硬い髪質と柔らかい髪質はいったい何が違うのか

髪質は人によってそれぞれ硬かったり柔らかかったりしますよね。

そこで、硬い髪質と柔らかい髪質の違いは何か

硬い髪質の特徴としてどんなメリットやデメリットがあるのか

柔らかい髪質の特徴としてどんなメリットやデメリットがあるのか

そして、自分で簡単に髪質が硬いか柔らかいかをチェックする調べ方などについて書いていきます。

スポンサーリンク

硬い髪質と柔らかい髪質の違い

硬い髪質の人と柔らかい髪質の人がいますよね。

どちらの髪質の方がいいっていうことはなくて、硬い髪質であっても柔らかい髪質であっても普通の髪なので特に問題はないのですが

同じ髪なのに硬い髪質と柔らかい髪質では、いったい何が違うのかわからないですよね。

そこで、硬い髪質と柔らかい髪質の違いは何かっていうと

キューティクルの層の厚さ
髪の内部のコルテックスの密度

の違いです。

キューティクルの層の厚さの違い

硬い髪質と柔らかい髪質の違いでキューティクルの層の厚さの違いっていうのは

キューティクルっていうのは、髪の表面を覆っているウロコ状の層です。

このキューティクルの層があるおかげで、髪の内部の成分や水分などが抜けていってしまうのを防いでくれています。

このキューティクルの層がいくつも重なっているかによって髪質が違ってきます。

硬い髪質⇒キューティクルの層が多く重なって厚い

柔らかい髪質⇒キューティクルの層が少なく薄い

っていう感じです。

髪の内部のコルテックスの密度の違い

硬い髪質と柔らかい髪質の違いで髪の内部のコルテックスの密度の違いっていうのは

髪の内部のコルテックスっていうのは、髪の成分や水分などがある場所です。

このコルテックスの密度によって髪質が違ってきます。

硬い髪質⇒コルテックスの密度が高い

柔らかい髪質⇒コルテックスの密度が低い

っていう感じです。

髪の成分や水分が隙間なく入っているか少し隙間が空いて入っているかっていう感じです。

このキューティクルの層の厚さやコルテックスの密度は、遺伝などによって違ってくるので

傷んでいない健康な髪の場合は、どちらの髪質でも特に問題はありません

これが、硬い髪質と柔らかい髪質の違いです。

スポンサーリンク

硬い髪質と柔らかい髪質の特徴

硬い髪質と柔らかい髪質の違いについては、わかってもらえたと思います。

そこで、髪質の違いで一番気になるのがそれぞれの髪質の特徴ですよね。

そこで、硬い髪質と柔らかい髪質の特徴として、それぞれのメリットやデメリットなどについて書いていきます。

硬い髪質のメリット

硬い髪質のメリットは

・髪のツヤが出やすい
・キューティクルが剥がれにくい
・くせ毛になりにくい

などです。

硬い髪質は、キューティクルの層が厚くしっかりしているので、髪のツヤが出やすいですし

キューティクルが少し剥がれてもいくつもの層になっているので、完全に剥がれてしまい髪の成分や水分が抜けていくのを防いでくれます。

硬い髪質のデメリット

硬い髪質のデメリットは

・パーマがかかりにくい
・ヘアカラーの色が入りにくい

などです。

硬い髪質は、キューティクルの層が厚いのでパーマやヘアカラーなどに含まれている溶剤が髪の内部に浸透しずらいです。

なので、パーマがかかりにくかったり、ヘアカラーの色が入りにくかったりします。

これが、硬い髪質の特徴です。

柔らかい髪質のメリット

柔らかい髪質のメリットは

・パーマがかかりやすい
・ヘアカラーの色が入りやすい

などです。

柔らかい髪質は、キューティクルの層の重なりが少ないので、パーマやヘアカラーなどに含まれている溶剤が髪の内部に浸透しやすいです。

なので、パーマがかかりやすかったり、ヘアカラーの色が入りやすかったりします。

柔らかい髪質のデメリット

柔らかい髪質のデメリットは

・キューティクルが剥がれやすい
・くせ毛になりやすい

などです。

柔らかい髪質は、どうしてもキューティクルの層の重なりが薄いので、剥がれやすくて

髪の成分や水分などが抜けやすいです。

これが、柔らかい髪質の特徴です。

硬い髪質か柔らかい髪質か簡単な調べ方はコレ

硬い髪質と柔らかい髪質のそれぞれの特徴については、わかってもらえたと思います。

そこで、自分の髪質は硬いのかそれとも柔らかいのか

硬い髪質か柔らかい髪質か簡単な調べ方は

・髪を指に巻いて離す
・髪を指で持って離す

などです。

髪を指に巻いて離すやり方

硬い髪質か柔らかい髪質か簡単な調べ方で髪を指に巻いて離すっていうのは、比較的髪が長い人におすすめの調べ方です。

髪を指に巻いて離すやり方は

髪を1本抜く

髪を指にグルグル巻いていく

摘まんでいる髪を離す

です。

硬い髪質の場合は、摘まんでいる髪を離した瞬間に指に巻いた髪がすぐにほどけていきます。

柔らかい髪質の場合は、摘まんでいる髪を離してもしばらく指に髪が巻いたままの状態になります。

髪を指で持って離すやり方

硬い髪質か柔らかい髪質か簡単な調べ方で髪を指で持って離すやり方っていうのは、比較的髪が短い人におすすめの調べ方です。

髪を指で持って離すやり方は

髪を1本抜く

髪の両サイドを指で摘まんで持ってピンと伸ばす

片方の指を離す

です。

硬い髪質の場合は、片方の指を離すとゆっくりと下に向いていきます。

柔らかい髪質の場合は、片方の指を離すとすぐに髪が下に向いてしまいます。

これらが、硬い髪質か柔らかい髪質か自分で簡単に調べる方法です。

髪質が急に変わってしまった時に注意してほしい原因や対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪質が変わってしまう原因と直すケア対策!

まとめ

硬い髪質と柔らかい髪質の違いと特徴!簡単な調べ方はコレ!について書いていきました。

硬い髪質と柔らかい髪質の違いは

・キューティクルの層の厚さ
・髪の内部のコルテックスの密度

などです。

そして、硬い髪質にも柔らかい髪質にもそれぞれ特徴がありメリットやデメリットがあります。

硬い髪質か柔らかい髪質か簡単な調べ方は、髪を1本抜いて

・指に巻いて離したり
・髪の引っ張った状態で持って離したり

などしてみてください。

硬い髪質を柔らかい髪質にしていくおすすめのケア方法については、コチラの記事に書いてあります。

硬い髪質を柔らかい髪質にしていくケア方法!

柔らかい髪質を硬くてしっかりした髪質にしていくおすすめのケア方法については、コチラの記事に書いてあります。

柔らかい髪質を硬い髪質に変えるケア方法とは!

髪がパサつきやすい原因とパサつきを抑えたり予防していくケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪がパサつく原因と抑えて予防するケア対策!

スポンサーリンク