家の中でも日焼け止めは必要なの?

外出するときは、日焼け止めを塗るけど休みの日など家の中にいるときは、日焼け止めを塗らない人は多いと思います。

家の中にいるときくらい化粧など何もつけずに肌を休ませてあげたいですし

家の中でわざわざ日焼け止めを塗るのがめんどくさいですからね。

しかし、紫外線は家の中にも多く入ってきてしまっているので、家の中でも日焼け止めは必要です。

そこで、家の中での日焼け止めのおすすめの塗り方や日焼け止め対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

家の中でも日焼け止めは必要

日焼け止めは、外出するときにはしっかりと塗っていますが、家の中にいるときなどは塗らない人が多いですよね。

家の中にいるし、直射日光があたる窓際などにはいないから紫外線は浴びないと思っていますよね。

しかし、実は家の中にいても紫外線は自分が思っている以上にとても多く浴びてしまっています。

よくエアコンが少し黄色く変色してしまっていたり、扇風機や除湿機などが黄色く変色してしまっていたりしますよね。

あれは、紫外線を多く浴びてしまっているからです。

紫外線は、窓ガラスをすり抜けて家の中にも入ってきてしまいますし

直接日光に当たっていなくても、壁や天井や部屋の中にある物に反射して、その反射光によって紫外線を浴びてしまっています。

なので、家の中にいても実はとても多くの紫外線を普通に浴びてしまっているので

日焼けはもちろんのこと、シワや肌のたるみなど紫外線による肌の老化などを防ぐためにも家の中でも日焼け止めは必要です。

家の中での日焼け止めのおすすめの塗り方

家の中でも紫外線はとても多く浴びてしまっているので、日焼け止めは必要だということについては、わかってもらえたと思います。

そこで、家の中での日焼け止めの塗り方はどうすればいいの?

外出するときと同じような感じで日焼け止めを塗らなくてはいけないの?

って悩んでしまいますよね。

家の中では、外出するときのようなしっかりと日焼け止めを塗る必要はありません

家の中に入ってくる紫外線で、特に注意しなくてはいけないのは、肌の中まで侵入してきてしまうUVA(紫外線A波)です。

紫外線には、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の種類があります。

UVA(紫外線A波)⇒シワやたるみなど肌の老化を作り出す

UVB(紫外線B波)⇒肌が炎症して赤くなる

紫外線には、この2つの種類がありますが、UVB(紫外線B波)はガラスが防いでくれるので、家の中にはそれほど多く侵入してきません

しかし、UVA(紫外線A波)は普通にガラスを通り抜けて家の中にも多く侵入してきてしまいます。

外にいるときは、この2つの紫外線をしっかりと防いでいかなくてはいけないですが

家の中では、UVA(紫外線A波)をしっかりと防いでいく日焼け止めを塗っていくことです。

スポンサーリンク

UVAを防いでくれる日焼け止め

家の中では、特にUVA(紫外線A波)をしっかりと防いでいく日焼け止めを塗っていくことが大切っていうのはわかってもらえたと思います。

そこで、UVA(紫外線A波)をしっかりと防いでいくことができる日焼け止めは、PAという表示が高い日焼け止めです。

日焼け止めには、それぞれSPFとPAという表示がされています。

SPF⇒主にUVB(紫外線B波)を防いでくる

PA⇒主にUVA(紫外線A波)を防いでくる

なので、PAの表示の横に「+」の表示が多い日焼け止めを使っていくのが家の中では、おすすめです。

家の中では、PAの表示が「++」くらいがおすすめです。

そして、SPFの数字は、10~20程度で十分です。

日焼け止めの簡単な塗り方

家の中での日焼け止めの簡単でおすすめの塗り方は、ムラなく顔や首や腕や足などに塗っていってください。

外出する時などは、しっかりと日焼け止めを二度塗りしていきますが

家の中の場合は、一度塗りでもいいので、しっかりとムラなく塗っていってください。

そして、家の中にいても日焼け止めを塗ってから2~3時間経つと日焼け止めの効果が薄れてきてしまうので、塗り直しをしていってください。

塗り直しがめんどうな場合などは、スプレータイプの日焼け止めを吹きかけるだけも効果はあります。

日焼け止めの効果をしっかりと発揮させる正しい塗り方については、コチラの記事に書いてあります。

日焼け止めの効果的な塗り方はコレ!

