髪が伸びるのが遅い

髪がなかなか伸びてくれない

髪が伸びるスピードって人によって違いますよね

髪が伸びるのが早すぎてすぐに長くなってしまうのも困ってしまうけど

伸びるスピードが遅くてなかなか髪が伸びてくれないのは、もっと困ってしまいます。

そこで、髪が伸びるスピードが遅い原因は一体何なのか

髪が伸びるのが早い人と遅い人は何が違うのか

髪が伸びるのが遅い人に多い特徴や髪の伸びを早く良くするコツなどについて書いていきます。

スポンサーリンク

髪が伸びる仕組み

髪が伸びるスピードは人によってそれぞれ違いますよね

そこで、まずはどうして髪が伸びて育っていくのか

髪が伸びる仕組みはどうなっているのかっていうと、髪は毛根にある毛母細胞という細胞が細胞分裂することで伸びていきます。

この毛母細胞が活動していくのは

毛細血管から毛母細胞に血液が届く

血液中に含まれている栄養素が毛母細胞に届く

毛母細胞が細胞分裂を行う

このような流れの仕組みで、髪が伸びていきます。

つまり、髪が伸びる仕組みは、毛母細胞が血液中に含まれている栄養素をしっかりと吸収して細胞分裂を活発にさせていくからです。

髪が伸びる長さ

髪が伸びる長さは、人によって違いはありますが、だいたい1日にだいたいo.3mmほどです。

なので、1カ月でだいたい10mmほどですね。

そして、髪っていうのは、いつまでもずっと伸び続けることはできなくて

ヘアサイクルという

成長期

退行期

休止期

っていう周期があり、成長期が終わると髪は伸びなくなります。

そして、そのまま髪の成長が終わって、あとは自然に抜けていき新しい髪の毛がまた下から生えてきます。

髪が伸びるのが遅い原因はコレ

髪が伸びる仕組みについては、わかってもらえたと思います。

そこで、髪が伸びるのが遅い原因は、毛母細胞が細胞分裂を活発に行うことができなくなってしまっているからです。

その大きな原因は

血行不良
栄養不足

この2つのことが、毛母細胞の働きを悪くしてしまっていて細胞分裂がうまく行うことができなくなってしまっています。

血行不良によって、血液の循環が悪くなってしまっていると、毛母細胞までうまく血液を循環させていくことができなくなってしまいます。

特に毛母細胞に血液を送る毛細血管は、とても細い血管なので血行不良になってしまうとうまく血液を届けることができなくなりやすいです。

そして、血液中に含まれている栄養素が少ないと、いくら血液を毛母細胞に届けても栄養不足で細胞分裂をうまく行っていくことができません

髪が伸びるのが遅い人の特徴はコレ

髪が伸びるのが遅い原因については、わかってもらえたと思います。

髪が伸びるのが遅い人は、血行不良や栄養不足などを起こしやすくしてしまっていることが多いです。

そこで、髪が伸びるのが遅い人の特徴としては

ストレスを感じやすい人
食生活が乱れている人
睡眠時間が短い人
夜更かしが多い人
運動不足の人
頭皮を綺麗に洗えていない人
喫煙している人

などが多いです。

ストレスを感じやすい人

ストレスを感じやすい人っていうのは、血行不良になりやすくなってしまいます。

ストレスを感じた時っていうのは、自然と体がそのストレスに対抗しようとして体に力が入ってしまったり、興奮状態に近い状態になります。

この体に力が入っていたり、興奮状態だと血管が圧迫されてしまっていたり自律神経が乱れてしまったりして、血液の流れが悪くなってしまいます。

食生活が乱れている人

食生活が乱れている人っていうのは、栄養不足になりやすくなってしまいます。

バランスのとれた食生活がとれていなくて、好きな食べ物ばかり多く食べてしまっていると栄養のバランスが乱れてしまいますし

朝昼晩としっかりと1日3食食べていないと、自然と栄養不足になってしまいますよね。

