頭皮が硬くなる原因は何か

頭皮を触るとカチカチに硬くなっていて、全然弾力がないし動かない

そんな頭皮が硬くなる原因や

頭皮が硬くなることで出る注意してほしい症状

そして、頭皮が硬いのを改善していく対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

頭皮が硬くなる原因はコレ

頭皮が硬くなる原因は

頭皮の血行が悪くなっている
頭皮のコラーゲンが不足している

ことが、大きな原因です。

頭皮の血行が悪くなり、血液の循環が悪くなってしまうと頭皮が硬くなってしまいます。

そして、頭皮は

・表皮
・真皮
・皮下組織

っていう3つの階層から作られています。

その真皮っていう階層は、約70%がコラーゲンです。

なので、コラーゲンが不足してしまうと、頭皮は硬くなってしまいます。

この頭皮が硬くなる原因を作り出してしまっているのが

睡眠不足
食生活の乱れ

ストレス
姿勢が悪い
目の疲れ
身体の冷え
加齢

などです。

睡眠不足

睡眠不足によって睡眠時間が短いと身体や頭を休ませることができなくなってしまいます。

それによって、自律神経が乱れてしまい頭皮の血行が悪くなってしまいます。

更に、睡眠不足によって睡眠中に分泌される成長ホルモンが少なくなってしまいます。

成長ホルモンが少ないと頭皮を修復していくことができなくなります。

それによって、頭皮の状態が悪くなり頭皮の血行が悪くなってしまいます。

食生活の乱れ

食生活の乱れっていうのは、脂っこい食べ物や糖分の多い甘い食べ物などを多く食べてしまっていると、血液がドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになってしまうことで、流れが悪くなり、それが頭皮の血行を悪くしていってしまいます。

ストレス

ストレスも睡眠不足と同じで自律神経が乱れてしまい頭皮の血行が悪くなります。

ストレスを多く受けている時っていうのは、体は自然と興奮状態になっています。

この興奮状態が長いと、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなってしまい自律神経が乱れてしまいます。

更に、興奮状態の時っていうのは、体に力が入っているので血管が収縮されて血液の流れが悪くなってしまいます。

姿勢が悪い

姿勢が悪いっていうのは

・長時間同じ姿勢でいたり
・座りっぱなしでいたり
・猫背になっていたり

などです。

このような姿勢が悪い状態が長いと、筋肉が硬くなってしまい血液の流れが悪くなってしまいます。

特に、首や肩などの筋肉が硬くなり凝ってしまうと、頭皮の血行がより悪くなってしまいます。

目の疲れ

目の疲れっていうのは、目が疲れてくると目の周りの筋肉が硬くなってしまいます。

目の周り筋肉が硬くなってしまうと、頭皮の血行も悪くなってしまいます。

特に、長時間スマホやパソコンを見ている時などは、目が思っている以上に疲れてくるので注意してください。

身体の冷え

身体の冷えっていうのは、身体が冷えてしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。

それが、頭皮の血行も悪くしていってしまいます。

寒い冬の季節はもちろんですが、夏の冷房や冷たい飲み物の飲み過ぎなどでも身体が冷えてしまうので注意してください。

加齢

加齢っていうのは、加齢によって身体の新陳代謝が悪くなってしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。

