服やズボンなどについているカビを綺麗に取っていくカビの取り方はどうすればいいのか

服やズボンなどについてしまうカビは、白カビと黒カビの2種類あります。

白カビは、比較的簡単に落としていくことができますが

黒カビは、なかなかうまく落としていくことができません

そこで、服やズボンなど衣類に発生してしまいついてしまっているカビの取り方や

カビがつかないようにしていく為にやってほしい予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

服やズボンについている白カビと黒カビの違い

服やズボンなどを着ようと思った時に、表面が白くなってしまっていたり黒くなってしまっていたりする時があります。

それは、服やズボンなどに白カビや黒カビがついてしまっていたり発生してしまっています。

白カビと黒カビの違いはいったい何なのかっていうと

白カビ⇒服やズボンの表面にカビがついている状態

黒カビ⇒服やズボンの繊維の中にカビの根っこが生えてしまっている状態

です。

白カビの場合は、服やズボンの表面にカビがついてしまっているので、比較的簡単に落として取っていくことができます。

しかし、黒カビの場合は、服やズボンの繊維にカビの根っこが生えてしまっているので、簡単に落としていったり取っていくことができない厄介なカビです。

服やズボンのカビ取りにおすすめのアイテム

服やズボンのカビ取りにおすすめの準備しておいてほしいアイテムとしては

アルコールスプレー(パストリーゼなど)
消毒用エタノール
酸素系漂白剤(ワイドハイターなど)
ゴム手袋

などです。

それぞれの使い方などについては、白カビや黒カビの取り方の時に書いてあります。

酸素系漂白剤を使う時の注意点

酸素系漂白剤は、比較的色落ちがしない優しい漂白剤です。

しかし、服の素材によっては色落ちがしてしまったりすることがあるので、必ず使う時は酸素系漂白剤を使ってもいい素材かどうか確認してください。

毛や絹などの繊維製品には使用できないですし、金属製品などにも使用できないので注意してください。

服やズボンについた白カビの取り方

服やズボンについた白カビの取り方は、簡単に応急処置としてすぐにパッと取っていく方法としっかりと取っていく方法があります。

急いで白カビを落として服やズボンを着た後に、洗濯する前にしっかりとまた白カビを落としてから洗濯してください。

白カビをすぐに簡単に落とすやり方(応急処置)

