アホ毛が多く発生して、髪がひどいことになってしまっている

そんな、アホ毛ができてしまう原因は何か

そして、アホ毛を無くしてできないようにする為の予防対策は何に気をつけていけばいいのか

アホ毛が多くなってしまう原因や無くす予防対策などについて書いていきます。

髪の毛が立ってしまったり、跳ねてしまうアホ毛が多いととても変な髪型になってしまって嫌ですよね。

なので、アホ毛を無くす為にまずは原因をしっかりと知って、それらを改善していかなくてはいけません

スポンサーリンク

アホ毛がひどい多い原因はコレ!

髪の毛が何本も立って跳ねてしまっているアホ毛

特に、頭頂部などの髪の毛にアホ毛が多くできてしまうことが多いですよね。

アホ毛になりやすい髪っていうのは

・生まれ変わりの新しい髪の毛
・切れ毛などで途中で切れてしまった髪の毛

など、短い髪の毛が跳ねてアホ毛になりやすくなってしまいます。

そして、アホ毛がひどい多い時に注意してほしい原因があって

それが

髪の毛や頭皮が乾燥している
髪の毛が傷んでダメージがひどい
頭皮の毛穴が詰まっている

などです。

髪の毛や頭皮が乾燥している

髪の毛や頭皮が乾燥してしまっているとアホ毛が多くなるっていうのは、髪に静電気が起こりやすくなってしまうからです。

髪の静電気によって、短い髪の毛が立ってしまい跳ねやすくなってしまいます。

特に、空気が乾燥していて静電気が起こりやすい季節などは、アホ毛が増えてしまいます。

髪の毛が傷んでダメージがひどい

髪の毛が傷んでダメージがひどいとアホ毛が多くなるっていうのは、髪のキューティクルが剥がれてしまってです。

髪のキューティクルが剥がれてしまっていると、髪の水分が多く奪われてしまい髪の毛が乾燥しやすくなってしまいますし

髪の表面が凸凹してしまって、摩擦が起こりやすくなってしまい髪の毛が立ってしまったり跳ねやすくなってしまいます。

更に、髪の毛が細くなり切れやすくなってしまっているので、切れ毛などが多くなってしまうので、よりアホ毛がひどくなってしまいます。

頭皮の毛穴が詰まっている

頭皮の毛穴が詰まっているとアホ毛が多くなるっていうのは、髪の毛がうねってしまったりなどくせ毛になってしまってです。

毛穴が詰まってしまっていると、毛穴の形が変形してしまうので、髪の毛も変形してくせ毛などになりやすくなってしまいます。

頭皮の毛穴が詰まってしまう原因としては、頭皮の皮脂が多く分泌されてしまっていたり、シャンプーの洗い残しなどが多いです。

これらのことが大きな原因となって、短い髪の毛が跳ねしまったり、立ってしまってアホ毛が多くなってしまいます。

スポンサーリンク

アホ毛を無くす予防対策はコレ

アホ毛がひどい多い時に注意してほしい髪の毛や頭皮の悪い状態については、わかってもらえたと思います。

そこで、アホ毛が起こらないようにできないようにする為の予防対策としては、上記で書いた原因をしっかりと改善して直していかなくてはいけません

アホ毛を無くす為の予防対策としては

髪を洗い過ぎないこと
洗浄力の弱いシャンプーを使うこと

頭皮も綺麗に洗うこと
髪を正しく乾かすこと
ヘアカラーやパーマを控えること
紫外線を防ぐこと
部屋を乾燥させないこと

などです。

髪を洗い過ぎない

アホ毛を無くす予防対策として、髪を洗い過ぎないことっていうのは、髪を洗うのは1日に1回だけ夜に洗うようにしていきます。

髪を1日に2~3回洗ってしまうと、それだけ頭皮の皮脂も多く洗い流されてしまいます。

それによって、頭皮が乾燥しやすくなってしまったり

シャンプーで髪を洗う回数が多くなってしまうと、それだけ髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまいます。

