エアコンは寝るときはつけっぱなしがいいのか

それともタイマーにしてつけっぱなしにしない方がいいのか

夏の暑くて寝苦しい夜は、エアコンの冷房をつけないと寝れないですよね。

しかし、エアコンはつけっぱなしがいいのか、それともタイマーをつけた方がいいのか悩んでしまいます。

エアコンをつけっぱなしで寝るのは、体に悪いって昔からよく言われていますからね。

そこで、エアコンをつけて寝るときの正しいつけ方や注意点などについて書いていきます。

スポンサーリンク

エアコンは寝るときはつけっぱなし?

エアコンをつけて寝るときに、悩むのが朝までつけっぱなしがいいのか

それともタイマーにして数時間後に切れるようにした方がいいのか

ですよね。

夜でも暑い熱帯夜は、できればエアコンをつけっぱなしで寝たいけど、体によくないって聞きますし

電気代が高くなってしまうのではないかと心配してしまいます。

でも、タイマーにするとエアコンが切れた時にまた部屋が暑くなってしまって目が覚めてしまったりするから嫌だなって思ったりします。

そこで、結論から言うと暑い熱帯夜の時は、エアコンはつけっぱなしで寝るのが良いです。

エアコンをつけっぱなしで寝ても、設定温度が低くなりすぎていなければ体には悪くないですし、電気代も思っているほど高くはなりません

つけっぱなしがいい理由

エアコンをつけっぱなしで寝るのがいい理由は

・朝までぐっすりと寝れる
・体の疲れをしっかりと回復できる
・寝汗をかきにくくなる

からです。

エアコンをつけっぱなしで寝ることで、朝まで部屋の温度が高くなることを防いでいくことができます。

それによって、朝までぐっすりと熟睡して寝ていくことができるので、体の疲れもしっかりと回復させていくことができます。

更に、寝汗をかきにくくなります。

エアコンが切れると部屋の温度は、自然とまた高くなっていきますよね。

そうなると、寝汗を沢山かいてしまいます。

寝汗を沢山かいてしまうっていうことは、体温を下げるために、それだけ体が体温調節を頻繁に行っています。

体温調節を頻繁に行っていると、それだけ体は活発に動いてしまっているので疲労が溜まってしまいます。

なので、暑い熱帯夜などは、エアコンを朝までつけっぱなしで寝るのがいいです。

エアコンの寝るときの正しい使い方

暑い熱帯夜などは、エアコンは寝るときもつけっぱなしが良いということは、わかってもらえたと思います。

しかし、いくらエアコンをつけっぱなしで寝るのが良いといっても、使い方が悪いと体に悪い影響を与えてしまいます。

そこで、エアコンの寝るときの正しい使い方は

設定温度を2段階にする
冷房設定する
風向きを上向きにする

です。

設定温度を2段階調整する

設定温度を2段階調整するっていうのは、寝る前の設定温度は23~25度の少し低めにしておきます。

そして、布団に入って寝るときは設定温度を27~28度にして寝てください。

このようにエアコンの設定温度を2段階調整することで、部屋を涼しくすることができて

更に、寝ているときに体が冷えすぎてしまうのを防いでいきます。

冷房設定する

冷房設定するっていうのは、エアコンには「冷房」「除湿」「ドライ」などの設定があります。

「冷房」にすることで部屋の温度をキープすることができますが

「除湿」や「ドライ」の設定にしてしまうと、部屋の湿度を抑えることができますが、温度をキープすることができません

なので、冷房設定にしてエアコンを使うようにしてください。

冷房設定して部屋の温度を下げることで、湿度も抑えていくことができます。

風向きを上向きにする

風向きを上向きにするっていうのは、冷たい空気っていうのは下の方に溜まっていきます。

なので、風向きを上向きにしておくことで、自然と部屋全体を涼しくしていくことができますし

部屋全体の湿度も効率よく抑えていくことができます。

エアコンの冷房の効きが悪い時に注意してほしい原因と効きを良くする対処法については、コチラの記事に書いてあります。

エアコンの冷房の効きを良くする方法!

スポンサーリンク

エアコンをつけて寝るときの注意点

エアコンをつけて寝るときに気をつけてほしい注意点もあります。

それは

暑い熱帯夜だけつけっぱなしにする
設定温度を低くしすぎない

です。

エアコンは寝るときもつけっぱなしが良いと書きましたが、これは夏の暑い熱帯夜などの時です。

なので、それほど暑くない時などは、タイマーをつけて寝るようにしてください。

そして、エアコンの設定温度も低くしすぎないようにしてください。

なぜ、この2つのことを注意しなくてはいけないのかっていうと、寝ているときに体が冷えすぎてしまうと、「クーラー病」などになってしまうからです。

クーラー病とは何?

クーラー病っていうのは、エアコンの冷房によって体が冷えすぎてしまい

・自律神経が乱れたり
・体温調整が乱れたり

してしまいます。

それが原因で

・体がだるくなってしまったり
・食欲不振になってしまったり
・肩こりや頭痛が続いたり

など、様々な体調不良を起こしてしまいます。

なので、エアコンをつけて寝るときは、上記で書いた2つのことをしっかりと守ってください。

エアコンをつけっぱなしで寝てしまって寝起きに体がだるいのを早く治していく方法については、コチラの記事に書いてあります。

エアコンをつけて寝て体がだるい時の治し方!

まとめ

エアコンは寝るときはつけっぱなし?正しい使い方と注意点!について書いていきました。

夏の暑い熱帯夜の時などは、寝るときはエアコンをつけっぱなしで寝るようにしてください。

エアコンをつけっぱなしで寝ることによって、朝までぐっすりと寝ていくことができて睡眠をしっかりととっていくことができます。

そして、エアコンをつけっぱなしで寝るときの正しい使い方は

・寝る前までは設定温度を低くして部屋を涼しくしておく
・寝る時は設定温度を27~28度にして寝る
・「除湿」や「ドライ」にせず「冷房」にする
・風向きは上向きにしておく

です。

エアコンを正しく使って、快適にぐっすりと寝ていくようにしてください。

暑くて寝苦しい夜に、寝やすい状態をうまく作り出していくコツについては、コチラの記事に書いてあります。

暑くて寝苦しい夜の対処法!

寝つきをよくしていくために心がけてほしい対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

寝つきを良くしていく条件と対策方法!

エアコンの冷房を使わずにできるだけ部屋を涼しくする対策については、コチラの記事に書いてあります。

エアコンの冷房を使わずに涼しくする方法!

スポンサーリンク