服やズボンについている白カビは、表面に付着してついているだけなので簡単に落としていくことができます。

準備する物は

タオル
アルコールスプレー消毒用エタノール

です。

白カビをすぐに落とす簡単なやり方は

白カビがついている服やズボンを持ってベランダや外に出る

タオルにアルコールスプレーか消毒用エタノールを染み込ませる

白カビがついている部分をタオルで叩く

白カビが取れたら、硬く絞った濡れタオルで拭く

乾いたタオルで拭いてしっかりと乾かす

です。

まずは、なるべく外で白カビを落としていきたいのでベランダか外に出ます。

そして、白カビは表面に付着しているだけなので、アルコールスプレーか消毒用エタノールをつけたタオルやハンカチなどで叩くと簡単に落ちます。

白カビが落ちた後は、アルコールスプレーや消毒用エタノールを綺麗に落とす為に固く絞った濡れタオルで拭いていきます。

最後は、乾いたタオルなどで拭いて服やズボンを乾かしていきます。

白カビをしっかりと取っていくやり方

服やズボンについている白カビを簡単に落としていく応急処置の方法については、わかってもらえたと思います。

上記のやり方で、見た目には白カビを落とすことができますが、よりしっかりと白カビを取っていく取り方としてはつけ置きしてから洗濯します。

準備する物は

バケツ
お湯
酸素系漂白剤(ワイドハイターなど)
ゴム手袋

などです。

やり方は

バケツに40℃くらいのお湯を入れる

酸素系漂白剤を入れる

ゴム手袋をしてよくかき混ぜる

バケツの中に20~30分ほどつけ置きする

ゴム手袋をつけて手もみする

お湯で綺麗に洗い流す

洗濯する

です。

まずは、バケツに40℃ほどのお湯と酸素系漂白剤を入れてよくかき混ぜます。

分量は、酸素系漂白剤に記載されている割合で入れてください。

そして、その中に白カビがついている部分をつけて20~30分ほどそのままつけ置きしておきます。

つけ置きすることによって、白カビの菌をしっかりと服やズボンなどから離していくことができます。

その後に、軽く手もみをしてしっかりと白カビを落としていってください。

最後に、またお湯で酸素系漂白剤を洗い流していった後に普通に洗濯機で他の洗濯物と一緒に洗濯していってください。

スポンサーリンク

服やズボンについた黒カビの取り方

服やズボンについてしまった黒カビは、白カビとは違って繊維の中に根っこが生えてしまっているので簡単には落としていくことができません

準備する物は、白カビをしっかりと取っていく時に使う物と同じです。

やり方は

ゴム手袋をする

タオルに酸素系漂白剤を染み込ませる

タオルで黒カビが発生している場所を抑える

バケツにお湯と酸素系漂白剤を入れてかき混ぜる

1~2時間ほど服やズボンを入れてつけ置きする

ゴム手袋をつけて手もみする

お湯で綺麗に洗い流す

です。

黒カビを取っていく時は、まずはタオルなどに酸素系漂白剤を染み込ませて服やズボンなどについている黒カビに直接抑えていき染み込ませていきます。

それから40℃くらいのお湯と酸素系漂白剤をバケツに入れてよくかき混ぜていき

その中に服やズボンを入れて1~2時間ほどつけ置きしていきます。

このつけ置きの時に、30分くらいするとお湯が冷めてきます。

お湯が冷めてきたら、一度お湯を捨てて温かいお湯入れてまた酸素系漂白剤を入れ直してよくかき混ぜてつけ置きしてください

温かいお湯でつけ置きすることでより効果的に黒カビの根っこを取り除いていくことができます。

その後に、ゴム手袋をつけて手もみしていき、最後にお湯で綺麗に洗い流していってください。

黒カビを落とす時の注意点

服やズボンについた黒カビを落として取っていく方法については、わかったと思います。

しかし、黒カビは白カビと違ってとても落ちにくいです。

そこで、黒カビを落としていく時に注意してほしいことがあって、それが

黒カビが多い時は無理に落とさない
つけ置きしている時に色落ちしていないか確認する
無理やりブラシなどで擦らない

などです。

黒カビが多い時は無理に落とさない

黒カビが少しだけの時は、上記で書いた取り方で取れることがあります。

しかし、服やズボンに多く発生してしまっている場合は、つけ置きなど自分では落としていくことが出来ないので、クリーニングなどに出してください。

つけ置きしている時に色落ちしていないか確認する

酸素系漂白剤は、つけ置きしていても普通の漂白剤とは違って色落ちがしにくい漂白剤です。

しかし、1~2時間つけ置きしていると色落ちしてしまう可能性があるので、こまめに色落ちしていないかチェックして確認していくようにしてください。

無理やりブラシなどで擦らない

手もみしている時などに、なかなか黒カビが落ちないのでブラシなどで擦りたくなってしまいます。

しかし、黒カビはいくらブラシなどで擦っても落ちないので擦らないでください。

擦ってしまうと服やズボンなどを傷めてしまうので注意してください。

革製品やベルトについたカビの取り方

革製品やベルトなどにカビがついてしまっている時の取り方は、食用の重曹を使って落としていくのがおすすめです。

