髪が自然に段々と茶色くなっていてしまう原因は何か

ヘアカラーなど髪を染めていないのに、地毛である黒髪が自然に段々と茶色くなり髪の色が変化していってしまうことがあります。

そんな髪が自然に茶色くなっていってしまう時に注意してほしい原因や

髪が自然と茶色くなっていってしまった時の対処法

そして、髪が自然と茶色くなっていってしまうのを防ぐケア対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

髪が自然に茶色くなる原因は?

髪が自然に茶色くなる原因はいったい何か

その原因は

メラニン色素の量が少なくなっている
メラニン色素が酸化して脱色されている

この2つの原因のどちらかです。

地毛である髪の毛が黒髪なのは、髪の毛に色をつけてくれるメラニン色素が髪の毛の中にいっぱい詰まっているからです。

そのメラニン色素が髪の毛から抜けていってしまったり、作られる量が少なくなってしまったりなどして

髪の毛の中のメラニン色素の量が少なくなってしまうと、段々と髪の毛の色が黒髪から茶色く明るい感じになってしまいます。

後は、いつの間にかメラニン色素が酸化して変化してしまい脱色されて茶色くなってしまいます。

そこで、これらの髪が自然に茶色くなる原因として多いのが

髪のダメージ
ストレス
加齢

などです。

髪のダメージ

髪が自然に茶色くなる原因で髪のダメージっていうのは

・紫外線の浴び過ぎ
・ドライヤーの当て過ぎ
・髪の洗い過ぎ
・海水浴やプール

などによってです。

紫外線の浴び過ぎ

紫外線の浴び過ぎっていうのは、紫外線を多く髪の毛に浴びてしまうと紫外線が髪の毛の中にまで多く侵入してきてしまいます。

それが原因で、髪の毛の中にあるメラニン色素が壊されてしまい量が少なくなって髪が茶色くなってしまいます。

ドライヤーの当て過ぎ

ドライヤーの当て過ぎっていうのは、ドライヤーの熱によって髪の表面を覆っているキューティクルが熱で剥がれてしまいます。

髪のキューティクルが剥がれてしまうと、そこから髪の毛の中の成分などが多く抜けていってしまいます。

それによって、メラニン色素も多く抜けていってしまい量が少なくなって髪が茶色くなってしまいます。

髪の洗い過ぎ

髪の洗い過ぎっていうのは、髪を洗い過ぎていることによって髪同士の摩擦が起こりやすくなってしまいます。

この髪同士の摩擦によって、髪のキューティクルが剥がれてしまいます。

それによって、メラニン色素が多く抜けていってしまい量が少なくなって髪が茶色くなってしまいます。

海水浴やプール

海水浴やプールっていうのは、メラニン色素が酸化して脱色してしまうからです。

海水やプールには、塩素が多く含まれています。

その塩素が、髪の毛の中に多く浸透していってしまうことによって、メラニン色素が酸化してしまいます。

それによって、色が抜けてしまう脱色した状態になってしまい髪が茶色くなってしまいます。

ストレス

髪が自然に茶色くなる原因でストレスっていうのは

ストレスを多く溜め込んでしまっていることによって、メラニン色素を作り出す量が少なくなってしまいます。

作り出されるメラニン色素の量が少なくなってしまうと、どうしても髪の毛の中のメラニン色素の量も少なくなってしまい髪が茶色くなってしまいます。

ストレスを多く受けて溜め込んでしまっていることによって、血液の循環が悪くなり血行不良の状態になってしまいます。

そうなってしまうと、メラニン色素を作り出していくメラノサイト(メラニン細胞)の働きが悪くなってしまいまい

メラニン色素をうまく作り出さしていくことができなくなってしまいます。

加齢

髪が自然に茶色くなる原因で加齢っていうのは、メラニン色素を作り出すメラノサイト(メラニン細胞)の働きが悪くなってしまうからです。

加齢によってどうしても血液の循環が自然と悪くなっていってしまったり

細胞の働き自体が段々と低下していってしまったりしてしまいます。

それによって、自然とメラノサイト(メラニン細胞)の働きが低下してしまいメラニン色素を作り出していく量が少なくなってしまいます。

髪が自然に茶色くなる原因として多いのが、これらの原因です。

スポンサーリンク

髪が自然と茶色くなった時の対処法

髪が自然と茶色くなってしまう原因については、わかってもらえたと思います。

そこで、髪が自然と茶色くなった時の対処法はどうすればいいのかっていうと

まずは、これ以上髪が自然に茶色くなっていってしまうのを止めなくてはいけないので

トリートメントやコンディショナーを使う
メラニン色素を増やしていく

などです。

トリートメントやコンディショナーを使う

トリートメントやコンディショナーを使うっていうのは、髪のキューティクルが剥がれてしまっている状態を修復していくっていうことです。

髪のキューティクルが剥がれたままの状態だと、ドンドンとメラニン色素が抜けていってしまいます。

なので、トリートメントやコンディショナーを使うことによって髪の表面をコーティングしていくことができます。

それによって、髪のキューティクルが剥がれていても髪の中の成分が抜けていってしまうのを防いでいくことができるので

メラニン色素が抜けていってしまうのを防いでいくことができます。

メラニン色素を増やしていく

メラニン色素を増やしていくっていうのは、メラニン色素を作り出す量を増やしていくっていうことです。

メラニン色素を増やしていく方法としては

食生活の改善
頭皮マッサージをする

などです。

食生活の改善

食生活の改善っていうのは、メラニン色素を作り出していくのに必要な栄養素をしっかりと食べ物から摂取していきます。

メラニン色素を作り出すのに必要な栄養素っていうのは

・チロシン
・チロシナーゼ
・ミネラル(銅)

