枝毛をなくすにはどうすればいいのか

毛先が裂けて枝分かれしてしまう枝毛

そんな枝毛をなくす方法はどうすればいいのか

そして、枝毛ができないように予防していくおすすめの髪のケア対策はどうすればいいのか

枝毛をなくす方法や枝毛予防におすすめのケア対策などについて書いていきます。

枝毛をなくし髪を綺麗にしたいですからね。

スポンサーリンク

枝毛をなくす方法はコレ

枝毛をなくす方法はどうすればいいのか

髪が枝状に裂けてしまっている枝毛をなくす方法は

枝毛をカットする

トリートメントで髪の表面をコーティングする

キューティクルが剥がれないように守る

です。

枝毛をカットする

枝毛をなくす方法は、まずは枝毛をカットしていかなければいけません

枝毛になってしまった髪は、元の状態に戻していくことはできません

なので、まずは枝毛を枝毛用ハサミや枝毛カッターなどでカットしてください。

トリートメントで髪の表面をコーティングする

枝毛をなくす方法でトリートメントで髪の表面をコーティングするっていうのは

枝毛ができてしまう原因は、髪の表面を覆っているキューティクルが剥がれてしまい

そこから、髪の中の成分や水分などが多く抜けていってしまい髪の中がスカスカになって弱くなってしまい裂けてしまいます。

なので、枝毛がある時は髪のキューティクルが既に剥がれてしまっている状態です。

髪のキューティクルも一度剥がれてしまうと、元の状態に戻していくことができません

なので、トリートメントをしてキューティクルが剥がれてしまっている髪の表面に膜をはってコーティングして

髪の成分や水分などが抜けていかないようにします。

これが、枝毛をなくす方法です。

後は、これから生えて伸びてくる髪のキューティクルが剥がれないようにしっかりと守っていくケア対策をしていきます。

枝毛ができてしまう原因や枝毛のカットの仕方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

枝毛が多い時に注意する原因と正しいカットの仕方!

枝毛予防におすすめのケア対策はコレ

枝毛をなくす方法については、わかってもらえたと思います。

そして、枝毛予防には髪のキューティクルが剥がれないようにしていくケア対策が重要になってきます。

そこで、枝毛予防におすすめのケア対策は

髪を洗い過ぎない
シャンプーを泡立てて洗う

髪を洗ったらすぐに乾かす
ドライヤーを使う時間を短くする
ヘアカラーやパーマを控える
紫外線を防ぐ
髪の静電気を抑える

などです。

スポンサーリンク

髪を洗い過ぎない

枝毛予防のケア対策で髪を洗い過ぎないっていうのは、髪は夜に1回だけ洗うっていうことです。

髪を朝晩など1日に何回も洗ってしまっていると、それだけ摩擦によって髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまいます。

なので、髪を洗い過ぎないように1日に1回、夜にしっかりと丁寧に洗うようにしてください。

シャンプーを泡立てて洗う

枝毛予防のケア対策でシャンプーを泡立てて洗うっていうのは、シャンプーの泡立ちが悪いと髪同士の摩擦がひどくなってしまいます。

なので、髪を洗う時はしっかりとシャンプーを泡立てて洗うようにしてください。

シャンプーをしっかりと泡立てる方法は

髪のすすぎをしっかりとする

手の平でシャンプーとお湯をしっかりと混ぜる

です。

シャンプーの泡立ちが悪い原因としっかりと泡立たせるやり方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

シャンプーの泡立ちが悪い原因とうまい泡立て方!

髪を洗ったらすぐに乾かす

枝毛予防のケア対策で髪を洗ったらすぐに乾かすっていうのは

髪が濡れている時間が長いとどうしても髪のキューティクルは剥がれやすくなってしまいます。

なので、髪を洗ったら自然乾燥などで乾かさずに、すぐにドライヤーを使ってしっかりと髪を乾かしていってください。

ドライヤーを使う時間を短くする

枝毛予防のケア対策でドライヤーを使う時間を短くするっていうのは

ドライヤーを使う前にしっかりとタオルドライで髪の水分を吸収してからドライヤーを当てて髪を乾かしてください。

ドライヤーを使って髪を乾かしている時間が長いとそれだけドライヤーの熱で髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまいますからね。

髪を早く綺麗に乾かしていく方法やドライヤーの正しい使い方などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪を早く綺麗に乾かす方法とドライヤーの使い方!

ヘアカラーやパーマを控える

枝毛予防のケア対策でヘアカラーやパーマを控えるっていうのは

ヘアカラーやパーマはどうして溶剤を髪の中に浸透させるために髪のキューティクルを剥がさなくてはいけません

ヘアカラーをする回数やパーマをかける回数が多くなってしまうと、それだけ髪のキューティクルが多く剥がれてしまいます。

なので、枝毛予防としてはヘアカラーやパーマは極力やらないようにしてもらったり

やる回数を減らすようにしてください。

紫外線を防ぐ

枝毛予防のケア対策で紫外線を防ぐっていうのは、帽子をかぶったり

日傘をさしたり、髪専用のUVスプレーなどをして紫外線を防いでいきます。

髪に紫外線を多く浴びてしまうと、どうしても髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまいます。

なので、髪に紫外線が直接当たらないようにしっかりと髪の紫外線対策をしていってください。

髪の紫外線対策については、コチラの記事に防ぐやり方や紫外線を浴びてしまった後のケア対策などについて書いてあります。

髪を紫外線から守るケア対策!

髪の静電気を抑える

枝毛予防のケア対策で髪の静電気を抑えるっていうのは

空気が乾燥している時は、加湿器をつけたりして空気の乾燥を防いだり

静電気が起こりにくいブラシやクシを使っていくようにしたりなどです。

特に空気が乾燥しやすい季節は、髪の静電気も起こりやすくなってしまうのでしっかりと髪の静電気対策もしていってください。

これらが、枝毛予防におすすめの髪のキューティクルが剥がれないようにしていくケア対策です。

髪の静電気を抑えていくケア対策方法などについては、コチラの記事にも詳しく書いてあります。

髪に静電気が起きないようにするケア対策!

まとめ

枝毛をなくす方法はコレ!予防におすすめのケア対策!について書いていきました。

枝毛をなくす方法は、まずはできてしまっている枝毛を綺麗にカットしてから

トリートメントを使ってキューティクルが剥がれてしまっている髪の表面をコーティングして髪が裂けないようにしてください。

そして、枝毛予防は髪のキューティクルが剥がれないようにしていくために

・髪を洗い過ぎない
・シャンプーを泡立てて洗う
・髪を洗ったらすぐに乾かす
・ドライヤーを使う時間を短くする
・ヘアカラーやパーマを控える
・紫外線を防ぐ
・髪の静電気を抑える

などのケア対策をしっかりと注意して心がけていくようにしてください。

枝毛になってしまった髪は、またすぐに枝毛になりやすいのでしっかりと髪のケア対策をしていってください。

枝毛の簡単な見つけ方や発見した時の応急処置などについては、コチラの記事に書いてあります。

枝毛をすぐに見つける方法!

頭頂部の髪が跳ねてしまうアホ毛がひどい原因とアホ毛を防いでいくケア対策については、コチラの記事に書いてあります。

アホ毛が増える原因と防ぐケア対策!

髪がパサパサになってしまう原因と髪のパサつきを防いでいくケア対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

髪がパサつくのを抑えて改善するケア対策方法!

スポンサーリンク