頭皮の皮脂量を自分で簡単にチェックする方法はどうやるのか

頭皮の皮脂量が多いと、脂性頭皮(オイリー頭皮)ですし

頭皮の皮脂量が少ないと、乾燥頭皮になってしまいます。

そこで、自分の頭皮は皮脂量が多いのか、それとも少ないのか

自分で簡単に頭皮の皮脂量をチェックできる方法について書いていきます。

頭皮の皮脂量が正常な場合は、いいのですが

多すぎてしまったり、少な過ぎてしまったりしていると頭皮の状態や髪の状態が悪くなってしまうので注意してください。

スポンサーリンク

頭皮の皮脂量をチェックする方法

頭皮の皮脂量っていうのは、なかなか自分では確認していくことが難しいです。

頭皮の皮脂っていうのは、頭皮全体を覆ってくれて頭皮の保湿をしてくれたり

紫外線など外的から頭皮を守ってくれています。

なので、頭皮に皮脂は必要なものです。

しかし、頭皮の皮脂量が正常な場合は、いいのですが

頭皮の皮脂量が多かったり、逆に少なかったりしてしまうと頭皮や髪に悪い影響を与えてしまいます。

そこで、自分の頭皮の皮脂量が多いのか、少ないのか

簡単に頭皮の皮脂量をチェックする方法として

あぶらとり紙を使った方法
小銭を使った方法

の2つがあります。

あぶらとり紙を使ったやり方

あぶらとり紙を使った頭皮の皮脂量をチェックする方法は、頭皮にあぶらとり紙をつけて

どれくらいの時間であぶらとり紙に皮脂がつくかをチェックします。

正常な頭皮の皮脂量の場合⇒約1時間ほどであぶらとり紙に皮脂がつきます。

脂性頭皮(オイリー頭皮)の場合⇒30分ほどであぶらとり紙に皮脂がつきます。

乾燥頭皮の場合⇒1時間以上経ってもあぶらとり紙に皮脂がつきません

あぶらとり紙を使った頭皮の皮脂量のチェックのやり方は

髪の毛を洗う

髪の毛を8割程ドライヤーで乾かす

あぶらとり紙をおでこと頭頂部につける

です。

まずは、髪の毛を洗って頭皮の皮脂も綺麗に一度洗い流していきます。

それから、髪を8割ほど乾かしていきます。

そして、あぶらとり紙を用意してもらって

おでこ
頭頂部(つむじ)

の2カ所に貼り付けて、そのままの状態であぶらとり紙に皮脂がつく時間をチェックします。

1時間もしないうちに、あぶらとり紙に皮脂がついてしまうと皮脂の分泌量が多いですし

逆に1時間以上過ぎても、あぶらとり紙に皮脂がつかないと皮脂の分泌量が少ないです。

小銭を使ったやり方

小銭を使った皮脂量をチェックする方法は、あぶらとり紙を使ったやり方よりも短時間ですぐに確認することができます。

小銭を使った頭皮の皮脂量のチェックのやり方は、500円玉をおでこにつけて落ちる時間を確認していきます。

正常な皮脂量の場合⇒2~3秒で落ちる

脂性頭皮(オイリー頭皮)の場合⇒3秒過ぎても落ちない

乾燥頭皮の場合⇒すぐに落ちる

500円玉を使った皮脂量のチェックのやり方は

おでこをタオルで軽く拭く

顔を上に向けておでこに500円玉をのせる

そのまま顔を正面に向ける

です。

おでこと頭皮の皮脂量っていうのは、ほぼ同じ量です。

なので、まずはタオルなどで軽くおでこを拭いて表面の皮脂を軽く拭き取っていきます。

それから上を向いた状態で、500円玉をおでこに乗せてから、顔を正面に向けてください。

この2つの方法が、頭皮の皮脂量を自分でチェックする簡単な方法です。

スポンサーリンク

頭皮の皮脂量が多い時の対処法

頭皮の皮脂量のチェック方法については、わかってもらえたと思います。

そこで、正常な頭皮の皮脂量の場合は、何も心配しなくてもいいのですが

頭皮の皮脂量が多い脂性頭皮(オイリー頭皮)の場合の対処法は、頭皮の皮脂量を抑えるケア対策をとっていかなくてはいけません

頭皮の皮脂量が多いと、皮脂が毛穴に詰まってしまったり、頭皮が炎症しやすくなってしまい頭皮の状態が悪くなり髪に悪い影響を与えてしまいます。

頭皮の皮脂量を抑えるケア対策として

食生活の改善
睡眠の改善
髪の毛の洗い方の改善

などを心がけていきます。

頭皮の皮脂量を抑える方法については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

頭皮の皮脂の分泌を抑えるケア対策はコレ!

頭皮の皮脂量が少ない時の対処法

頭皮の皮脂量が少ない乾燥頭皮の場合の対処法は、頭皮の保湿ケアをしっかりと行っていきます。

頭皮の皮脂量が少ないと、どうしても頭皮の水分が早く多く奪われてしまい頭皮をしっかりと保湿していくことができなくなってしまいます。

そうなってしまうと、頭皮はカサカサになってしまったり硬くなっていってしまいます。

頭皮の保湿ケアとしては

保湿ローションをつける
椿脂をつける
部屋を乾燥させない

などを心がけてください。

保湿ローションや椿脂などをつけることで、効果的に頭皮を保湿していくことができますし

部屋を乾燥させないことで、部屋の湿度を保つことができるので頭皮の乾燥を防いでいくことができます。

まとめ

頭皮の皮脂量をチェックする方法!多いのか少ないのか!について書いていきました。

頭皮の皮脂量を簡単に自分でチェックする方法は

・あぶらとり紙を使う
・小銭を使う

の2つの方法で簡単に確認することができます。

頭皮の皮脂量が多い場合は、脂性頭皮(オイリー頭皮)になってしまうので、しっかりと頭皮の皮脂の分泌量を抑えるようにしてください。

頭皮の皮脂量が少ない場合は、乾燥頭皮になってしまうので、しっかりと頭皮を保湿していくようにしてください。

頭皮の皮脂の分泌量が増えて多くなってしまう注意してほしい原因については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮の皮脂量が多くなる注意する原因!

頭皮が硬くなっているかどうかを簡単にチェックする方法については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮が硬いかチェックする方法はコレ!

頭皮を正常な状態に戻していくおすすめの頭皮マッサージのやり方については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮を柔らかく正常にする頭皮マッサージ!

髪がすぐにベタついてしまうのを防いでいく食べ物については、コチラの記事に書いてあります。

髪のベタツキを防いでくれる食べ物はコレ!

スポンサーリンク