髪にガムがついてしまった時の簡単で安全な取り方はどうしていけばいいのか

小さい子供などよく髪にガムをつけてしまうことがあります。

髪についてしまったガムは、なかなかうまく取っていくことができなくて困ってしまいます。

そこで、髪についてしまったガムを簡単にそして安全にきれいにとっていく取り方について書いていきます。

そして、やってはいけない注意してほしいこともあるので気をつけてください。

スポンサーリンク

髪についたガムを簡単に取っていく方法は油

髪についてしまったガムを簡単にとっていく方法は、ガムがついてしまっている髪に油をつけていくことです。

えっ?油を髪につけるの?って思うかもしれませんが

ガムに油をつけることによって、ガムを少し溶かしていき髪に絡まってしまっている状態をうまく分離していってくれます。

ガムを取るのに使うおすすめの安全な油

髪についてしまっているガムをうまく取っていくのに、おすすめの安全な油としては

ヘアムース
ワックスなどの整髪料
サラダ油
オリーブオイル
バター

などです。

ヘアムースやワックスなどは、元々髪の毛をセットしたりする時に使いますよね。

後は、サラダ油やオリーブオイルやバターなどは、食事などに使ったり食べたりするので頭皮や髪につけても安全な油です。

これらのうち、すぐに準備出来る物を使っていきます。

サラダ油やオリーブオイルは、一番ガムを落としやすい油です。

油以外に準備するもの

油以外にもガムを綺麗に落としていく為に準備しておいてほしいものとして

ドライヤー
ゴム
ハンカチやタオル
歯ブラシ

などです。

髪についたガムの取り方

髪についたガムを綺麗にとっていく取り方は

髪をドライヤーで乾かす

ガムがついた髪の毛をゴムで束ねる

ハンカチやタオルに油をつけて染み込ませる

油を含んだハンカチやタオルを髪に数分押し当てておく

歯ブラシにまた油をつける

歯ブラシで髪をといでいく

ハンカチやタオルで髪を拭いていく

ガムが綺麗に落とせたりシャンプーして髪を洗う

です。

スポンサーリンク

髪をドライヤーで乾かしていく

髪をドライヤーで乾かしていくっていうのは、髪が少しでも濡れてしまっていると油をつけた時に油をはじいてしまいます。

なので、髪についたガムをとっていく時は、必ず髪が乾いている状態でとっていかなくてはいけないので、ドライヤーなどを軽く当てて髪をしっかりと乾かしてください。

ガムがついた髪をゴムで束ねる

ガムがついた髪をゴムで束ねるっていうのは、うまくガムに油を染み込ませていく為です。

広範囲にガムが髪についてしまっている場合は、いくつかの束を作って順番に取っていくようにしてください。

ハンカチやタオルに油を染み込ませる

ハンカチやタオルに油を染み込ませていきます。

サラダ油やオリーブオイルなどは、たっぷりと染み込ませていってください。

ヘアムースやワックスやバターなどは、染み込ませることが難しいのでハンカチやタオルの表面にたっぷりとつけておいてください。

油を含んだハンカチやタオルを髪に数分押し当てておく

油を含んだハンカチやタオルをまずは、髪に数分間しっかりと押し当ててください。

そうすることによって髪についてしまっているガムを少し溶かして剥がれやすい状態を作っていきます。

髪を束にしているので、ハンカチやタオルで巻いて抑えるような感じですね。

歯ブラシに油をつけてといでいく

まずは、歯ブラシにまた油をたっぷりとつけた状態で髪を上から下に向かって当ててといでいきます。

歯ブラシを使うことによって、ガムの塊をうまくとっていくことができます。

そして、ガムの取りが悪くなってきたら、またハンカチやタオルなどを当ててガムを少し溶かしながら

また歯ブラシを使ってガムをとっていってください。

油を含んだハンカチやタオルで髪を拭く

髪についたガムがある程度取ることができたら、今度はまた油を含んだハンカチやタオルで髪を挟んで上から下に拭いていきます。

こうすることによって、小さいガムのカスなどをしっかりと綺麗に取っていきます。

ガムが綺麗に落とせたらシャンプーをする

最後は、髪についてしまっている油をしっかりと綺麗に洗い流していく為に、シャンプーをして髪を綺麗に洗っていってください。

髪の正しい洗い方や乾かし方、そして臭いをしっかりととっていくおすすめのシャンプーなどについては、コチラの記事に書いてあります。

髪の正しい洗い方や乾かし方はコレ!

髪についたガムを取る時に注意すること

髪についたガムを簡単に綺麗にとっていく取り方については、わかってもらえたと思います。

そして、髪についたガムを取る時に注意してほしいことは

無理やり髪を引っ張らない
髪の根元から毛先に向かって取っていく
頭皮に油がつかないようにする

などです。

無理やり髪を引っ張らない

無理やり髪を引っ張らないっていうのは、ガムを取ろうとして髪を強く引っ張ってしまうと髪が抜けてしまったり、傷めたりしてしまいます。

髪の根元から毛先に向かってとっていく

髪の根元から毛先に向かってとっていくっていうのは、髪のキューティクルを傷つけないようにする為です。

髪の表面にはキューティクルの層があって、髪を守ってくれています。

ガムを取る為にゴシゴシと髪を上下に擦ってしまうと、このキューティクルの層が剥がれてしまいます。

なので、必ず髪の根元から毛先に向けて一定方向でといでいったり、拭いていってください。

頭皮に油がつかないようにする

頭皮に油がつかないようにするっていうのは、頭皮に油がついてしまうと頭皮に変な刺激を与えてしまったり

毛穴が油で詰まってしまったりしてしまいます。

なので、できるだけ頭皮に油がつかないようにガムをとっていってください。

ズボンやスカートなどにガムがついてしまった時にうまく綺麗にガムを剥がして取っていくやり方については、コチラの記事に書いてあります。

ズボンやスカートについたガムの綺麗な剥がし方!

髪が絡まってしまった時の簡単にほどいていくやり方や絡まないようにしていく為の予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪が絡まってしまった時の対処法!

まとめ

髪についたガムの取り方!簡単で安全な方法と注意すること!について書いていきました。

髪にガムがついてしまった時は

ヘアムース
ワックスなどの整髪料
サラダ油
オリーブオイル
バター

などの油を使ってガムを少し溶かして剥がれやすくして取っていくのが簡単で安全な取り方です。

急いで取ろうとせずに、ゆっくりと丁寧に取っていくようにしてください。

髪が臭い時の臭いをうまく消していく方法や髪に臭いがつかないようにしていく対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪の臭いを消す方法と臭い対策!

髪の静電気を抑えていくおすすめの対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

髪の静電気を抑えるケア対策!

靴の裏にガムがついてしまった時の簡単な取り方については、コチラの記事に書いてあります。

靴についたガムをすぐにとっていく方法!

スポンサーリンク