髪に悪い飲み物は、どんな飲み物か

普段、何気なく飲んでいる飲み物も実は

髪が細くなってしまったり

抜け毛や薄毛の原因になってしまったり

など、髪に悪い影響を与えてしまうことがあります。

そこで、髪に悪い飲み物は何か、何が原因で髪に悪い影響を与えてしまうのか

そして、髪に悪い飲み物を飲む時に注意してほしい飲み方などについて書いていきます。

スポンサーリンク

髪に悪い飲み物はコレ

髪に悪い飲み物なんてあるの?

ただの飲み物だから、髪には何も影響がないのでは?

って思いますよね。

しかし、実は髪に悪い飲み物っていうのはあります。

そこで、髪に悪い飲み物はどんな飲み物なのかっていうと

コーヒー
アルコール類
糖分の多い炭酸飲料

などです。

どれも美味しくて普段からよく飲む飲み物ばかりだと思います。

これらの飲み物自体が髪に悪い影響を与えてしまうっていうことではないのですが

飲み過ぎてしまったりしてしまうと、髪に悪い影響を与えてしまいます。

コーヒーが悪い原因

コーヒーが髪に悪い原因は、コーヒーを飲み過ぎてしまうと

眠れなくなってしまう
髪の栄養素を作れなくなってしまう

などのことが起こってしまうからです。

コーヒーには、カフェインが多く含まれていますよね。

それによって眠気を覚ましたりしてくれます。

日中だったらいいのですが、夜に眠れなくなってしまうと睡眠時間が短くなってしまいます。

睡眠時間が短くなってしまうと、髪や頭皮の状態が悪くなってしまいます。

そして、コーヒーにはタンニンという成分も含まれています。

このタンニンという成分を多く摂取してしまうと、体内の亜鉛が少なくなってしまいます。

亜鉛が少なくなってしまうと、髪の栄養素であるケラチンというタンパク質をうまく作り出していくことができなくなってしまいます。

髪に必要な栄養素が少ないと、自然と髪の状態は悪くなっていってしまいます。

コーヒーが髪に悪い原因は、これらのことが起こりやすくなってしまうからです。

アルコール類が悪い原因

アルコール類が髪に悪い原因は、ビールやお酒などのアルコール類を飲み過ぎてしまうと

頭皮の皮脂の分泌量が多くなる
眠りにくくなる
髪の栄養素を作れなくなってしまう

などのことが起こってしまうからです。

ビールやお酒などのアルコール類を飲むと、自然と皮脂の分泌量が多くなります。

顔がてかりやすくなってしまうのも皮脂の分泌が多くなるからです。

頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまうと、毛穴が詰まったりして頭皮の状態が悪くなってしまいます。

頭皮の状態が悪くなってしまうことによって、髪にも悪い影響を与えてしまいます。

そして、アルコール類を飲んだ後っていうのは、気分が高ぶって眠れなくなってしまいますよね。

それによって、睡眠時間が短くなってしまい髪に悪い影響を与えてしまいます。

更に、飲んだアルコール類を分解するのに、ビタミンBが多く必要になったり肝機能の機能が低下したりしてしまいます。

それによって、タンパク質やビタミンBが少なくなり、髪の栄養素であるケラチン(タンパク質)がうまう作れなくなってしまいます。

アルコール類が髪に悪い原因は、これらのことが起こりやすくなってしまうからです。

スポンサーリンク

糖分の多い炭酸飲料が悪い原因

糖分の多い炭酸飲料が髪に悪い原因は

頭皮の皮脂の分泌量が多くなる

などのことが起こりやすくなるからです。

糖分の多い炭酸飲料っていうと、コーラーやサイダーなどの飲み物ですね。

頭皮の皮脂の分泌量が多くなってしまうと、先ほども書いたように毛穴が詰まりやすくなり頭皮の状態が悪くなってしまいます。

髪に悪い飲み物は、これらのことが起こりやすくなってしまい髪に悪い影響を与えてしまいます。

髪を細くし抜け毛が増える原因となってしまう髪に悪い食べ物については、コチラの記事に書いてあります。

髪が細く抜けやすくなる悪い食べ物はコレ!

髪に悪い飲み物を飲む時の注意点

髪に悪い飲み物については、わかってもらえたと思います。

しかし、これらの飲み物は毎日の生活の中で、息抜きだったりリフレッシュだったりなどの効果がある飲み物ですよね。

なので、いくら髪に悪いからといって、全く飲まないっていうことは逆にそれが大きなストレスになってしまって髪に悪い影響を与えてしまいます。

そこで、これらの髪に悪い飲み物を飲む時に、髪に悪い影響を与えない為に注意してほしいことは

飲み過ぎないこと

です。

これらの髪に悪いと言われている飲み物は、飲み過ぎてしまうと上記で書いたような悪い影響を髪に与えてしまいます。

なので

コーヒーの場合は、1日に1~2杯だけ

アルコール類の場合は

ビールなら1日に1本だけ

ワインなら1日に200mlまで

糖分の多い炭酸飲料の場合は、1日に1~2本だけ

に抑えるようにして、飲み過ぎないようにしてください。

そして、コーヒーの場合は夜に飲まないことです。

コーヒーを夜に飲んでしまうと、どうしてもカフェインの影響で眠りにくくなってしまいます。

なので、コーヒーを飲むのは、寝る5時間前までにしてください。

そうすることによって、髪に悪い影響を与えないようにすることができます。

髪に良い飲み物については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪に良いおすすめの飲み物はコレ!

まとめ

髪に悪い飲み物はコレ!原因と飲む時の注意点!について書いていきました。

髪に悪い飲み物は

コーヒー
アルコール類
糖分の多い炭酸飲料

などを多く飲み過ぎてしまうことです。

それが原因で、髪や頭皮の状態が悪くなってしまい、髪に悪い影響を与えてしまいます。

なので、髪に髪に悪い影響を与えないようにする為に、1日に飲む量を抑えて飲み過ぎないように注意してください。

頭皮の皮脂の分泌量を抑えて髪のべたつきを無くしていくおすすめの食べ物については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮の皮脂を抑えるおすすめの食べ物はコレ!

髪をできるだけ早く伸ばしていくのにおすすめの栄養素を含んだ食べ物については、コチラの記事に書いてあります。

髪の毛を早く伸ばしていくのに必要な食べ物はコレ!

髪を太く育てていくのにおすすめの食べ物や必要な栄養素などについては、コチラの記事に書いてあります。

髪を太く健康にする食べ物と栄養素はコレ!

スポンサーリンク