髪に静電気が多く発生してしまう原因は何か

冬の寒い季節になると空気が乾燥してきて静電気が起こりやすくなってしまいます。

それは髪の毛も同じで、静電気によって髪がボサボサになってまとまりにくくなってしまったりしてしまいます。

そこで、髪に静電気が多く発生してしまう起こってしまう時に注意してほしい原因や

髪に静電気が起こるのを防いでいく為の対処法などについて書いていきます。

スポンサーリンク

髪に静電気が多く発生する原因はコレ

静電気っていうのは、空気が乾燥してしまっていることによって空気中の水分が少なくなり

体や物などにある電気がうまく放電されなくなり溜まってしまって起こってしまいます。

なので、空気が乾燥しやすい冬の寒い季節などは色々な物に静電気が発生しやすくなってしまいます。

それは、髪も同じことなのですが、特に髪に静電気が多く発生してしまう時に注意してほしい原因としては

髪のキューティクルが剥がれている
空気が乾燥している
服に静電気が多く溜まっている

などがあります。

髪のキューティクルの剥がれが原因で静電気が起こる

髪のキューティクルの剥がれが原因で静電気が起こるっていうのは、髪のキューティクルが剥がれてしまっていることによって

髪の表面に凹凸が多くなってしまう
髪の水分が多く奪われてしまう

などの症状が起こってしまうからです。

髪のキューティクルっていうのは、髪の表面にいくつものウロコ状に重なっていて髪を守ってくれています。

そのキューティクルの層が剥がれてしまうと髪の表面が凸凹になってしまいます。

髪の表面が凸凹になってしまうと、髪同士の摩擦が多くなってしまいます。

その髪同士の摩擦によって電気が溜まりやすくなって静電気が多く発生してしまいます。

更に、キューティクルが剥がれてしまうと、髪の中にある水分を保護していくことができなくなり水分が多く抜けていってしまいます。

そうなってしまうと髪自体が乾燥してしまい電気が溜まりやすくなって静電気が多く発生してしまいます。

髪のキューティクルが剥がれてしまう原因

髪のキューティクルが剥がれてしまう原因として多いのが

髪を自然乾燥させている
バスタオルでゴシゴシ髪を拭いている
ドライヤーを使っている時間が長い
ヘアカラーやパーマのやり過ぎ

などです。

髪を自然乾燥していると、それだけ髪が濡れている時間が長くなってしまいます。

髪のキューティクルっていうのは濡れている時に開きやすくなってしまいます。

バスタオルなどでゴシゴシ髪を拭いてしまっていると、その摩擦によってキューティクルが剥がれてしまいます。

ドライヤーを使っている時間が長いと、それだけ髪に熱が多く当たってしまいキューティクルが剥がれやすくなります。

ヘアカラーやパーマっていうのは、一度髪のキューティクルを無理やり開いてそこに溶剤などを注入しています。

なので、ヘアカラーやパーアをやり過ぎてしまうと、キューティクルが多く剥がれてしまいます。

これらのことが大きな原因になって髪のキューティクルが剥がれてしまい、それが静電気が多く発生してしまう原因になってしまいます。

空気の乾燥が原因で髪に静電気が起こる

空気の乾燥が原因で髪に静電気が起こるっていうのは、空気が乾燥していると空気中の水分が少ないので静電気が起こりやすいです。

それと、空気が乾燥していると髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまいます。

髪のキューティクルは、ウロコ状にいくつも重なっています。

そのキューティクルの層がうまくくっついて重なっているのは、層と層の間に細胞膜複合体という物があって、そこに水分が多く溜まっていることでうまくくっついています。

しかし、空気が乾燥していることによって、細胞膜複合体の水分が多く蒸発して奪われていってしまいます。

それによって、キューティクルの層がうまく重ならない状態になってしまって髪に静電気が多く発生してしまいます。

スポンサーリンク

服に電気が多く溜まっているのが原因で髪に静電気が起こる

服に電気が多く溜まっているのが原因で髪に静電気が起こるっていうのは、髪ではなくて服が原因です。

服を脱ぐ時に髪に静電気が起こることがよくありますよね。

あれは、服に電気が多く溜まってしまっていて、その電気が髪に触れた時に静電気を起こしてしまっています。

特にセーターやニットやトレーナーなど服を脱ぐときに頭を通す衣類などですね。

静電気が起こりやすい季節っていうのは、着ている服も動いている時に服が擦れてしまってその摩擦によって電気が物凄く溜まりやすくなってしまいます。

そして、最悪なことにその服を脱ぐときに起こる静電気によって、更に髪のキューティクルも剥がれてしまうことが多くあります。

これらのことが髪に静電気が多く発生する時に注意してほしい原因です。

髪だけじゃなくて、静電気が多く発生してしまう原因については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

静電気が多く発生して起こってしまう原因!

髪に静電気が多く発生するのを防ぐ対処法

髪に静電気が多く発生する原因については、わかってもらえたと思います。

そこで、髪に静電気が多く発生するのを防いでいく為の対処法としては

髪のキューティクルを守る
空気の乾燥を防いでいく
服の静電気を抑えていく

などが重要になってきます。

まずは、髪のキューティクルが剥がれないようにしっかりとケア対策していかなくてはいけないですし

キューティクルが剥がれてしまっている髪の表面をしっかりと保護していくケア対策もとっていかなくてはいけません

その為には

・髪に優しいシャンプーを使っていく
・髪にトリートメントやコンディショナーをつけていく
・髪をすぐに乾かす
・髪を傷めないドライヤーの使い方をしていく

などのケア対策が必要になってきます。

空気の乾燥を防いでいくには、部屋の保湿を保っていく為にしっかりと加湿対策をとっていくことが重要になってきます。

後は、服に電気が溜まらないように、しっかりと服の静電気対策を取っていくことなどです。

髪に静電気が多く発生してしまうのをしっかりと抑えていく髪のキューティクルのケアや予防対策などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪の静電気対策とおすすめのケア方法と対策!

まとめ

髪に静電気が多く発生する原因はコレ!防ぐ対処法!について書いていきました。

髪に静電気が多く発生してしまう原因は

髪のキューティクルが剥がれている
空気が乾燥している
服に静電気が多く溜まっている

です。

なので、この3つの原因をしっかりと防いでいくことが髪の静電気を防ぐ対処法になります。

髪の静電気が酷いと、髪をいくらセットしてもすぐにボサボサになってしまいますし

髪に静電気が多いっていうことは、それだけ髪が傷んでしまっているっていうことなので注意してください。

服の静電気の簡単な取り方や静電気が発生しないように抑えていく為の対策などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

服の静電気の簡単な取り方と溜めない予防対策!

静電気が起こりやすい人の特徴に多い帯電体質とはいったい何か、原因などについてはコチラの記事に書いてあります。

静電気が起こりやすい帯電体質とは?原因は!

静電気が発生しない体質を作っていくのにおすすめの食べ物や飲み物などについては、コチラの記事に書いてあります。

静電気が起きないようにする食べ物と飲み物!

車のドアなどに触った時に起きる静電気を簡単に予防していく対処法や対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

車に触った時に起きる静電気を防いでいく方法!

スポンサーリンク