なので、アホ毛を無くす予防対策として、髪は1日に1回だけ夜に洗うように心がけてください。

洗浄力の弱いシャンプーを使う

アホ毛を無くす予防対策で、洗浄力の弱いシャンプーを使うっていうのは、これも髪を洗い過ぎないことと同じです。

頭皮の皮脂や汚れをしっかりと洗い流す洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと

それだけ、頭皮の皮脂が多く洗い流されてしまったりして、頭皮が乾燥しやすくなってしまいます。

なので、アホ毛を無くす予防対策として、アミノ酸シャンプーなどの洗浄力があまり強くない頭皮に優しいシャンプーを使って髪を洗うようにしてください。

頭皮も綺麗に洗う

アホ毛を無くす予防対策として、頭皮も綺麗に洗うっていうのは、毛穴の詰りを無くしていくことです。

髪を洗う時っていうのは、ついつい髪の毛のことだけを考えて洗ってしまいます。

そうなってしまうと、頭皮の洗い残しなどが多くなってしまいます。

なので、頭皮の洗い残しなどがないようにしっかりと頭皮を洗っていってください。

頭皮を綺麗に洗う洗い方としては

頭頂部

両サイド

前頭部

後頭部

などのように、頭皮を部分的にブロック分けして洗っていくようにしてください。

部分的にブロック分けして洗うことによって、頭皮の洗い残しを無くして頭皮全体を綺麗に洗っていくことができます。

髪の毛や頭皮を綺麗に洗い残しなく洗っていくおすすめの洗い方については、コチラの記事に書いてあります。

髪や頭皮の汚れを綺麗落とす洗い方はコレ!

髪を正しく乾かす

アホ毛を無くす予防対策として、髪を正しく乾かすっていうのは、まずは髪を洗ったらすぐに髪を乾かしていくことです。

髪が濡れている時間が長いと、髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまいます。

そして、髪を乾かす時もドライヤーを使う時間が長いとドライヤーの熱で

頭皮が乾燥してしまったり、髪のキューティクルが剥がれてしまいます。

なので、髪を正しく乾かしていく乾かし方は

タオルドライで髪の水分を十分に吸い取ってからドライヤーを使っていきます

タオルドライの正しいやり方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪を傷めないタオルドライの正しいやり方!

ドライヤーを使って髪をしっかりと乾かしていくおすすめのドライヤーの使い方については、コチラの記事に書いてあります。

髪を傷めないドライヤーの正しい使い方!

ヘアカラーやパーマを控える

アホ毛を無くす予防対策として、ヘアカラーやパーマを控えるっていうのは、髪のキューティクルを守っていく対策です。

ヘアカラーやパーマは、髪のキューティクルを意図的に開いて、髪の中に溶剤を入れていきます。

なので、どうしても髪のキューティクルが剥がれてしまい、髪のダメージがひどくなってしまいます。

なので、できるだけヘアカラーやパーマなどは控えるようにしてください。

紫外線を防ぐ

アホ毛を無くす予防対策として、紫外線を防ぐっていうのは、頭皮の乾燥や炎症を防いでいく対策です。

紫外線を多く浴びてしまうと、紫外線によって頭皮や髪の水分が多く奪われてしまいますし

紫外線によって、逆に頭皮が炎症してしまったりしてしまいます。

頭皮が炎症してしまうと、それだけまた頭皮や髪の水分が多く奪われていってしまいます。

なので、天気の良い日や紫外線が強い季節などは、帽子をこまめにかぶったり、日傘などをさして紫外線を防いでください。

部屋を乾燥させない

アホ毛を無くす予防対策として、部屋を乾燥させないっていうのは、空気を乾燥させない対策です。

部屋の空気が乾燥してしまっていると、どうしても髪や頭皮の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

なので、空気が乾燥している時は、加湿器をつけたり、コップに水を入れて近くに置いておいたりして部屋の保湿対策をしっかりと行っていってください。

これらの予防対策をしっかりと行っていくことで、髪や頭皮の乾燥を防いだり

髪のキューティクルを守ったり、頭皮の毛穴の詰りを解消していくことができます。

それによって、アホ毛が起こってしまうのを防いで予防していくことができます。

アホ毛ができてしまっている時のアホ毛を抑えて直していく簡単な直し方やおすすめの髪のケア方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

アホ毛をすぐに直す方法と髪のケアの対処法!

まとめ

アホ毛がひどい多い原因と無くす予防対策はコレ!について書いていきました。

アホ毛は、生え始めている髪や切れ毛などで途中で切れてしまった髪など、短い髪の毛が跳ねたりして起こります。

そして、アホ毛が多い時に注意してほしい原因は

髪の毛や頭皮が乾燥している
髪の毛が傷んでダメージがひどい
頭皮の毛穴が詰まっている

など、髪の毛や頭皮の状態が悪くなってしまっています。

なので、アホ毛ができないように無くす予防対策として

髪を洗い過ぎないこと
洗浄力の弱いシャンプーを使うこと

頭皮も綺麗に洗うこと
髪を正しく乾かすこと
ヘアカラーやパーマを控えること
紫外線を防ぐこと
部屋を乾燥させないこと

などのことをしっかりと心がけていくようにしてアホ毛を防いでいってください。

髪の静電気がひどい時に注意してほしい原因や静電気を防いでいく対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪の静電気がひどい原因と防ぐ対処法!

髪の静電気を抑えていくケア方法や静電気の予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪の静電気を抑えるケア方法と予防対策!

頭皮が乾燥しているかどうか皮脂量をチェックしていく簡単な方法については、コチラの記事に書いてあります。

乾燥頭皮か脂性頭皮かチェックする方法!

スポンサーリンク