除湿機の効果的な使い方は、どんな使い方か

除湿機を置く位置や注意すること

除湿機を使って、部屋の湿気対策や洗濯物を早く乾かしていく時など

除湿機を使ったそれぞれ用途に合わせた、より効果的な使い方のコツについて書いていきます。

だた除湿機を置いているだけよりも、除湿機を使ってより早く効果的に除湿対策や洗濯物を乾かしていきたいですからね。

スポンサーリンク

除湿機の効果的な使い方

除湿機の効果的な使い方としては

部屋をカラっとさせたい
洗濯物を早く乾かしたい
クローゼットや押し入れの湿気を取りたい

時などですよね。

梅雨や夏の季節に空気がジメジメしているのを、水分を上手く吸収して部屋をカラっと乾燥した状態にしてくれたり

部屋干ししている洗濯物を早く乾かしてくれたり

クローゼットや押し入れなど、湿気が溜まりやすい場所の湿気をとってくれたり

などに除湿機は物凄く便利で効果的です。

そんな時に、ただ除湿機を置いて除湿したり乾かしたりしていませんか?

除湿機をかけることによって確かに除湿効果や乾燥効果はあるのですが

ただ何となく置いて除湿機を使っているだけよりも

それぞれの用途に合わせた除湿機の効果的な使い方のコツがあります。

除湿機の種類の違いやそれぞれのメリットやデメリットなどについては、コチラの記事に書いてあります。

除湿機の種類の違いやメリットとデメリット!

除湿機を使って効果的に部屋の除湿をするコツ

除湿機を使ってジメジメしている部屋をカラっと乾燥した居心地の良い部屋にしていく時の効果的な使い方のコツは

部屋の中心に除湿機を置く
除湿機を低い位置に置く
窓やドアを閉めて換気をしない
扇風機も一緒に使う
部屋の大きさに合った除湿機を使う

などです。

部屋の中心に除湿機を置く

部屋の中心に除湿機を置くっていうのは、できるだけ部屋の真ん中に除湿機を置いてください。

除湿機には、それぞれ吸気口と送風口がついています。

吸気口は湿った空気を吸い込む場所

送風口は乾燥した空気を出す場所

です。

なので、除湿機をあまり目立たないように、部屋の隅などに置いてしまっていると、部屋全体の湿った空気を上手く吸い込むことができないですし

乾燥させた空気もうまく部屋全体に届けることができなくなってしまいます。

なので、部屋全体をしっかりと除湿したい場合は、除湿機をできるだけ部屋の中心に置くようにしてください。

除湿機を低い位置に置く

除湿機を低い位置に置くっていうのは、テーブルや台の上などに置かないで、床の上にそのまま置くようにします。

湿った空気っていうのは、水分を含んでいて重たくなっていて、低い場所に多く集まります。

なので、除湿機をできるだけ低い位置に置いておくことによって、より湿った空気を上手く吸い込んでいくことができます。

除湿後の乾燥したカラっとした空気は、何もしなくても自然と上にいってくれます。

窓やドアを閉めて換気をしない

窓やドアを閉めて換気をしないっていうのは、除湿機をつけている部屋は、閉め切って外の空気や他の場所の空気を入れないようにしてください。

空気中に含まれている水分っていうのは、水分が多い場所から水分が少ない場所に流れていきます。

なので、窓やドアを開けていたりして換気していると

別の場所の湿った空気がドンドンと乾いている部屋の空気に多く流れてきてしまいます。

そうなってしまうと、除湿していてもなかなかうまく部屋全体をしっかりと乾燥させていくことができなくなってしまいます。

扇風機も一緒に使う

扇風機も一緒に使うっていうのは、除湿機の送風口から出てきた乾燥した空気を部屋全体に行きやすくしていきます。

窓やドアを閉め切った状態にしているので、なかなか空気をうまく循環させていくことができないので

扇風機を使って空気の循環を良くしていき、部屋の隅々までしっかりと乾燥した空気を届けるようにしていきます。

部屋の大きさに合った除湿機を使う

部屋の大きさに合った除湿機を使うっていうのは、除湿機にはそれぞれ容量があります。

なので、その部屋の大きさに合った除湿機を使っていってください。

広い部屋に容量の小さい除湿機を置いて除湿していっても、容量不足でうまく部屋全体を除湿していくことができないですからね。

部屋が臭い時に注意したい原因や臭い取りや消しにおすすめの対策方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

部屋の臭いを上手く消すコツ!

