寝つきを良くする食べ物や飲み物はどんな物があるのか

普段の食事に安眠していくのにおすすめの食べ物を食べていくことによって

自然と落ち着いたリラックスした状態を作りやすくしたり

体が眠りについていく準備をしていく体温調整などをしやすくしてくれたり

など寝やすい状態を上手く作り出していってくれる食べ物や飲み物があります。

いったいどんな食べ物や飲み物が睡眠にとってどのような効果があって寝つきを良くしていってくれるのかについて書いていきます。

スポンサーリンク

寝つきを良くする食べ物

寝つきを良くしていくには眠りにつきやすい寝やすい状態を作っていくことが大事です。

その為には

リラックスした状態を作っていくこと
深部体温を下げる為に体温調整を上手く行っていくこと
睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を良くすること

この3つのことがしっかりと行えるようにしていくことです。

これら3つのことを上手く自然と作り出していく為に普段の食生活の改善も必要になってきます。

そこで寝つきを良くするのにおすすめの食べ物として

リラックス効果を高める食べ物
深部体温を上手く下げていく食べ物
睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を良くする食べ物

があります。

リラックス効果を高める食べ物

リラックス効果を高める食べ物としては

パントテン酸を多く含んでいる食べ物
カルシウムを多く含んでいる食べ物
ビタミンCを多く含んでいる食べ物

がおすすめです。

パントテン酸を多く含んでいる食べ物

パントテン酸は気持ちをリラックスさせてくれる効果があります。

パントテン酸を多く含んでいる食べ物としては

レバー
納豆

などがあります。

カルシウムを多く含んでいる食べ物

カルシウムはイライラや興奮を抑えてくれる効果があります。

カルシウムを多く含んでいる食べ物としては

ひじき
小魚
昆布

などがあります。

ビタミンCを多く含んでいる食べ物

ビタミンCはストレスを抑える為に体内で抗ストレスホルモンが分泌されるのですがこの抗ストレスホルモンを作り出していく時にビタミンCが必要になってきます。

ビタミンCを多く含んでいる食べ物としては

みかん
レモン
大根

などがあります。

深部体温を上手く下げていく食べ物

深部体温を上手く下げていくっていうのは睡眠中っていうのは体はもちろん体内の臓器などの活動も低下させていきます。

活動を低下させるっていうことは血液の流れをゆっくりさせていくことです。

血液の流れをゆっくりさせていく為には体の体温である深部体温を低くしていかなくてはいけません

そこで深部体温を上手く下げていくのにおすすめなのがグリシンを多く含んでいる食べ物です。

グリシンを多く含んでいる食べ物

グリシンは深部体温を上手く下げていってくれる効果があります。

グリシンを多く含んでいる食べ物としては

肉類牛のひき肉や豚のひき肉や鶏のひき肉
魚介類イカやエビやホタテ
豆類大豆や豆腐やごま

などがあります。

深部体温を上手く下げていく為におすすめの入浴方法についてはコチラの記事に書いてあります。

寝つきを良くしていく効果的な入浴方法!

睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を良くする食べ物

睡眠ホルモンであるメラトニンは夜になると分泌されはじめてその分泌によって眠たくなってきます。

そしてメラトニンの分泌量が多ければ多いほどぐっすりと深い眠りに入っていけて安眠していくことができます。

なので夜にしっかりとメラトニンが多く分泌させていくことが大事になってきます。

しかしこのメラトニンの分泌量っていうのは日中に起きている時に分泌されるセロトニンという脳内伝達物質の分泌の量によって違ってきます。

セロトニンとは幸福ホルモンとも言われていて心を落ち着けたりリラックスさせたりなど気持ちをコントロールしてくれるものです。

このセロトニンの分泌量が多ければ多いほどメラトニンの分泌量も多くなります。

なので日中にセロトニンを多く分泌させていくことが重要になってくるのですがこのセロトニンを多く分泌させていく為にはトリプトファンという必須アミノ酸が必要なってきます。

