暑くて寝苦しい夜が続いて睡眠不足で体がだるい

すぐにぐっすりと快眠できるようにしたい

夏の暑い熱帯夜に横になってもなかなか眠れず寝返りばかりが多くなってしまい寝苦しい夜が続いてしまいます。

そんな夏の寝苦しい夜に必要な対策は何なのか

すぐに快眠できるおすすめの対処法について書いていきます。

暑い夏の季節は日中にかなりの体力を消耗してしまうので夜はしっかりと熟睡して疲労を回復させていかなくてはいけませんからね。

スポンサーリンク

寝苦しい夏の夜に必要な対策

うだるような暑さが連日続く夏の熱帯夜

そんな熱帯夜で一番困ってしまうのが布団に入っても眠れない寝苦しい夜の時間です。

スッと寝ていく眠りについていく為に必要なこと

深部体温(体内の体温)が低くなること
体と脳がリラックスしていること

この2つのことがとても重要になってきます。

しかし夏の暑い季節は

部屋が暑くなってしまっている

部屋の湿度が高くなってしまっている

などのことによって

深部体温を下げていくことができない
体と脳をリラックスさせていくことができない

状態になってしまっています。

日中に部屋が物凄く暑くなってしまっていますし夜も気温が下がらずずっと暑い状態になってしまっているので部屋の温度が下がらない

部屋の温度が下がらないと湿度もドンドン高くなっていってしまう

暑い場所にいると体も火照ってしまいなかなか体温を下げていくことが出来なくなってしまいます。

湿度が高いことによって汗をかいてもその汗を蒸発させていくことができないので体温を下げていくことができない

そして暑いのに更に湿度が高いことによって蒸し暑さを感じてしまいそれがイライラしてしまう原因になってリラックスできなくなってしまう悪循環によって寝苦しくなってしまいます。

なので寝苦しい夏の夜にスッと眠りについていけるようにするには

部屋の温度を下げること
部屋の湿度を下げること

が必要な対策になってきます。

眠りについやすい部屋の温度は26℃前後そして湿度は50~60%です。

すぐ快眠していく為のおすすめの対処法

寝苦しい夏の夜に必要な対策は部屋の温度を下げることと湿度を下げることが大事ということについてはわかってもらえたと思います。

そこで快眠していく為のおすすめの対処法として

エアコンを使った快眠対策
扇風機を使った快眠対策

があります。

エアコンを使った快眠対策

エアコンを使った快眠対策は誰もが真っ先に実行する寝苦しい夏の夜の対策です。

しかしただ単にエアコンをつけて設定温度を低くしていくだけでは朝起きた時に体に不調が出てしまったりしてしまいます。

そこでエアコンを使った快眠対策のポイント

寝る1時間前にエアコンをつけて設定温度は低くしておく
寝る時にタイマーを3時間にして設定温度を26℃くらいにする
扇風機やサーキュレーター使って部屋全体を冷やす

です。

まずは寝る1時間前にエアコンをつけて設定温度を低くしてください。

そうすることによってまずは部屋全体の温度が下がりますし冷房によって部屋の湿度も下げることができ寝やすい環境を作り出していくことができます。

そして布団に入る時に設定温度を少し上げてだいたい26℃くらいにしておきます。

後はタイマーをつけて3時間後に切れるようにします。

クーラーをつけっぱなしで朝まで寝てしまうと自律神経が乱れてしまいクーラー病などによって体がだるくなってしまったり頭痛などの症状が出てしまったりしてしまいます。

なぜ3時間後にエアコンが切れるようにするのがおすすめなのかっていうと寝ている時にもっとも深く熟睡している時間帯は寝始めてからだいたい3時間くらいだからです。

この寝始めて最初の3時間で一気に深い眠りに入り体の疲れを回復させていってくれます。

なので一番眠りの深い状態の時だけクーラーをつけて快眠できるようにしておいてください。

そして冷たい冷えた空気は下の方に溜まってしまうのでその冷えた空気を部屋全体に上手く届ける為に扇風機やサーキュレーターなどを一緒に使うとより効果的に部屋全体を涼しくしていくことができます。

部屋全体をしっかりと冷やして涼しくしていくことによってエアコンのタイマーが切れた後でも部屋の温度が高くなってしまうのを予防していってくれます。

エアコンの冷房の効きが悪くなってしまう原因や暑い部屋を即効で涼しくしていく方法などについてはコチラの記事に書いてあります。

エアコンの効きが悪い原因と対処法!

