャンプーは、髪や頭皮に優しい成分で作られているので髪や頭皮に強い刺激を与えずに汚れを綺麗に落としていってくれます。

アミノ酸シャンプーの効果や使うのがおすすめの人などについては、コチラの記事に書いてあります。

アミノ酸シャンプーのおすすめの効果と特徴!

コンディショナーやリンスを控える

柔らかい髪質を硬い髪質にする方法でコンディショナーやリンスを控えるっていうのは

コンディショナーやリンスは髪の表面に油分の膜を張り髪の表面をコーティングしていってくれます。

それによって、髪のツヤを出したりしていってくれます。

しかし、柔らかい髪質の人がコンディショナーやリンスを使ってしまうと

油分の重みによってより髪がペタンとしてしまったりして髪のボリュームが出なくなってしまいます。

なので、柔らかい髪質の人の場合は、コンディショナーやリンスはできるだけ使うのを控えるようにしてください。

髪が傷んでしまっている時は、トリートメントを使うようにしてください。

これらが、柔らかい髪質を少し硬い髪質にする方法です。

トリートメントとコンディショナーとリンスの違いについては、コチラの記事に書いてあります。

トリートメントコンディショナーとリンスの髪の効果の違い!

柔らかい髪質で注意すること

柔らかい髪質を硬い髪質にする方法については、わかってもらえたと思います。

そこで、柔らかい髪質の人で注意してほしいことがあります。

それは、髪のキューティクルが傷みやすく剥がれやすいっていうことです。

柔らかい髪質の人は、髪を保護しているキューティクルの層が薄いです。

なので、硬い髪質の人よりも髪のキューティクルが傷みやすく剥がれやすいので注意してください。

そして、厄介なことに髪のキューティクルが傷んで剥がれてしまうと髪がゴワゴワしてしまうので髪質が硬くなったと勘違いしてしまうことが多いです。

しかしそれは大きな間違いで、髪のキューティクルが傷んで剥がれてしまうと、髪の成分や水分などが抜けてしまい髪が細くなってしまい

より髪のボリュームが無くなったり髪のコシやハリが無くなってしまいます。

なので、柔らかい髪質の人は、硬い髪質の人よりも髪のキューティクルを傷めないケア対策をしっかりと行って髪を守っていってください。

髪のキューティクルを傷めないケア対策としては

・髪に優しいアミノ酸シャンプーを使う
・ドライヤーを使う時間を短くする
・ヘアカラーやパーマを控える
・紫外線を髪に浴びないようにする
・髪の静電気を抑えていく

などです。

髪質が変わってしまった時に注意してほしい原因と対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪質が昔と変わってしまう原因と対処法!

まとめ

柔らかい髪質を硬い髪質にする方法はある?注意すること!について書いていきました。

柔らかい髪質の猫っ毛を硬い髪質に変えていく髪質自体を変えていくことはできません

しかし、柔らかい髪質でも髪にコシを出したりハリを出したりして少し硬い髪質にしていくことはできます。

そこで、柔らかい髪質を硬い髪質にする方法としては

・毛穴を綺麗にする
・シャンプーの種類を見直す
・コンディショナーやリンスを控える

などが、おすすめの髪のケア方法です。

そして、柔らかい髪質の人は、硬い髪質の人よりも髪のキューティクルが傷みやすく剥がれやすいので注意してください。

髪のキューティクルが剥がれると、髪がゴワついて髪質が硬くなったと勘違いしてしまいますが

髪質が変わったのではなくて、髪が傷んでしまっているだけなので髪が細くなってしまったりしてしまいます。

柔らかい髪質と硬い髪質の違いや特徴、そして自分の髪質を簡単に調べる方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

硬い髪質と柔らかい髪質の違いと調べ方!

硬い髪質を柔らかい髪質にしていくケア方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

硬い髪質を柔らかい髪質にしていくケア方法!

髪にツヤを出して綺麗にしていくケア方法については、コチラの記事に書いてあります。

髪にツヤを出し綺麗な髪にしていくケア方法!

髪が細くなってしまったのを太くて健康な髪に戻していくケア対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

細くなった髪を太い髪に戻す方法!

スポンサーリンク