トリプトファンを多く作り出す

セロトニンの分泌量が多くなる

メラトニンの分泌量も多くなる

っていう流れが必要になってきます。

トリプトファンを多く含んでいる食べ物

トリプトファンは必須アミノ酸と言われるアミノ酸の種類で体内で作り出していくことが出来ないので食べ物から摂取して体内に取り入れていかなくてはいけません

トリプトファンを多く含んでいる食べ物としては

バナナ
味噌汁
豆類大豆や納豆
肉類ロースやレバー
魚類かつおやマグロ
乳製品チーズや牛乳

などがおすすめです。

そしてセロトニンを多く分泌させていくにはトリプトファンだけではなくてビタミンB6も同時に摂取していくことが重要になってきます。

バナナや肉類や魚類にはビタミンB6もしっかりと含まれています。

スポンサーリンク

寝つきを良くする飲み物

寝つきを良くする食べ物についてはわかってもらえたと思います。

そこで今度は寝つきを良くしていくのにどんな飲み物がおすすめなのかというと

ホットミルク
ハーブティ
緑茶

などです。

ホットミルクにはトリプトファンやカルシウムが多く含まれています。

ハーブティはリラックス効果の高いカモミールやラベンダーがおすすめです。

緑茶には緊張をほぐしてストレスを和らげてくれる効果があります。

ホットミルクは温かいですがハーブティや緑茶なども温めて飲むとより効果が高くなります。

寝つきを良くする食事方法

寝つきを良くする食べ物や飲み物についてはわかってもらえたと思います。

そして寝つきを良くしていくには食事のとり方などにも気をつけてほしいことがあって

晩御飯は寝る3時間前に食べる
トリプトファンは朝や昼にしっかりととる

です。

晩御飯は寝る3時間前に食べる

晩御飯は寝る3時間前に食べるっていうのは寝る1時間前とかに晩御飯を食べてしまうと食べた物が消化されないまま睡眠に入ってしまいます。

そうすると胃や腸などは消化をする為に活動を続けてしまうので血液の流れが早くなってしまいます。

それによって深部体温を上手く下げれなくなってしまったりリラックスした状態を上手く作れなくなってしまい寝つきが悪くなってしまいます。

なので晩御飯がしっかりと消化された状態で眠りについていく為にも寝る3時間前には食事を終えておいてください。

トリプトファンは朝や昼にしっかりととる

トリプトファンは朝や昼にしっかりととるっていうのはトリプトファンをしっかりと摂取してとることによってセロトニンの分泌量が多くなります。

セロトニンは日中に分泌されるので朝ご飯や昼ご飯の時に多くトリプトファンをとっていくようにしていくと効果的です。

日中にセロトニンの分泌が良くなると睡眠ホルモンであるメラトニンが夜に多く分泌されるようになりますからね。

寝つきを良くしていくのにおすすめのツボや呼吸方法についてはコチラの記事に書いてあります。

ツボや呼吸で簡単に寝つきを良くする対処法!

まとめ

寝つきを良くする食べ物と飲み物はコレ!おすすめの食事方法について書いていきました。

寝つきを良くしていくは普段の食生活も意識していくことが大事です。

食べ物や飲み物によって気持ちを落ち着けたりリラックスできるようになる効果があります。

特に睡眠ホルモンであるメラトニンを夜に多く分泌させていく為に日中にセロトニンを多く分泌させていく為のトリプトファンは体内では作り出していくことができない必須アミノ酸なので食事からしっかりと摂取していくようにしてください。

リラックスできて安心してスッと眠りについていくことができる寝つきを良くしていく効果的な寝室についてはコチラの記事に書いてあります。

寝やすい寝室を作っていくコツ!

イライラしている状態を上手く解消して気持ちを落ち着かせていくのに効果あるツボやストレッチのやり方などについてはコチラの記事に書いてあります。

イラつきを解消していくツボとストレッチ方法!

スポンサーリンク