靴を履こうとした時にカビが生えてしまっている

拭いてもまたすぐにカビが発生してしまっている

そんな靴に生えてこびりついてしまうカビを綺麗に取っていく取り方やなかなかカビが取れない時の対処法

そして靴のカビ取りをしていく時に注意してほしいことや靴にカビを発生させない予防対策についても書いていきます。

靴にカビがついてしまっていると見た目だけじゃなくて、カビの臭いもしてしまい好きな靴でも履きたくなくなってしまいますからね。

スポンサーリンク

靴のカビの取り方はコレ

久しびりにあの靴を履こうと思って下駄箱から出した時に靴の所々にカビが生えてしまっていることがあります。

うわー!この靴カビが生えてしまっているよ!

って一瞬にして好きな靴だけど履きたくないなって思ってしまいます。

応急処置としてタオルなどで拭くとカビが取れるけど、またしばらくすると同じようにカビが生えてしまっています。

そんな靴に発生してこびりついているカビを綺麗に取り除いていくおすすめの簡単なカビの取り方があります。

そこで、まずは靴のカビ取りに

靴磨きブラシ
タオル3~4枚
靴専用カビ取りクリーナー
マスク
保湿クリーム

を準備してください。

そして、靴のカビの取り方は

靴磨きブラシで汚れをとっていく

乾いたタオルや布で靴を拭く

カビ取りクリーナーをタオルなどにつけて拭いていく

直接カビ取りクリーナーを靴の表面全体にかける

乾いたタオルなどで靴を拭いていく

風通しのいい日陰で靴を乾かす

保湿クリームをつける

乾いたタオルで軽く拭いていく

これが靴のカビを綺麗に取り除いていくカビの取り方です。

靴磨きブラシとタオルで拭く

まずは、最初に靴磨きのブラシとタオルなどで靴の表面についている汚れをとっていきます。

この時点でカビもある程度拭き取っていくことが出来ます。

靴専用カビ取りクリーナーを付ける

そして次にカビ取りクリーナーをタオルなどにつけていきます。

この時に必ず靴専用のカビ取りクリーナーを使っていくようにしてください。

エタノールなどを使うと、靴が変色してしまったり痛めてしまうことがあります。

そして、一通りタオルで拭いた後は、今度はカビ取りクリーナーを直接靴の表面全体に吹きかけていってください。

そしてまたタオルなどで軽く拭きとっていきます。

この時に新しいタオルを使っていくようにしてください。

最初に使ったタオルにはカビ菌が付着してしまっているので、そのタオルを使ってしまうとまた靴にカビ菌を付着させてしまいます。

風通しのいい日陰で靴を乾かす

綺麗に拭き取った後は風通しのいい場所で1~2日程陰干しをして靴を乾燥させていってください。

しっかりと中まで乾燥させないと湿気がとれないので注意してください。

保湿クリームをつける

完全に乾燥した後は保湿クリームを塗っていきます。

そしてタオルで靴全体に保湿クリームがしっかりと浸透していくように拭いていってください。

この後に防水スプレーなどがあれば吹きかけてください。

これが靴のカビを綺麗に簡単に落としていく取り方です。

スニーカーソールの黄ばみを簡単に落として白くしていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

スニーカーソールの黄ばみを白く戻す方法!

スポンサーリンク

靴のカビが取れない時の対処法

靴のカビを綺麗に取っていく取り方については、わかってもらえたと思います。

しかし、上記で書いた方法でカビ取りをしていっても取れない頑固なカビがあります。

そこで、そんな頑固で取れないカビがある時のカビ取りの対処法としては

中性洗剤
レクソルクリーナー

のどちらかを使って頑固なカビを落として取っていきます。

使い分けは

合成革靴の場合は普通の中性洗剤

本革靴の場合はレクソルクリーナー

を使っていくようにしてください。

中性洗剤やレクソルクリーナーを使った靴のカビの取り方は

濡れタオルで靴全体を拭く

スポンジかタオルに中性洗剤かレクソルクリーナーをつけて泡立たせる

靴全体を拭いていく

乾いたタオルで拭いていく

濡れタオルで拭いていく

再度新しい乾いたタオルで綺麗に拭いていく

風通しのいい日陰で干していく

です。

革靴などは普通に水洗いをしてしまうと靴が変色や変形してしまう恐れがあるので濡れタオルを使っていきます。

中性洗剤は普通にどこでも市販されているもので大丈夫です。

レクソルクリーナーはAmazonなどで購入することができます。

スニーカーなどの場合は普通に洗ってカビや汚れを洗い流していくことができます。

スニーカーの洗い方や臭いの取り方などについてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

スニーカーなどのおすすめの洗い方!