睡眠時間が短い人

睡眠時間が短い人っていうのは、血行不良になりやすくなってしまいます。

睡眠時間が短いっていうことは、それだけ体や精神的な疲労を回復させていくことができなくなってしまいます。

それによって、肉体的ストレスや精神的ストレスが溜まってしまいストレスを多く抱え込んでしまっている状態と同じになってしまいます。

更に、頭皮の状態も悪くなり更に血液の循環を悪くさせていってしまいます。

夜更かしが多い人

夜更かしが多い人っていうのは、朝起きる時間が遅い人っていうことです。

髪が一番伸びやすい時間帯っていうのは、1日の中でも午前中が一番伸びやすいです。

その時間帯に起きていることで、髪が一番伸びやすくなります。

寝ている時っていうのは、体の機能の多くが休んでいるので血液の流れもゆっくりになりますし、毛母細胞の働きも低下しています。

スポンサーリンク

運動不足の人

運動不足の人っていうのは、血行不良になりやすくなってしまいます。

運動不足の人は、筋肉をあまり動かさないので弱っていってしまいます。

体内の血液を循環させていくれているのは、筋肉が伸びたり縮んだりする伸縮によって循環されていきます。

その筋肉が弱ってしまうと、血液をうまく体内で循環させていくことができなくなってしまいます。

頭皮を綺麗に洗えていない人

頭皮を綺麗に洗えていない人っていうのは、血行不良になりやすくなってしまいます。

頭皮を綺麗に洗えていないっていうことは、毛穴に詰まっている皮脂などが頭皮に多く付着してしまっています。

その皮脂が紫外線や活性酸素などによって、酸化(サビ)してしまい頭皮の状態が悪くなってしまいます。

頭皮の状態が悪くなってしまうことによって、血液の流れが悪くなってしまいます。

喫煙している人

喫煙している人っていうのは、血行不良になりやすいです。

タバコには、ニコチンが含まれています、

そのニコチンが血管を縮めてしまい血液の循環を悪くしていまいます。

髪の伸びを早く良くするコツ

髪の伸びを早くして良くするコツは、遅くなってしまっている原因をしっかりと改善していくことです。

つまり

血液の循環を良くする
髪を育てる栄養素をしっかりと吸収する

ことです。

その為に

・ストレスをうまく発散させていく
・規則正しい食生活をする
・血行を良くする食べ物を食べる
・髪の栄養素を作り出す食べ物を食べる
・睡眠をしっかりととっていく
・夜更かしせずに朝しっかりと起きる
・適度に体を動かす
・頭皮を綺麗に洗う
・禁煙する

などを、毎日の生活の中で心がけていくようにしてください。

髪を早く伸ばす方法や対策については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

髪を早く伸ばす為に必要な対策方法はコレ!

まとめ

髪が伸びるのが遅い原因と遅い人の特徴はコレ!良くするコツ!について書いていきました。

髪が伸びるのが遅い原因は

血行不良
栄養不足

からです。

血行不良や栄養不足によって、髪を伸ばして成長させていく毛母細胞の細胞分裂が活発に機能しなくてなっています。

そして、髪が伸びるのが遅い人の特徴は、この2つの原因を毎日の生活習慣の中で気づかないうちに起こしてしまっているので注意してください。

なので、髪を早く伸ばしたい時は、原因となっている生活習慣を改善して

血液の循環を良くする
髪を育てる栄養素をしっかりと吸収する

ように心がけていくようにしてください。

髪を早く伸ばしていくのに効果的な食べ物については、コチラの記事に書いてあります。

髪を早く伸ばすのにおすすめの食べ物!

髪が細くなってしまっているのを太い髪に戻していくのに必要な栄養素や食べ物などについては、コチラの記事に書いてあります。

太くて健康な髪を作り出す食べ物!

スポンサーリンク