スポンサーリンク

除湿機を使って効果的に洗濯物を乾かすコツ

除湿機を使って部屋干しなどの洗濯物を早く乾かす効果的な使い方のコツとしては

洗濯物の真下に除湿機を置く
狭い部屋で閉め切って使う
扇風機の風を洗濯物に当てる

などです。

洗濯物の真下に除湿機を置く

洗濯物の真下に除湿機を置くっていうのは、干している洗濯物の真下に除湿機を置くことによって

濡れている洗濯物から水分をうまく吸気口に吸い込んでいくことができますし

乾いた空気をしっかりと洗濯物に当てていくことができるからです。

そして、できるだけ乾かすのに時間がかかってしまう服やズボンなどの下に除湿機を置いて

下着やタオルなどすぐに乾く物は、除湿機から離れた場所に置いておくようにしてください。

狭い部屋で閉め切って使う

狭い部屋で閉め切って使うっていうのは、できるだけ早く洗濯物を干している部屋自体を乾燥させていくっていうことです。

部屋自体がしっかりと乾燥していることによって、干している洗濯物も早く乾燥してきますからね。

部屋干し用の部屋がある場合は、ドアや窓をしっかりと閉め切るようにしたり

リビングに干すよりも、風呂場や洗面所などに干してドアを閉めて除湿機を使う方が早く乾かしていくことができます。

扇風機の風を洗濯物に当てる

扇風機の風を洗濯物に当てるっていうのは、除湿機から出て来る温かい風を洗濯物に当てていくっていうことです。

除湿機は、送風口から温かい風が出てきます。

その温かい風をしっかりと洗濯物に当てるようにしてください。

一番良い方法は、サーキュレーターを使って下から温かい風を当てていくことですが

扇風機の場合は、しっかりと洗濯物全てに温かい風が当たるように、扇風機の首を振って使っていってください。

部屋干しの洗濯物を早く乾かしていく方法や干し方などについては、コチラの記事にも詳しく書いてあります。

部屋干しで洗濯物を効率よく乾かす対策!

除湿機を使って効果的にクローゼットや押し入れの湿気を取るコツ

除湿機を使って効果的にクローゼットや押し入れの湿気を取るコツとしては

除湿機を完全に中に入れて閉める
吸気口をクローゼットや押し入れに向ける

などです。

除湿機を完全に中に入れて閉める

除湿機を完全に中に入れて閉めるっていうのは、クローゼットや押し入れの中に完全に除湿機をしっかりと入れて閉めてください。

これが、一番効果的なやり方です。

そうすることによって、狭い空間でしっかりと湿気をとっていき、中を乾燥させていくことができます。

吸気口をクローゼットや押し入れに向ける

吸気口をクローゼット押し入れに向けるっていうのは、上記で書いたようにクローゼットや押し入れのなかに除湿機が入らない時の対策です。

除湿機の吸気口をクローゼットや押し入れにしっかりと向けることによって、ジメジメした湿気を含んだ空気をしっかりと吸い取っていくことができます。

そして、後は扇風機を使って温かい乾燥した空気がしっかりとクローゼットや押し入れの中に流れるように扇風機を置いていってください。

クローゼットや押し入れの中が臭くなる原因や臭いを綺麗にとっていく掃除の仕方などについてはコチラの記事に書いてあります。

クローゼットや押し入れの臭い取りの方法!

まとめ

除湿機の効果的な使い方!部屋の除湿や洗濯物を乾かすコツ!について書いていきました。

除湿機を使って効果的に部屋の除湿してカラっと乾燥させていくコツは

部屋の中心に除湿機を置く
除湿機を低い位置に置く
窓やドアを閉めて換気をしない
扇風機も一緒に使う
部屋の大きさに合った除湿機を使う

除湿機を使って効果的に洗濯物を乾かしていくコツは

洗濯物の真下に除湿機を置く
狭い部屋で閉め切って使う
扇風機の風を洗濯物に当てる

除湿機を使って効果的にクローゼットや押し入れの湿気を取っていくコツは

除湿機を完全に中に入れて閉める
吸気口をクローゼットや押し入れに向ける

などです。

ただ除湿機を置いておくだけよりも、より効果的にしっかりと除湿をしてくれたり、乾燥させていってくれるので、おすすめの使い方です。

早く除湿したり乾燥させていくことによって、除湿機を使う時間も短くなって、電気代などの節約にもなりますからね。

除湿機の簡単で出て来る風を臭くさせない掃除方法については、コチラの記事に書いてあります。

除湿機の掃除の仕方とお手入れ!

雨で濡れた靴を早くできるだけ早く乾かしていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

雨で濡れた靴を早く乾かすコツ!

雨で濡れてしまった服を早く簡単に乾かしていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

雨で濡れてしまった服を早く乾かすコツ!

スポンサーリンク