家の中でのおすすめの日焼け対策

家の中でのおすすめの日焼け止めと日焼け止めの塗り方については、わかってもらえたと思います。

家の中でもしっかりと日焼け止めを塗っていくことは、もちろん大事で必要なのですが

日焼け止めを塗る以外にも、家の中でのおすすめの日焼け対策があって

それは

UVカットのカーテンを使う
長袖や長ズボンを着る
窓際に長時間いない

などです。

UVカットのカーテンを使う

UVカットのカーテンを使うっていうのは

・遮光カーテン
・UVカットのレースカーテン

などです。

遮光カーテンは、カーテンを閉めることでしっかりと日光を遮っていくことができます。

そして、日中などカーテンを開けている時は、UVカットのレースカーテンなどをつけておいてください。

長袖や長ズボンを着る

長袖長ズボンを着るっていうのは、できるだけ肌の露出を避けるようにします。

もっとも紫外線が強くなる夏の時期などは、家にいる時はクーラーなどつけていることが多いので

薄手のカーディガンなど、どんな物でもいいので何か羽織ったりしてください。

そして、紫外線は実は曇っている時や春先や秋なども注意しなくてはいけません

なので、家の中で腕や足などに日焼け止めを塗るのは嫌だなっていう場合は、しっかりと薄手の長袖や長ズボンを着るようにしてください。

日焼け止めが服についてしまった時の綺麗な落とし方については、コチラの記事に書いてあります。

日焼け止めが服について汚れた時の綺麗な落とし方!

窓際に長時間いない

窓際に長時間いないっていうのは、できるだけ直射日光に当たらないようにしてください。

いくらガラスやUVカットのカーテンによって、紫外線を少し防ぐことができても窓際は紫外線が一番強い場所です。

なので、できるだけ窓際には長時間いないように心がけてください。

これらが、家の中での日焼け対策として簡単でおすすめです。

日焼けして肌がヒリヒリ痛い状態を早く治していくコツとケア対策については、コチラの記事に書いてあります。

日焼けが痛いのを早く治す方法とケアの仕方!

まとめ

家の中でも日焼け止めは必要!おすすめの塗り方と日焼け対策!について書いていきました。

休みの日など家の中にいても、紫外線を多く浴びてしまっています。

なので、家の中でもしっかりと日焼け止めを塗っていくようにしてください。

家の中で使う日焼け止めは、SPAよりもPAの高い日焼け止めがおすすめです。

家の中で使う日焼け止めの簡単な目安としては

・SPA10~20
・PA++

くらいで十分に効果を発揮してくれます。

後は、日焼け止め以外にも日焼け対策として

・UVカットのカーテンを使う
・長袖や長ズボンを着る
・窓際に長時間いない

などがおすすめです。

家の中でも紫外線からしっかりと肌を守る日焼け対策を心がけていってください。

マスク焼けを目立たなく隠す方法と予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

マスク焼けをすぐに隠す方法と予防対策!

去年の日焼け止めが使えるかどうかの確認方法と日焼け止めの使用期限などについては、コチラの記事に書いてあります。

日焼け止めの使用期限の目安と確認の仕方!

日焼け止めを綺麗に落としていく落とし方と落とした後にやってほしい肌のケアについては、コチラの記事に書いてあります。

日焼け止めの落とし方とその後のケア対策!

日焼け止めを落とし忘れて寝てしまった時の対処法と肌に与える悪い影響については、コチラの記事に書いてあります。

日焼け止めをつけたまま寝た時の対処法はコレ!

スポンサーリンク