この3つの栄養素です。

この3つのうちで、チロシナーゼは体内で作り出していくことができますが

チロシンとミネラル(銅)は、食べ物から摂取していかなくてはいけません

なので

チロシンを多く含んでいる

・チーズ
・果物
・豆類
・大豆類

などの食べ物をしっかりと食べていく

ミネラル(銅)を多く含んでいる

・玄米
・野菜類
・魚介類
・豆類

などの食べ物をしっかりと食べていく

などして、メラニン色素を作り出していくのに必要な栄養素を多く含んでいる食べ物をできるだけバランスよく食べていくようにしてください。

メラニン色素をうまく作り出していくのに必要な食べ物などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

黒髪を作るメラニン色素を増やす食べ物!

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージをするっていうのは、頭皮の血行を良くしていきます。

頭皮の血行が良くなると、それだけメラニン色素を作り出していくメラノサイト(メラニン細胞)の働きも良くなりますし

必要な栄養素もしっかりと髪の毛に届くようになります。

紫外線を多く浴びていたり、ストレスを多く溜め込んでしまっていると頭皮は硬くなっていってしまい

頭皮が硬い状態だと、血管が圧迫されてしまい血液の循環が悪くなってしまっています。

なので、頭皮を柔軟にしていくために頭皮マッサージをこまめに行っていくようにしてください。

これらが、髪が自然に茶色くなった時にまずはしっかりとやってほしい

メラニン色素が少なくなるのを止めていき、しっかりとメラニン色素を増やしていく対処法です。

硬くなってしまっている頭皮を柔らかく柔軟にしていくおすすめの頭皮マッサージのやり方については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮を柔軟にするおすすめのマッサージのやり方!

髪が自然に茶色くなるのを防ぐケア対策

髪が自然に茶色くなるのを防ぐケア対策としては、原因となっていることをしっかりと防いでいくことです。

そこで、髪が自然と茶色くなるのを防ぐケア対策としては

紫外線から髪を守る
ドライヤーの熱から髪を守る
髪を洗い過ぎない
ストレスをうまく解消する

などです。

紫外線から髪を守る

紫外線から髪を守るっていうのは、帽子をこまめにかぶったり日傘をさしたりしてできるだけ紫外線を長時間髪に浴びないように心がけてください。

そして、一番紫外線が強くなる6~9月の時期は、髪専用のUVカットスプレーなどを使うようにしてください。

紫外線から髪を守るケア対策や紫外線を多く浴びてしまった後のケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪を紫外線のダメージから守るケア対策方法!

ドライヤーの熱から髪を守る

ドライヤーの熱から髪を守るっていうのは、長い時間ドライヤーを髪に当てないでください。

ドライヤーを使う前にしっかりとタオルドライで髪を乾かしてからドライヤーを使うようにして

ドライヤーを使う時は、髪から20cmほど離して使い、一か所に熱が集中しないようにこまめにドライヤーを振りながら髪を乾かしてください。

髪を傷めずに綺麗に乾かすドライヤーの上手い使い方については、コチラの記事に書いてあります。

髪を傷めずに綺麗に乾かす方法はコレ!

髪を洗い過ぎない

髪を洗い過ぎないっていうのは、髪を洗うのは極力、夜に1回だけ綺麗に洗うようにしてください。

ストレスをうまく解消する

ストレスをうまく解消するっていうのは

睡眠をしっかりととって肉体的ストレスを解消していったり

悩みや心配事などは一人で考えすぎないで家族や友達などに相談したり

リラックスできる時間や楽しい時間を少しでも増やしていくようにして

できるだけストレスを発散して溜め込まないようにしていってください。

これらが、髪が自然に茶色くなるのを防ぐのにおすすめの自分でできるケア対策です。

まとめ

髪が自然に茶色くなる原因は?対処法と防ぐケア対策はコレ!について書いていきました。

髪が自然に茶色くなってしまう原因は、髪の毛に色をつけてくれているメラニン色素が

少なくなっている
酸化して脱色されている

などのことが自然に起こってしまっているからです。

これらの原因として多いのが

髪のダメージ
ストレス
加齢

などです。

髪が自然に茶色くなってしまった時の対処法としては

トリートメントやコンディショナーを使う
メラニン色素を増やしていく

などして、これ以上髪が自然に茶色くなっていってしまうのを止めていくようにして

後は、しっかりと髪が茶色くならないように普段からメラニン色素を守るケア対策をしっかりと心がけていくようにしてください。

髪の毛のメラニン色素がドンドンと少なくなっていってしまうと、今度は茶髪ではなくて白髪がドンドンと増えていってしまうので注意してください。

白髪が増えてきてしまう原因については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

白髪が生えて増えてしまう原因はコレ!

スポンサーリンク