白髪が出始めてくる時に何か前兆みたいなものはあるのか

白髪っていうのは、気づいた時にはもう髪が白くなってしまっていますよね。

しかし、実はそんな白髪にも黒髪が白髪になってしまう時に前兆のようなものがある時があります。

そこで、白髪の前兆としてある髪の色の変化や頭皮の変化、そして体の変化などについて書いていきます。

スポンサーリンク

【白髪の前兆】髪が茶色くなる

白髪の前兆として多いのが、髪が自然と茶色くなってしまうことです。

髪の毛っていうのは、メラニン色素が多く髪の中に含まれていくことによって色のついていない状態から黒髪になっていきます。

そして、この髪の中に含まれているメラニン色素が少なくなってしまうと色が抜けてしまい黒髪から白髪になってしまいます。

そこで、白髪の前兆として髪が自然と茶色くなるっていうのは、このメラニン色素が少なくなっている途中段階です。

黒髪からいきなり白髪になってしまうこともありますが、段々とメラニン色素が抜けていってしまい白髪になる時もあります。

黒髪の状態⇒メラニン色素が多く含まれている

髪が茶色くなる⇒メラニン色素が少なくなり始めている

白髪⇒メラニン色素が抜けてしまっている

っていう感じでメラニン色素が少なくなっていくにつれて、髪の色も変化していきます。

なので、ヘアカラーなど特に何も髪の色を変えていないので、自然に髪が茶色くなってしまったり、明るくなってきた時は、白髪の前兆でもあるので注意してください。

髪が自然と茶色くなる原因

髪が自然と茶色くなってくると、白髪の前兆でもあるっていうのはわかってもらえたと思います。

そこで、いったいどうして髪が自然と茶色くなってしまうのか、その原因は

髪の表面のキューティクルが剥がれてしまってです。

髪の表面にはいくつものウロコ状の層ができていて、それによって髪の中にある成分などが抜けないように守ってくれています。

このウロコ状の層のことをキューティクルといいます。

この髪の表面のキューティクルが剥がれてしまうことによって、髪の中にあるメラニン色素も抜けていってしまいます。

髪のキューティクルが剥がれやすくなってしまう原因として注意してほしいのは

・ドライヤーの熱
・紫外線
・髪の毛の洗い過ぎ

・ヘアカラー

などです。

髪が白髪になっていってしまう仕組みや注意してほしい原因などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

白髪になってしまう仕組みと原因!

【白髪の前兆】頭皮が痒い

白髪の前兆で頭皮が痒いっていうのは、頭皮の状態が悪くなっているっていうことです。

頭皮の状態が悪くなってしまっていると、頭皮の血行も悪くなって血液の循環が悪くなってしまいます。

血液の循環が悪くなってしまうと、メラニン色素を作り出すメラノサイト(メラニン細胞)の働きが低下してしまったり

メラニン色素を作り出していくのに必要な栄養素が不足してしまいます。

それによって、メラニン色素が作られる量が減ってきてしまい白髪になっていってしまいます。

スポンサーリンク

頭皮が痒くなる原因

頭皮が痒いと白髪の前兆でもあるっていうことは、わかってもらえたと思います。

そこで、いったいどうして頭皮が痒くなってしまうのか

その大きな原因としては

頭皮の炎症
頭皮の乾燥

などがあります。

頭皮の炎症

頭皮の炎症っていうのは、頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまったりしてしまうと起こりやすくなってしまいます。

皮脂によって頭皮に細菌が多く発生してしまったり

紫外線によって皮脂が酸化してしまったり

などで頭皮が炎症していってしまいます。

そんな頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまう原因としては

・ストレス
・食生活の乱れ
・睡眠不足

など、生活習慣の乱れなどによって起こりやすくなってしまいます。

頭皮の乾燥

頭皮の乾燥っていうのは、逆に頭皮の皮脂の分泌量が少なくなってしまうと起こりやすくなってしまいます。

頭皮の皮脂の分泌量が少ないと、皮脂が頭皮を覆うことができなくなってしまい

頭皮の水分などが蒸発しやすくなってしまい、頭皮を保湿していくことができなくて乾燥していってしまいます。

頭皮の皮脂の分泌量が少なくなってしまう原因としては

・髪の毛の洗い過ぎ
・洗浄力の強いシャンプーを使っている

などが多いです。

【白髪の前兆】体の不調

白髪の前兆で体の不調っていうのは、病気などです。

病気によって、身体の調子が悪くなってしまうと、メラニン色素を作り出していくメラノサイト(メラニン細胞)の働きも悪くなってしまうことがあります。

メラノサイト(メラニン細胞)の働きが悪くなり、メラニン色素をうまく作り出していくことができなくなり白髪になってしまいます。

注意してほしい症状

白髪の前兆として特に注意してほしい症状としては

・胃腸の調子がおかしい
・貧血を起こしやすい

などです。

胃腸の調子がおかしい

胃腸の調子がおかしいと食べた物などをうまく消化していくことができなくなってしまいます。

それによって、栄養素をうまく作り出していくことができなくなってしまいます。

貧血を起こしやすい

貧血を起こしやすいっていうのは、血液の循環が悪くなってしまいます。

それによって、栄養素を届けることができなくなってしまったり

メラノサイト(メラニン細胞)の働きが低下してしまったりしてしまいます。

このような症状がある時は、白髪の前兆にもなってしまうので注意してください。

まとめ

【白髪の前兆】髪が茶色くなる・頭皮が痒い・体の不調に注意!について書いていきました。

白髪は、気づいた時には増えてしまっていることが多いです。

しかし、白髪になってしまう時には、前兆などがある時もあります。

特に

・髪が自然と茶色くなっている
・頭皮が痒い状態が続いている
・体に不調を感じる

などの症状がある時は、白髪の前兆にもなっていることがあるので、しっかりと症状を改善する対策をとっていってください。

白髪を黒髪に戻していくことはできるのか、白髪を改善して治していく方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

白髪は黒髪に戻せるのか!対処方法とは!

白髪になるとハゲる人とハゲない人の特徴や違いなどについては、コチラの記事に書いてあります。

白髪になるとハゲるの?ハゲないの?

白髪が増えていくのを抑えていく為に心がけてほしい対策方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

白髪を増やさないための対策方法とは!

スポンサーリンク