更に、頭皮のコラーゲンも自然と加齢によって減少していってしまいます。

これらのことが、原因となってしまい頭皮が硬くなっていってしまいます。

スポンサーリンク

頭皮が硬くなると出る注意する症状

頭皮が硬くなる原因については、わかってもらえたと思います。

そして、頭皮が硬くなると出る起こりやすい注意してほしい症状としては

髪が細くなる
抜け毛が増える
肩こりが酷くなる
頭痛がする

などです。

髪が細くなる

頭皮が硬くなると、頭皮の血行が悪くなってしまいます。

頭皮の血行が悪くなってしまうと、血液中に含まれている栄養素や酸素などが髪に運ばれにくくなってしまいます。

そうなってしまうと、髪を太く成長させていくことができなくなってしまい髪が細くなっていってしまいます。

抜け毛が増える

頭皮が硬くなると、髪が細くなっていってしまいますよね。

そして、髪がドンドンと細くなっていってしまうと抜けやすくなってしまいます。

更に、頭皮が硬いっていうことは、それだけ頭皮の弾力も無くなってしまいます。

頭皮の弾力が無くなってしまうと、髪の毛根をしっかりと支えていくことができなくなってしまい抜けやすくなってしまいます。

肩こりがひどくなる

頭皮が硬くなると、それだけ頭皮のコリがひどくなってしまいます。

そうなってしまうと、自然と頭皮に近い肩の周りの筋肉なども凝りやすくなり硬くなっていってしまいます。

更に、血液の流れが悪いことも重なってしまい、肩こりがひどくなっていってしまいます。

頭痛がする

頭皮が硬くなると、肩こりがひどくなりますし、首まわりの筋肉も凝ってきます。

肩や首まわりのコリがひどくなってしまうと、緊張型頭痛という頭痛が起こりやすくなってしまいます。

緊張型頭痛は、頭をきつく締め付けられているような感じの痛みです。

このような症状が、頭皮が硬くなると出やすくなってしまうので注意してください。

頭皮が硬い時の改善対策はコレ

頭皮が硬くなってしまうと、髪が細くなってしまったり、抜け毛が増えてしまったりなど様々な悪い症状が起こりやすくなってしまいます。

なので、頭皮が硬い時は、頭皮を柔らかく柔軟な頭皮に戻していかなくてはいけません

そこで、頭皮が硬い時の頭皮を柔らかくする改善対策として

頭皮マッサージをする
生活習慣を改善する
コラーゲンを増やす

などがおすすめです。

頭皮マッサージをする

硬くなってしまっている頭皮を柔らかくする頭皮マッサージのやり方は

耳の上のこめかみを指で押し上げる
頭皮全体を指でゆっくりと揉んでいく

などです。

頭皮が一番硬くなってしまっているのは、頭頂部です。

なので、こめかみを指で押し上げることで、頭頂部の突っ張りを減らしいくことができます。

そして、頭皮全体をゆっくりと指で揉んでいくことで、頭皮全体のコリを解消していくことができます。

頭皮が硬くなってしまっている時は、柔らかくしていくのに頭皮マッサージは欠かせない改善対策です。

頭皮を柔らかくするおすすめの頭皮マッサージのやり方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

硬い頭皮を柔らかくする頭皮マッサージのやり方!

生活習慣を改善する

生活習慣を改善するっていうのは、上記で書いた頭皮が硬くなってしまう原因を作ってしまう

・睡眠不足
・ストレス
・姿勢が悪い

などを改善していきます。

睡眠不足にならないように、毎日7時間以上は睡眠時間をとってぐっすりと寝ていく

ストレスを溜め込まないように、ストレス発散を心がける

姿勢が悪くならないように、長時間同じ姿勢をしないようにしたり、猫背にならないようにする

などの生活習慣の改善対策をしていってください。

コラーゲンを増やす

コラーゲンを増やすっていうのは、コラーゲンを多く含んでいる食べ物をバランスよく食べていくことです。

コラーゲンを多く含んでいる食べ物として食べやすいのは

豚バラ
鶏皮

などです。

後は、うまくコラーゲンを摂取できるようにビタミンCを多く含んでいる食べ物も一緒に食べていくようにしてください。

これらが、頭皮が硬くなっている時に、柔らかく戻していくための改善対策としておすすめです。

硬くなっている頭皮を早く柔軟で柔らかくしていく方法とコツについては、コチラの記事に書いてあります。

頭皮を早く柔らかくするコツと対策方法はコレ!

まとめ

頭皮が硬くなる原因!注意する症状と改善対策はコレ!について書いていきました。

頭皮が硬くなる原因は

頭皮の血行が悪くなっている
頭皮のコラーゲンが不足している

などによってです。

そして、これらの原因を作り出してしまうのは

睡眠不足
食生活の乱れ

ストレス
姿勢が悪い
目の疲れ
身体の冷え
加齢

などによってです。

頭皮が硬いと、髪が細くなってしまったり、抜け毛が増えてしまったり、肩こりや頭痛などの症状が起こりやすくなってしまいます。

頭皮が硬くなってしまっている時は、頭皮マッサージや生活習慣の改善などの対策を心がけるようにしてください。

頭皮が硬くなってしまっているかどうかをチェックする簡単なやり方については、コチラの記事に書いてあります。

頭皮が硬いかどうかを調べる方法はコレ!

スポンサーリンク