扇風機を使った快眠対策

扇風機を使った快眠対策っていうのは寝る時はあまりエアコンをつけたくない使いたくない場合の快眠対策です。

準備してほしい物は

扇風機2台もしくは扇風機とサーキュレーター
凍ったペットボトル
除湿器
タオル
保冷剤

です。

まずは除湿器をつけて部屋の湿気を取り除いていき湿度を下げるようにしてください。

そして1台の扇風機は体全体にしっかりと送風が当たるようにしてください。

この時に扇風機の前に凍ったペットボトルなどを置いておくと冷えた風を上手く作り出していくことが出来るのでおすすめです。

足元に上手く冷たい空気を送るようにすると深部体温を効率よく下げていくことができます。

そしてもう一台の扇風機やサーキュレーターで部屋の空気がしっかりと循環できるようにしてください。

そしてより効率よく深部体温を下げていく為に保冷剤などをタオルにくるんで脇の下や太ももの付け根そして首などを冷やしてください。

脇の下や太ももの付け根や首には血管が多く集まっているのでそこを冷やすことによって体温を効率よく下げていくことができます。

エアコンを使わずに部屋を涼しくしていく対策についてはコチラの記事にも書いてあります。

エアコンが使えない時の部屋を涼しくするコツ!

スポンサーリンク

熱帯夜に寝やすい状態を作るコツ

エアコンや扇風機などを使った快眠対策についてはわかってもらえたと思います。

そして後重要になってくるのが寝やすい体の状態を作っていくことと寝やすい環境を作っていくことです。

寝やすい体の状態を作っていくコツ

寝やすい体の状態を作っていくコツとしては

寝る2時間前にぬるま湯に15~20分入浴する
速乾性のあるパジャマを着る

などです。

寝る2時間前にお風呂に入る

寝る2時間前にお風呂に入るっていうのは暑い夏っていうのはどうしてもシャワーが多くなってしまいます。

しかしシャワーでは汗や体の汚れを綺麗に落としていくことはできでも体の疲れを上手くとっていくことできません

なので出来るだけお風呂に入って入浴するようにしてください。

そしてぬるま湯にゆっくりと入ることによって自律神経を落ち着かせてリラックス状態を上手く作り出していくことができますし

入浴によって体が一度温かくなると自然とその体温は下がりやすくなるので寝る2時間前にお風呂に入ることによって寝る時に深部体温が下がりやすくなります。

速乾性のあるパジャマを着る

速乾性のあるパジャマを着るっていうのは寝ている時っていうのは汗をかきやすいですし夏は特に汗が多く出ます。

その汗がなかなか乾かないとそれだけで体は不快を感じてしまうのでできるだけ速乾性の高い乾きやすいパジャマを着るようにしてください。

後はパジャマを着ないで下着だけで寝ている人も多いですがパジャマを着ないと布団に多くの汗がついてしまいますし

布団についた汗によって布団の中の湿度が高くなってしまうのでちゃんとパジャマを着るようにしてください。

寝やすい環境を作るコツ

寝やすい環境を作るコツとしては

部屋のドアは開けておく
すだれや遮光カーテンをつける
窓から離れた場所で寝る

などです。

部屋のドアは開けておく

部屋のドアは開けておくっていうのは部屋のドアを閉めっぱなしにしてしまっていると熱がこもってしまったり湿度が高くなりやすくなってしまいます。

なので日中はもちろんしっかりと部屋のドアは開けておくようにしてください。

そして夜寝る時もできるだけドアは開けておくようにしてください。

扇風機だけを使っている場合は空気を循環させるのに部屋のドアを開けておくのはわかるけどエアコンをつけている時も部屋のドアは開けておくの?って思いますが

エアコンをつけている時もできれば部屋のドアは開けておくようにしてください。

すだれや遮光カーテンをつける

すだれや遮光カーテンをつけるっていうのは直射日光をできるだけ遮ることによって部屋の中ができるだけ暑くならないように予防していくことができます。

窓から離れた場所で寝る

窓から離れた場所で寝るっていうのは窓に近い場所っていうのは部屋の中でも一番暑くなってしまっている場所です。

なので出来るだけ窓から離れた涼しい場所で寝るようにしてください。

イライラしている気持ちをリラックスさせていく効果あるツボやストレッチのやり方についてはコチラの記事に書いてあります。

イライラを上手く無くすツボとストレッチ方法!

まとめ

寝苦しい夜の対策はコレ!すぐ快眠できるおすすめの対処法について書いていきました。

夏に寝苦しくなってしまう原因は部屋が暑く湿度が高くなってしまっていることによって深部体温を上手く下げれないリラックスした状態を作っていくことが出来ないからです。

なのでエアコンを使ったり扇風機を使ったり除湿器を使ったりして効率よく部屋の温度と湿度を下げるようにしていってください。

そしてより寝やすい状態を作っていく為に夏でもお風呂に入るようにしていったりすだれや遮光カーテンで直射日光を出来るだけ防いでいくようにしてください。

エアコンをつけた時に臭い臭いがしてしまう原因や臭い取りにおすすめの対策などについてはコチラの記事に書いてあります。

エアコンが臭い原因と対処法!

嫌な夢ばかり見てしまう時に注意してほしい原因などについては、コチラの記事に書いてあります。

嫌な夢を多く見てしまう原因は何か!

嫌な夢を見てしまった時の対処法や早く忘れる為の方法については、コチラの記事に書いてあります。

嫌な夢や怖い夢を見てしまった時の対処法!

スポンサーリンク