硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法はどうすればいいのか

硬い髪質だとなかなか自分の思っているスタイリングができなかったり

髪を触った時もゴワゴワした感じがしたりしてしまいます。

なので、硬い髪質の人は柔らかい髪質に物凄く憧れますよね。

そこで、硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法と

硬い髪質を柔らかい髪質にする時にやってはいけない注意してほしい間違った方法などについて書いていきます。

スポンサーリンク

硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法

硬い髪質を柔らかい髪質にするには、どうすればいいのか

硬い髪質で悩んでいる人にとっては、とても気になりますよね。

でも、髪質は遺伝によってほとんどが決まっているから変えることはできるの?って思いますよね。

そこで、髪質自体は残念ですが変えることはできません

髪質は

・髪のキューティクルの層の厚さ
・髪の内部のコルテックスの密度

などによって硬い髪質か柔らかい髪質かが決まってきます

硬い髪質の人は、髪のキューティクルの層が多く厚くて、コルテックスの密度が高いです。

硬い髪質と柔らかい髪質の違いやそれぞれの特徴などについては、コチラの記事に書いてあります。

硬い髪質と柔らかい髪質は何が違うのか!

じゃ、硬い髪質を柔らかい髪質に変えていくことはできないじゃんって思いますが

髪質自体を変えることはできませんが

・髪に水分と油分を与える
・髪をしっかりと保湿する
・髪のキューティクルを整えていく

などのことを心がけていくことで、硬い髪をできるだけ柔らかい髪にしていくことはできます。

そこで、硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法は

アミノ酸シャンプーを使う
トリートメントを使う
ヘアオイルを使う
ドライヤーを替えて使う

などです。

アミノ酸シャンプーを使う

硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法で、アミノ酸シャンプーを使うっていうのは

アミノ酸シャンプーを使うことで、髪の水分や油分が減少してしまうのを防いでいき

髪のキューティクルが傷んでしまうのを防いでいくことができます。

アミノ酸シャンプーは、普通のシャンプーと違い洗浄力がそれほど強くなくて髪や頭皮に優しいシャンプーです。

そのアミノ酸シャンプーを使うことで、髪に必要な水分や油分を残しながら綺麗に汚れを洗い流していくことができますし

髪のキューティクルを傷めることなく、綺麗に髪を洗っていくことができます。

なので、硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法として、まずはアミノ酸シャンプーを使うようにしてください。

アミノ酸シャンプーの効果については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

アミノ酸シャンプーが髪や頭皮に良い効果!

トリートメントを使う

硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法で、トリートメントを使うっていうのは

トリートメントを使うことで、髪の表面を油分でコーティングしていくことができるので髪を柔らかくしていくことができます。

じゃ、リンスやコンディショナーでもいいんじゃないの?って思いますが

トリートメントは、髪の表面だけじゃなくて髪の内部にも水分や油分などの成分を浸透させていってくれます。

なので、より髪自体を柔らかくしていき綺麗な髪に修復していってくれます。

トリートメントとコンディショナーとリンスの効果の違いや併用して使う時の順番などについては、コチラの記事に書いてあります。

トリートメントとコンディショナーとリンスの効果の違い!

ヘアオイルを使う

硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法で、ヘアオイルを使うっていうのは

トリートメントと同じで、髪に油分を浸透させていき柔らかい髪質にしていってくれます。

スポンサーリンク

ドライヤーを替えて使う

硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法で、ドライヤーを替えて使うっていうのは

低温ドライヤーを使って髪を乾かしていきます。

髪には多くのタンパク質があります。

タンパク質は、熱によって硬くなりやすいので高温のドライヤーを使ってしまうと髪が硬くなりやすいです。

なので、普通のドライヤーから低温ドライヤーに替えてあまり高くない温度で髪を乾かしていきます。

低温ドライヤーを使うことで、熱で髪の水分が多く奪われていくのも防いでいくことができます。

後は、髪を乾かす時は最初にしっかりとタオルドライで髪の水分を減らしてからドライヤーを使って髪を素早く乾かしていってください。

これらが、硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法です。

髪を早く綺麗に乾かしていく方法やドライヤーの使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪に良い乾かし方とドライヤーの使い方!

硬い髪質を柔らかい髪質にする間違った方法に注意

硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法については、わかってもらえたと思います。

そして、硬い髪質を柔らかい髪質にする時に注意してほしい髪に悪い影響を与えてしまう間違った方法があります。

それは

ヘアカラーをする
パーマをする

などです。

確かに、ヘアカラーやパーマをすると簡単に硬い髪質を柔らかい髪質にしていくことができます。

ヘアカラーやパーマで髪が柔らかくなるのは、髪のキューティクルを意図的に開いて髪の内部に溶剤を浸透させていくからです。

髪のキューティクルが剥がれてしまうことによって、髪の内部の成分や水分が抜けてコルテックスの密度が少なくなり髪質が柔らかくなります。

しかし、柔らかい髪質になっても髪のキューティクルは傷んで剥がれてしまっています。

キューティクルが剥がれてしまっていることで、髪同士の摩擦が酷くなってしまったりしてダメージヘアになってしまいますし

髪の成分や水分がドンドンと少なくなり髪が細くなっていってしまったりしてしまいます。

なので、硬い髪質を柔らかい髪質にする時に、ヘアカラーやパーマは間違った方法で

髪の状態を悪くしてしまうので注意してください。

髪質が変わってしまった時に注意する原因と直していくケア方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪質が変わる原因と直していくケア方法!

まとめ

硬い髪質を柔らかい髪質にするケア方法!間違った方法に注意!について書いていきました。

髪質は、遺伝などによってほとんど決まっているので基本的に髪質を変えていくことできません

しかし、髪にしっかりと水分や油分を与えたり、髪をしっかりと保湿したり、髪のキューティクルを整えていくことで

硬い髪をできるだけ柔らかい髪にしていくことができます。

そこで、硬い髪質を柔らかい髪質にするおすすめのケア方法は

・アミノ酸シャンプーを使う
・トリートメントを使う
・ヘアオイルを使う
・ドライヤーを替えて使う

などです。

ヘアカラーやパーマをすることでも簡単に柔らかい髪質にすることができますが、髪を傷めてしまう間違った方法なので注意してください。

柔らかい髪質を硬くてしっかりした髪質にしていくケア対策については、コチラの記事に書いてあります。

柔らかい髪質をしっかりした髪質に変えるケア方法!

髪がパサついてしまう原因とパサつきを抑えていくケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪がパサつく原因と抑えるケア対策!

髪にツヤを出していく洗い方や乾かし方などのケア方法については、コチラの記事に書いてあります。

髪にツヤを出す洗い方や乾かし方のケア方法!

細くなってしまった髪を太く健康な髪に戻していく方法については、コチラの記事に書いてあります。

細くなった髪を太い髪に戻していく方法!

スポンサーリンク