肌が弱くて日焼け止めを塗れない時の日焼け対策の対処法はどうすればいいのか

日焼け対策といえば、日焼け止めをしっかりと塗って紫外線を防いでいくことですよね。

しかし、全ての人が日焼け止めを塗ることができるわけではなくて

肌が弱い人や敏感肌の人は、日焼け止めを肌に塗ることができません

そんな、肌が弱くて日焼け止めを塗れない時のおすすめの日焼け対策の対処法や紫外線対策

日焼け対策をしていく時に気をつけてほしい注意してほしいことについて書いていきます。

スポンサーリンク

肌が弱く日焼け止めが塗れない時の対処法はコレ

日焼け対策として、日焼け止めをしっかりと肌や顔などに塗っていきたいですよね。

しかし、肌が弱いや敏感肌の人は、日焼け止めを塗ることで日焼け止めに含まれている成分によって

肌の炎症など肌トラブルが起こってしまい日焼け止めを塗っていくことができません

なので、肌が弱く日焼け止めが塗れない時は、いったいどんな日焼け対策の対処法をとっていけばいいのか悩んでしまいます。

そんな肌が弱く日焼け止めが塗れない時の対処法は、体内から体の内側からケアをしていかなければいけません

そこで、肌が弱く日焼け止めが塗れない時のおすすめの対処法として

食べ物による日焼け対策
飲む日焼け対策

この2つの対策をしっかりと行っていくことが重要になってきます。

食べ物による日焼け対策

食べ物による日焼け対策っていうのは、抗酸化成分がある食べ物などです。

抗酸化成分がある食べ物を食べることで、紫外線によって体内で発生する活性酸素を抑えていくことができます。

活性酸素を抑えることで、肌が日焼けしてしまうのを防いでいきます。

日焼け対策におすすめの抗酸化成分がある食べ物としては

リコピンを多く含んでいる食べ物
ビタミンAを多く含んでいる食べ物
ビタミンCを多く含んでいる食べ物
ビタミンEを多く含んでいる食べ物

などです。

リコピンを多く含んでいる食べ物

リコピンを多く含んでいる食べ物は

・トマト
・プチトマト
・赤パプリカ

など、赤い食材の食べ物に多く含まれています。

リコピンを多く含んでいる食べ物は、加熱することで更に効率よくリコピンを摂取していくことができます。

後は、トマトケチャップなどにもリコピンが含まれています。

ビタミンAを多く含んでいる食べ物

ビタミンAを多く含んでいる食べ物は

・にんじん
・カボチャ
・ブロッコリー

などに多く含まれています。

ビタミンCを多く含んでいる食べ物

ビタミンCを多く含んでいる食べ物は

・レモン
・イチゴ
・赤ピーマン

などに多く含まれています。

そして、ビタミンCは水に溶けやすくて、熱に弱いので

ビタミンCをうまく摂取していくには、生で食べるのがおすすめの食べ方です。

ビタミンEを多く含んでいる食べ物

ビタミンEを多く含んでいる食べ物は

・ナッツ類
・大豆
・植物油

などに多く含まれています。

そして、ビタミンEとビタミンCは同時に摂取することで効果が高くなります。

これらの食べ物が、日焼け対策におすすめの食べ物です。

飲む日焼け対策

飲む日焼け対策っていうのは、飲む日焼け止めを飲むっていうことです。

普通、日焼け止めっていうと塗るタイプをイメージしますが、実は飲む日焼け止めもあります。

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めに比べると効果は低くなりますが、体内からしっかりと日焼け対策をしていくことができます。

おすすめの飲む日焼け止め

おすすめの飲む日焼け止めとしては

・ヘリオケア ウルトラD
・U・Vlock
・ヘリオホワイト

などです。

「ヘリオケア ウルトラD」や「U・Vlock」は、皮膚科などで販売されています。

「ヘリオホワイト」は、ドラッグストアーなどで購入することができます。

スポンサーリンク

日焼け止めが塗れない時の紫外線対策はコレ

肌が弱くて日焼け止めが塗れない時の日焼け対策については、わかってもらえたと思います。

そして、日焼け止めが塗れない時は、紫外線が直接肌に当たるのをしっかりと防いでいく紫外線対策が重要になってきます。

そこで、日焼け止めが塗れない時の紫外線対策としては

日傘
帽子
服にUVカットスプレーをかける

などですね。

日傘

日傘は、紫外線対策として一番おすすめです。

日傘でも特にUVカットがされている日傘もあります。

日焼け止めを塗れない時は、普通の日傘よりもUVカットがされている日傘を使うようにしてください。

帽子

帽子は、しっかりとツバのついた帽子をかぶるようにしてください。

ツバがしっかりとついていることで、紫外線が顔に当たるのをしっかりと防いでいってくれます。

そして、帽子にもしっかりとUVカットがほどこされている物もあります。

服にUVカットスプレーをかける

服にUVカットスプレーをかけるっていうのは、衣類専用のUVカットスプレーです。

紫外線対策というと、長袖など肌がしっかりと隠れる服装ですよね。

それも大事なのですが、衣類専用のUVカットスプレーがあるので、それを服にかけて着るようにしてください。

服の色も濃い色の方がより紫外線をブロックしてくれます。

日焼け止めが塗れない時の注意点

肌が弱く日焼け止めが塗れない時の対処法などについては、わかってもらえたと思います。

肌が弱くて日焼け止めが塗れない時は、食べ物や飲む日焼け止めなど体内から日焼けを防いでいきます。

しかし、やはり肌に直接塗るタイプの日焼け止めと比べると、日焼け止めの効果は弱いです。

そして、食べたり飲んだりするとすぐに効果が発揮できるっていう即効性はないです。

なので、紫外線が直接肌に当たらないようにしっかりと、紫外線対策をとっていってことはもちろんのこと

食べ物など食事は、毎日しっかりと意識して食べるようにして、しっかりと体内から改善していくように心がけていくようにしてください。

まとめ

肌が弱く日焼け止めが塗れない時の対処法と紫外線対策はコレ!について書いていきました。

肌が弱かったり、敏感肌など日焼け止めを肌に塗ることができない人の日焼け対策の対処法は

食べ物による日焼け対策
飲む日焼け対策

など、体内からしっかりと日焼け対策をしていくことです。

日焼け対策になる食べ物としては、抗酸化成分がある

リコピンを多く含んでいる食べ物
ビタミンAを多く含んでいる食べ物
ビタミンCを多く含んでいる食べ物
ビタミンEを多く含んでいる食べ物

などをしっかりと食べていくこと

飲む日焼け止めもしっかりと飲んでいくようにしてください。

そして、紫外線が肌に多く当たらないようにしっかりと紫外線対策をとっていくようにしてください。

家の中での紫外線対策については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

家の中でのおすすめの紫外線対策!

日焼けしてしまった時の早く日焼けの症状を抑えて治していくケア対策については、コチラの記事に書いてあります。

日焼けの辛い症状を早く治すケア対策!

マスク焼けしてしまった時のうまい隠し方と早く治すコツなどについては、コチラの記事に書いてあります。

マスク焼けを目立たなくする方法と対策!

スポンサーリンク