靴のカビの取り方で注意すること

靴のカビの取り方についてはわかってもらえたと思います。

そこで、靴のカビ取りをしていく時に気をつけてほしい注意点があってそれが

すぐに水洗いしない
部屋や風呂用のカビ取り洗剤を使わない
換気の良い場所でする
スウェード靴などは自分で洗わない

です。

すぐに水洗いしない

すぐに水洗いしないっていうのは、僕もそうですが靴にカビが発生してしまっているといち早くカビをとっていこうとして水洗いしてしまいそうになります。

しかし、カビ取りをしていない状態でいきなり水洗いをしてしまうとカビ菌が増加してしまうので止めてください。

カビっていうのは湿度が高い場所で大量に発生してしまいます。

なのでいきなり水洗いなどをして水分を多く含んでしまうとカビ菌が増えてしまいます。

部屋や風呂用のカビ取り洗剤を使わない

部屋や風呂用のカビ取り洗剤を使わないっていうのは、カビ取りっていうとどうしても部屋のカビや風呂場のカビ取り洗剤をイメージしてしまいます。

しかし、部屋や風呂用カビ取り洗剤はアルコールやエタノールなどが多く含まれているので

靴が変色してしまったり皮を痛めてしまうので、必ず靴専用のカビ取り洗剤を使っていってください。

換気のいい場所でカビ取りをする

換気のいい場所でカビ取りをするっていうのは、靴を手入れする時っていうのは玄関ですることが多いです。

しかし、換気が悪い場所でやってしまうとカビ菌が空気中にまって吸い込んでしまいますし

洗剤の臭いがきつくなってしまいます。

なので、必ず風通しがいいしっかりと換気された場所でマスクをつけて行っていってください。

靴の中が臭くなってしまう原因や靴の臭いをしっかりと消していく臭い取りのやり方や予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴が臭い原因と効果的な臭い取りのやり方!

靴のカビの予防対策

靴にカビが発生しないつかないようにするには、日ごろからしっかりとした予防対策が重要になってきます。

カビが発生しやすい条件っていうのは高温多湿でホコリなどが多い場所です。

なのでこれらの条件が揃わないようにしていかなくてはいけません

そこで靴のカビの予防対策としては

脱いだ靴はすぐ乾拭きする
靴の中の湿気取りをする
すぐに下駄箱に靴を入れない
下駄箱の中を綺麗にしておく

などがすぐに実践していくことが出来る予防対策です。

脱いだ靴はすぐ乾拭きする

脱いだ靴はすぐ乾拭きするっていうのは、靴についているゴミやホコリなどの汚れをタオルやブラシなどで拭いていってゴミやホコリをずっと付着させないことです。

特に雨の日など靴が濡れてしまった時などは特に念入りに拭いたりしておいてください。

靴の中の湿気取りをする

靴の中の湿気取りをするっていうのは、靴の中っていうのは足の汗などによってすぐに蒸れてしまい高温多湿の状態になってしまいます。

なので、靴を脱いだ時にしっかりと靴の中の湿気をとっていってください。

雑菌なども繁殖しやすくなって靴が臭くなってしまう大きな原因にもなってしまいますからね。

おすすめの靴の湿気取り対策としては

重曹を入れる
新聞紙を入れる
中敷きをしく

などがあります。

重曹や新聞紙は湿気を多く吸収してくれますし、中敷きをしくことによって靴に汗がつくのを防いでいってくれます。

靴の湿気取り対策や臭い防止の方法としてはコチラの記事に詳しく書いてあります。

靴の臭い対策におすすめの方法!

すぐに下駄箱に靴を入れない

すぐに下駄箱に靴を入れないっていうのは、下駄箱の中っていうのは密閉された空間なので湿気がたまりやすくなってしまいます。

なので、上記の靴の湿気取り対策をしながら1~2日靴を下駄箱に入れないで玄関に出しておいてください。

下駄箱の中を綺麗にしておく

下駄箱の中を綺麗にしておくっていうのは、ホコリやゴミなどを綺麗に掃除しておくっていうこともありますが

特に湿気がたまらないようにしておいてください。

その為の対策方法として

こまめに下駄箱を開けて換気する
下駄箱の中に湿気取り剤を入れて置く

などです。

下駄箱の中に重曹を入れておくと湿気取りの効果だけじゃなくて消臭効果もあるのでおすすめです。

重曹は靴の中の臭い対策や足の臭い対策にもおすすめのアイテムなので詳しくはコチラの記事に書いてあります。

重曹を使って靴や足の臭いを解消!

あとは下駄箱に靴を入れ過ぎないっていうことも大きなポイントになります。

まとめ

靴のカビの取り方はコレ!取れない時の対処法と予防対策!について書いていきました。

靴っていうのはどうしても履いていると中が蒸れやすくなって高温多湿の状態になってしまいます。

それによってカビ菌が発生しやすくなってしまい

靴の表面にカビが生えやすくなってしまいます。

そしてただ靴の表面をタオルなどで拭いて擦っただけでは、カビの根っこが中に残ってしまっているので、またすぐにカビが発生してしまいます。

なんで、しっかりと靴専用のカビ取りクリーナーを使ってカビを取り除いていってください。

そして、なかなか取れない頑固なカビには

中性洗剤
レクソルクリーナー

などを使ってカビ取りをしていってください。

後は、靴にカビが発生しないように

脱いだ靴はすぐ乾拭きする
靴の中の湿気取りをする
すぐに下駄箱に靴を入れない
下駄箱の中を綺麗にしておく

などのカビ防止の予防対策を日ごろから心がけていくようにしてください。

靴の裏にガムがついて取れない時のおすすめの簡単な取り方については、コチラの記事に書いてあります。

靴の裏についたガムを取っていく方法!

靴擦れの痛みを和らげていく簡単な対処法や靴擦れしない為の予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴擦れの痛みを解消する方法と予防対策!

布製のバッグやナイロンバッグのカビを綺麗に落としていくカビ取り方法については、コチラの記事に書いてあります。

布バッグやナイロン袋のカビ取りのやり方!

革製バッグにカビが発生した時の綺麗なカビの落とし方や注意点などについては、コチラの記事に書いてあります。

革製バッグのカビ取り方法と注意すること!

スポンサーリンク