日焼けをしてしまい肌がヒリヒリして痛い時があります。

日焼け止めを塗り忘れてしまったことをひどく後悔してしまいますよね。

そんな、ひどい日焼けの症状で肌が痛い時の早い治し方は、どうすればいいのか

治し方の対処法や日焼けをしてしまった後の正しいアフターケアについて書いていきます。

日焼けは、早く治してしっかりとアフターケアをしないと、痛みが治まっても肌のシミやたるみなど老化の原因になってしまいますからね。

スポンサーリンク

日焼けして痛い時の早い治し方はコレ

日焼けして肌がヒリヒリして痛いのを早く治していきたい時の治し方は

すぐに日焼けした顔や体を冷やす

保湿して肌を潤す

ぐっすりと寝る

これが、ひどい日焼けをしてしまって肌が痛い時の早い治し方です。

日焼けは、紫外線を多く浴びてしまったことによって肌が炎症してしまいますよね。

その肌の炎症がひどいのでヒリヒリした痛みの症状が出てしまっています。

なので、日焼けしてしまった時は、とにかくすぐに日焼けした顔や体をしっかりと冷やして炎症を抑えていくことが何よりも重要です。

そして、炎症を抑えても肌はもの凄く乾燥したままの状態になっています。

なので、肌の炎症を抑えた後は、しっかりと肌の保湿をしていってください。

そして、後はぐっすりと寝て肌をしっかりと修復していってください。

冷やし方

日焼けして痛い時は、まずは肌の炎症をしっかりと抑えていく為に顔や体を冷やしていきます。

そこで、おすすめの冷やし方は

まずは、冷水シャワーや水風呂に入ってしっかりと顔や体を冷やしてください。

それから、タオルに保冷剤などを入れて冷やしていきます。

そして、寝る時も濡れタオルを巻いたりして冷やしていきます。

とにかく、しっかりと肌の炎症を抑える為に冷やしていってください。

保湿するタイミング

肌の保湿をしていくタイミングは、肌の炎症をしっかりと抑えていってからです。

肌の炎症が治まっていない状態で、肌の保湿をしてしまうとつけた保湿液などがシミなどの原因になってしまうので注意してください。

なので、保湿ケアは、肌の炎症がしっかりと治まった後にしてください。

保湿のやり方

肌の保湿のやり方は、低刺激の化粧水や美容液や乳液などをつけていってください。

日焼けによる炎症を抑えた後でも、肌はもの凄く弱い状態になってしまっているので、刺激の弱い保湿液などをつけていってください。

日焼けした後に、おすすめの保湿液としては

・POLA ホワイトショット CXS 美容液
・資生堂 HAKU メラノフォーカスV 美容液
・ACSEINE モイストバランス ローション

などが、低刺激で肌への刺激が弱くて、しっかりと肌を保湿していってくれます。

ぐっすりと寝る

ぐっすりと寝るっていうのは、寝ている時に傷んだ肌をしっかりと修復していってくれます。

睡眠中は、成長ホルモンの分泌量が一番多いです。

この成長ホルモンが、傷んでいる細胞などを修復していってくれるので肌のターンオーバーを良くしてくれます。

それによって、肌を早く正常な状態に戻していってくれます。

なので、日焼けした時は、いつも以上に睡眠時間を長くとってぐっすりと寝てください。

これが、日焼けして肌が痛い時の早い治し方です。

日焼けをしっかりと防ぐ日焼け止めの効果を高める塗り方については、コチラの記事に書いてあります。

日焼け止めの正しい二度塗りのやり方はコレ!

スポンサーリンク

日焼けした時の正しいアフターケアはコレ

日焼けして肌が痛いのを早く治していく対処法については、わかってもらえたと思います。

そして、上記で書いた早い治し方だけじゃなくて、それ以外にも日焼けした肌の老化を防ぐ為の正しいアフターケアとして

水分を多くとる
食事をしっかりととる
水ぶくれは破らない
日焼けをしない

などを守ってください。

水分を多くとる

水分を多くとるっていうのは、体内の水分補給もしっかりと行っていってください。

日焼けした肌は乾燥しています。

その肌の乾燥を早く治していくには、体内の水分も増やしていかなくてはいけません

なので、水などをこまめにとって水分を多くとっていってください。

ただ、ビールなどのアルコール類は、逆に体内の水分を排出してしまうので控えるようにしてください。

食事をしっかりととる

食事をしっかりととるっていうのは、朝昼晩と規則正しい食生活をとって栄養素をしっかりと吸収していってください。

栄養をしっかりととることで、肌の修復を早めていってくれます。

そして、特に日焼けした時は、ビタミンやミネラルを多く含んでいる食べ物を多く食べていくようにしてください。

ビタミンやミネラルを多く含んでいる食べ物は、肌のターンオーバーの手助けをしてくれます。

水ぶくれは破らない

日焼けをしてしまった時は、水ぶくれができてしまうことがあります。

水ぶくれは、自分で破らないようにしてください。

水ぶくれを破ってしまうと、痛みを感じてしまいます。

水ぶくれは、破らなくても自然に完治していきます。

ただし、日焼けの症状がひどくて水ぶくれが多くある場合は、皮膚科に行って治療をしてもらってください。

日焼けをしない

日焼けをしないっていうのは、日焼けした肌は炎症してしまっていたり、乾燥しているので日焼け止めもあまり塗ることができません

なので、また日焼けしやすい状態になってしまっています。

そこで、日焼けをしないように長袖や長ズボンを着て日焼けしないように心がけてください。

そして、顔などは日焼けしやすいので、できるだけ直射日光が当たらないようにしてください。

家の中での簡単な日焼け対策や日焼け止めを塗った方がいいのかどうかについては、コチラの記事に書いてあります。

家の中の簡単な日焼け対策と日焼け止めの必要性!

まとめ

日焼けして痛い時の早い治し方!正しいアフターケアはコレ!について書いていきました。

日焼けして肌がヒリヒリして痛い症状を早く治していく治し方は

肌の炎症が治まるまでしっかりと冷やしていく
肌の炎症が治まったら低刺激の保湿液をたっぷりつける
睡眠時間をしっかりととってぐっすりと寝る

この3つのことをしっかりと行っていってください。

そして、それ以外にも正しい日焼けのアフターケアとして

水分を多くとる
食事をしっかりととる
水ぶくれは破らない
日焼けをしない

を心がけて肌を守って老化を防いでいってください。

日焼け止めを落とすタイミングや正しい落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

日焼け止めの正しい落とし方と肌のケア対策!

日焼け止めを落とさずに寝てしまった時の対処法や肌への影響については、コチラの記事に書いてあります。

日焼け止めをつけて寝た時の対処法!

日焼け止めが服についてシミになった時の綺麗な落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

日焼け止めが服についてシミになった時の落とし方!

スポンサーリンク