部屋を涼しくしたい

普段暑い時はエアコンを使って涼しくしているけど故障してしまっている時などエアコンが使えない状態の時があります。

そんなエアコンが使えない時にできるだけ部屋を涼しくしていく快適に過ごせるようにしていく寝やすくしていく為に部屋を涼しくしていくおすすめの対処法や

暑くなってしまっている体を冷やして涼しくしていく効果的な方法などについて書いていきます。

スポンサーリンク

部屋を涼しくするおすすめの5つの方法

暑い時はエアコンをつけて部屋を涼しくして快適に過ごしています。

しかしエアコンが無い場所や故障してしまっていて使えない時などは部屋が暑くて困ってしまいます。

そんな部屋が暑くなってしまっている状態を涼しくしていくのにおすすめの5つの方法があってそれが

扇風機を使う
除湿器を使う
打ち水をする
保冷剤を使う
直射日光を防ぐ

です。

扇風機を使って部屋を涼しくする方法

扇風機を使って部屋を涼しくする方法としてはまずは部屋の暑い空気を外に逃がしていく為に窓を開けて扇風機の風が外に向くようにしてください。

暑い時っていうのは扇風機の風をすぐに自分に向けますがまずは暑い空気をしっかりと外に放出していくようにしてください。

そして部屋の窓はもちろんのこと他の部屋の窓やお風呂場の窓や換気扇などもつけてしっかりと空気が流れるようにしてください。

出来れば玄関も少し開けておくのがおすすめです。

扇風機が数台ある場合は窓を開けている場所に扇風機をそれぞれ置いてしっかりと空気が流れるようにして置いたり

サーキュレーターがある場合は部屋の天井などの空気も効率よく循環できるのでより効果的です。

そして少し部屋の暑さが落ち着いてから扇風機を自分に向けていってください。

除湿器を使って部屋を涼しくする方法

除湿器を使って部屋を涼しくする方法っていうのは除湿器を使うと部屋の湿気をとっていってくれます。

部屋の湿度を下げることによって体感温度を下げていくことができます。

打ち水をする

打ち水をするっていうのは窓の外やベランダなどに水を撒くっていうことです。

水を撒く事によってその水が熱によって蒸発します。

この蒸発によって空気中に含まれている熱を奪っていき部屋を涼しくしていってくれます。

バケツなどに水を入れて部屋に置いておくのもおすすめの方法です。

保冷剤を使って部屋を涼しくする方法

保冷剤を使って部屋を涼しくする方法っていうのは保冷剤を扇風機の前に置いて冷たい冷えた風を発生させて部屋を涼しくします。

保冷剤が無い場合はバケツに氷水を入れて扇風機に前に置いておくだけでも先ほど書いた蒸発によって空気が涼しくなるのでおすすめです。

直射日光を防ぐ

直射日光を防ぐっていうのは遮光カーテンを使ったりすだれを設置したりして直射日光が部屋に当たらないようにしていきます。

遮光カーテンの種類によっては空気の通りが悪くなってしまうものもあるので遮光レースカーテンなどがおすすめです。

スポンサーリンク

体を冷やすおすすめの方法

部屋を涼しくするおすすめの5つの方法についてはわかってもらえたと思います。

上記で書いた5つの方法をやりながら更に快適に過ごしていくには体を冷やしていくことです。

そこで体を効果的に冷やしていく方法としてまずは準備してほしいのが

タオル
保冷剤もしくは氷

です。

タオルに保冷剤か氷を入れて包みます。

その冷えたタオルを体に当てていくのですが効率よく体を冷やしていくには血管が多く集まっている場所を冷やしていくことがポイントです。

そこで効率よく効果的に体冷やしていく場所として

脇の下
太ももの付け根
首の左右

です。

暑くて寝苦しい夜も上記の3つの場所を冷やしていくことで体温が下がり寝やすい状態を作り出していくことができます。

まとめ

部屋を涼しくする方法!エアコンが使えない故障時の対処法について書いていきました。

普段何気なく使っているエアコンなどが使えない時っていうのは部屋の中が暑くて物凄く不快な思いをしてイライラしてきてしまいます。

そんな時に部屋を涼しくしていく方法は

扇風機を使う
除湿器を使う
打ち水をする
保冷剤を使う
直射日光を防ぐ

です。

そして体を効率よく効果的に冷やしていって少しでも快適に過ごしていけるようにしてください。

エアコンをつけていてもなかなか上手く部屋が涼しくならないエアコンが効かない時の対策についてはコチラの記事に書いてあります。

エアコンが効かなくなる原因と対策方法!

車のエアコンが効かなくなってしまう原因や車内を即効で涼しくしていく為の対処法についてはコチラの記事に書いてあります。

車のエアコンが効かない原因と対処法!

スポンサーリンク