革製品やベルトなどには、酸素系漂白剤を使っていくことができません

なので、食用の重曹と水を混ぜた重曹水をタオルなどに染み込ませて拭いてカビを取っていきます。

重曹水の作り方は、水1リットルに対して重曹をスプーン1杯分くらいの割合で作っていってください。

重曹水でカビを取った後は、濡れタオルで綺麗に重曹水を拭き取った後に、しっかりと乾かしてください。

服やズボンにカビがつく原因は環境

服やズボンなどは、綺麗に洗濯してしまってあるのにどうしてカビがついてしまうのか

その大きな原因は部屋やクローゼットなどの環境です。

カビは空気中に胞子が舞っています。

その胞子が服やズボンなどに付着して、その胞子が成長して白カビや黒カビなどになっていきます。

この胞子が成長しやすい環境が

ほこりが多い場所
気温⇒20~30℃
湿度⇒70%以上

です。

ほこりが多い場所っていうのは、どうしてもカビの胞子が多く空気中に舞ってしまっています。

そして、その胞子が高温多湿の環境だと物凄く成長しやすいので、服やズボンなどに白カビが発生してしまい

その状態がドンドンとひどくなってしまうと黒カビが増えてきてしまいます。

なので、いくら綺麗に洗濯して乾いていても、服やズボンなどにカビの胞子が表面に付着してしまい、ドンドンと成長していってしまいカビが発生してしまいます。

服やズボンにカビがつかない予防対策

服やズボンなどにカビがつかないようにしていく予防対策としては

部屋やクローゼットを綺麗に掃除する
部屋やクローゼットを除湿する
服やズボンをたまにブラッシングする
洗濯槽を綺麗に掃除する

などです。

部屋やクローゼットを綺麗に掃除する

部屋やクローゼットを綺麗に掃除するっていうのは、ホコリやゴミなどが溜まらないようにしていくことです。

部屋の掃除は多くの人が毎日のようにやっているのでいいのですが

クローゼットの中などは、なかなか普段掃除しないですよね

そうすると隅や角などにホコリやゴミなどが多く溜まってしまっています。

それが、カビの胞子を増やしてしまう原因になってしまうので、普段からこまめに掃除をして綺麗な状態にしておいてください。

クローゼットの中の臭い対策やカビ対策などで、おすすめの掃除方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

クローゼットの臭いやカビ取りにおすすめの掃除のコツ!

部屋やクローゼットを除湿対策する

部屋の場合は、除湿器などをかけるようにしたり

クローゼットなどの場合は、水とりぞうさんなどを置いておくようにして、しっかりと除湿対策をしておいてください。

後は、天気が良い日などは30分とかでもいいので、窓を開けて部屋の換気も行っていくようにしてください。

この時に、クローゼットなどもしっかりと開いておくようにしてください。

部屋でカビが発生しやすい場所のカビ取りの仕方や臭いを消していく掃除のやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。

部屋のカビ取りや臭い対策のやり方!

服やズボンなどをたまにブラッシングする

服やズボンなどをたまにブラッシングすることによって、表面についているホコリや汚れを落としていくだけじゃなくて

カビの胞子も取り除いていくことができます。

バッグについてしまったカビの落とし方やカビ予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

バッグについたカビの落とし方と予防方法!

洗濯槽を掃除する

洗濯槽を掃除するっていうのは、洗濯槽の中っていうのは、カビが発生しやすい場所です。

いくら綺麗に洗濯をしても洗濯槽の中にカビが発生してしまっていると洗濯物などにカビが付着してしまうことがあります。

なので、たまに洗濯槽用のカビキラーなどを使って洗濯槽の中も綺麗に掃除してください。

まとめ

服やズボンのカビの取り方はコレ!白や黒で落とし方が違う!について書いていきました。

服やズボンについてしまうカビは、白カビか黒カビの2種類です。

白カビは、アルコールスプレーや消毒用エタノールなどで簡単に落とした後に、酸素系漂白剤などで、少しつけ置きして洗濯すれば綺麗に取れます。

しかし、黒カビは、根っこが生えてしまっていて酸素系漂白剤などでつけ置きしても、綺麗に落ちないことがあります。

そういった場合は、無理に自分でカビ取りせずにクリーニングなどに出してください。

風呂場の頑固なカビを綺麗に落としていくおすすめのカビ取りのやり方については、コチラの記事に書いてあります。

風呂場のカビを綺麗に落としていく方法!

車に発生してしまうカビの簡単な取り方や予防していく対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

車のカビの簡単な落とし方や予防していく方法!

靴にカビがついている時の落とし方やつかないようにしていく為の予防ケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴のカビの落とし方と予防対策!

スポンサーリンク