寝つきが悪いのを治していきたい

毎日布団に入るとスッと寝れるようにしたい

睡眠は毎日の生活の中でとても重要ですし一番大切にしなくてはいけないことです。

それはわかっているけどなかなか上手く眠れない時っていうのはどうすれば寝つきを良くしていくことができるのかって真剣に悩んでしまいます。

そこで寝つきを良くするために必要な3つのこと

そしてその3つのを効果的に作り出していく為に重要な4つの対策について書いていきます。

どれもとても簡単なことで今日からすぐに実践していける快眠対策方法です。

スポンサーリンク

寝つきを良くするのに重要な3つのこと

子供の頃っていうのは何も考えずに夜布団に入るとすぐにスッと寝ていくことができたのに大人になってから寝つきが悪くなってしまいなかなか布団に入っても眠れないと悩んでいる人はとても多くいます。

寝つきを良くしていくにはどれだけ寝やすい状態を上手く作り出していくことができるかどうかっていうのが重要になってきます。

そこで寝やすい状態とはいったいどんな状態なのかというと

リラックスした状態を作り出せていること
体温を上手く下げていけていること
睡眠ホルモンのメラトニンが多く分泌されていること

この3つのことがしっかりとできている状態が寝やすい状態つまり寝つきが良くなる状態です。

リラックスした状態っていうのは体も心もとても落ち着いている状態

体温を上手く下げていけているっていうのは深部体温という体内の温度を下げていく為に血液の流れが良くなっている状態

眠気を誘うメラトニンがしっかりと体内に分泌されている状態

この3つのことが自然と行われていることによってスッと眠りについていけて快眠していくことができるようになります。

しかし寝つきが悪い人っていうのは毎日の忙しい生活の中でストレスや悩みごとなど色々なことが原因となってしまい布団に入るまでにこれらの状態を自然と作り出せなくなってしまっています。

寝つきを良くするのに効果ある4つの対策

なかなか上手く眠れない人は眠りについていく為に必要な

リラックスした状態を作り出せていること
体温を上手く下げていけていること
睡眠ホルモンのメラトニンが多く分泌されていること

ができていないっていうことについてはわかってもらえたと思います。

そこでこれらの3つのことを自然に行っていくことができるおすすめの効果ある対策として

寝やすい状態を作る食事対策
寝やすい状態を作る入浴対策
寝る前におすすめのツボとストレッチ
寝やすい状態を作る寝室作り

この4つの対策方法があります。

寝やすい状態を作る食事対策

寝やすい状態を作る食事対策っていうのはまず重要になってくるのが食べた物をしっかりと寝る前までに消化させていく為に寝る3時間前には食事を済ませておいてください。

そして上手くリラックスした状態を作り出していくため

パントテン酸を多く含んでいる食べ物
カルシウムを多く含んでいる食べ物
ビタミンCを多く含んでいる食べ物

を摂取して食べていくこと

上手く深部体温を下げていくため

グリシンを多く含んでいる食べ物

を食べていくこと

メラトニンの分泌量を多くするために日中にセロトニンという物質を多く分泌させていくために

トリプトファンを含んでいる食べ物

を朝ごはんや昼ごはんの時に摂取して食べていくこと

特にトリプトファンは体内では作り出していくことができない必須アミノ酸で食事などから体内に取り入れていかなくてはいけないので心がけてください。

これらの食べ物をしっかりと食べていくようにしてください。

それぞれどんな食べ物がおすすめなのかについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

寝やすい状態を作るのにおすすめの食べ物とは!

スポンサーリンク

寝やすい状態を作る入浴対策

寝やすい状態を作る入浴対策っていうのはまずはシャワーで簡単に済ませるのではなくて寝る2時間くらい前にお風呂に入ってしっかりと入浴してください。

暑い夏の季節などは余計に暑くなるので入浴するのはイヤだなって思ってしまいますがしっかりとお風呂に入って入浴してください。

入浴することによって体の疲れをとってくれるだけじゃなくて全身の筋肉のコリを和らげてくれますし体中の血液の流れが良くなります。

この血液の流れが良くなることによってお風呂上りに体温を上手く下げていくことができて寝やすい状態を上手く作り出していくことができます。

入浴する時のお湯の温度は少しぬるめの38~40℃くらいで入浴時間は20~30分くらいがおすすめです。

寝やすい状態を上手く作り出していってくれるお風呂の3つの効果やおすすめの入浴方法などについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

寝やすい状態を作り出してくれる入浴方法!

寝る前におすすめのツボとストレッチ

寝る前におすすめのツボとストレッチっていうのはリラックスできるツボや血液の流れが良くなるツボを押していったり

筋肉のコリを簡単にほぐしていき体の力を自然に抜いていったりして寝やすい状態を作り出していってくれます。

リラックスできたり血液の流れを良くするツボとしては

中衝のツボ
内関のツボ
太陽のツボ
安眠のツボ
失眠のツボ
百会のツボ

がおすすめです。

寝つきを良くしていくツボの効果や位置そして簡単にできるストレッチなどについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

寝やすい状態を作るおすすめのツボとストレッチ

寝やすい状態を作る寝室作り

寝やすい状態を作る寝室作りっていうのは寝室や寝る部屋の環境が悪いといくら寝やすい状態を作ってもなかなか上手く眠りについていくことができません

そこで寝やすい状態を自然と作っていく為におすすめの寝室作りとしては

寝室の温度は26℃
寝室の湿度は50~60%
寝室を暗くする
静かな状態にする

最低でもこの4つの状態をしっかりと作っていくようにしてください。

寝やすい状態そして快眠していくのにおすすめの寝室の環境や作り方などについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

寝やすい寝室の環境を作るコツ!

色々なことを考えてしまい仕事などがはかどらない時に、頭の中を一回空っぽにして気持ちをリフレッシュさせていくおすすめの方法については、コチラの記事に書いてあります。

頭の中を一旦リセットさせる方法!

まとめ

寝つきを良くする方法!寝るために効果ある4つの対策で快眠について書いていきました。

寝つきを良くしていくには寝やすい状態

リラックスした状態を作り出せていること
体温を上手く下げていけていること
睡眠ホルモンのメラトニンが多く分泌されていること

を自然と作り出していくことが重要になってきます。

小さい頃や子供の頃は何もしなくても自然と作り出していくことが出来ていたので布団に入るとスッと眠りについていくことができましたが

大人になるとなかなか上手く作り出していくことが出来なくなってしまい寝つきが悪くなっていってしまいます。

なので寝つきを良くしていく対策方法は色々ありますがまずは効果あるこの4つの対策を心がけて寝つきを良くしていってみてください。

普段は寝つきは悪くないのに暑くてなかなか眠れない寝苦しい夜にスッと快眠していく為のおすすめの対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

寝苦しい夜を寝やすい夜に改善する方法!

夜イライラしてなかなかリラックスできずに眠れない時に、イライラを上手く解消していく簡単なツボやストレッチについてはコチラの記事に書いてあります。

イラつきを解消するツボとストレッチ!

嫌な夢をよく見てしまうことが多い時のできるだけ見ないようにしていく為の予防対策については、コチラの記事に書いてあります。

嫌な夢を見ない為の予防対策方法!

スポンサーリンク