靴を脱いだ時に物凄く不快なくさい臭いがする

そんな靴のくさい臭いを取っていく臭い取り対策はどうすればいいのか

一度靴の中がくさくなってしまうと、その靴を履いた時っていうのは常にくさい臭いがしてしまいます。

そこで、靴のくさい臭いをしっかりと取っていく臭い取り対策で効果ある簡単な方法や

どうしても靴の臭いが取れない時の対処法

そして、靴の臭いを取っていく時に注意してほしい注意点

などについて書いていきます。

靴を脱いでいる時に誰でも簡単にすぐに出来る臭い取り対策ばかりなので良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

靴の臭い取り対策で効果ある方法

靴を脱いだ時に靴から物凄く臭くて嫌な臭いがする原因は、靴の中にバクテリアなどの雑菌が大量発生してしまっているからです。

臭いの原因になっているバクテリアなどの雑菌が大量発生してしまうのは、靴の中が蒸れて高温多湿の状態になってしまっているからです。

靴の中が臭くなってしまい悪臭がする原因については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

靴から臭い悪臭が出てしまう原因!

そこで、そんな靴のくさい臭いを取って消していく臭い取り対策は、バクテリアなどの雑菌が増えないように

靴の中の湿気を素早く取っていくこと
バクテリアなどの雑菌を除去していくこと

が重要になってきます。

そこで、靴の臭い取り対策で効果ある簡単な方法として

靴の中に湿気取り剤を入れる
靴の中に重曹を入れる
靴の中に新聞紙を入れる
靴を冷蔵庫に入れる
靴の中に10円玉を入れる

などが、おすすめの簡単な臭い取り対策です。

靴の中に湿気取り剤を入れるやり方

靴の中に湿気取り剤を入れるやり方っていうのは、ドラッグストアーやホームセンターで売っている靴の中の湿気をとっていくグッズですね。

靴を脱いだ後に、すぐに湿気取り剤を靴の中に入れておくことによって、靴の湿気を取っていってくれて靴の中の臭いを取っていってくれます。

靴の中に重曹を入れるやり方

靴の中に重曹を入れるやり方っていうのは、重曹をストッキングや靴下などに入れて、そのまま靴の中に入れておきます。

重曹を入れていくっていうのは少しびっくりするかもしれませんが、重曹には

湿気を取っていく効果
臭いを消臭する効果

の2つの効果があります。

なので、靴を脱いだ後にすぐに、重曹を入れておくことによってより効果的に靴の中の臭い取りをしていくことができます。

重曹にも色々な種類があるのですが、食用として使われている重曹がおすすめです。

重曹をそのまま直接靴の中に入れてもいいのですが、粉末なので靴を履く時に重曹を取り除いていくのが面倒なので、ストッキングや靴下に入れてから入れるのがおすすめです。

重曹の効果や靴の臭いだけじゃなく足の臭い対策、そして靴を洗っていく時にも役に立つので詳しいやり方や使い方などについてはコチラの記事に書いてあります。

重曹の効果とおすすめの使用方法!

靴の中に新聞紙を入れるやり方

靴の中に新聞紙を入れるやり方っていうのは、新聞紙を一度くしゃくしゃにしてから、丸めて靴の中に入れていきます。

新聞紙は、水分をうまく吸収していく効果があるので、靴の中の湿気を早く取り除いていくことができます。

よく靴を乾かす時に靴の中に新聞紙を丸めて入れておくと乾くのが早くなるって言われているのもこれが理由です。

濡れてしまった靴を早く簡単に乾かしていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

濡れてしまった靴を早く乾かす簡単なやり方!

靴を冷蔵庫に入れるやり方

靴を冷蔵庫に入れるやり方っていうのは、靴をビニール袋などに入れて密封して冷蔵庫に入れます。

冷蔵庫に入れることによって、靴が冷やされて靴の中の湿気も素早く取り除いていくことができます。

靴の中に10円玉を入れるやり方

靴の中に10円玉を入れるやり方っていうのは、バクテリアなどの雑菌を除去していく方法です。

10円玉っていうのは銅で作られています。

この銅には殺菌効果があるので、靴の中に10円玉を入れておくことによってバクテリアなどの雑菌をうまく除去していくことができます。

ただし、10円玉を入れておくだけでは、靴の中の湿気を取っていくことができないので

上記で書いた4つの対策方法と一緒に10円玉を靴の中に入れていくようにしてください。

この5つの方法が、靴の臭い取り対策として簡単にできて効果ある方法です。

今すぐ靴の臭いを取りたい時におすすめの一時的な応急処置の臭い取り方法についてはコチラの記事に書いてあります。

即効で靴の臭いを消す対処法!

スポンサーリンク

靴の臭い取りで臭いが取れない時の対処法

靴の臭い取り対策で簡単な効果ある方法については、わかってもらえたと思います。

しかし、上記で書いた5つの臭い取り対策をしても臭いが取れない時があります。

そんな頑固な取れない靴の臭いを取っていく対処法は、靴を綺麗に洗っていくことです。

靴の臭いが取れないっていうことは、それだけバクテリアなどの雑菌が大量に靴の中に繁殖してしまっていたり

臭いが靴の中に染み込んでしまっています。

なので、一度綺麗に靴をしっかりと洗って、バクテリアなどの雑菌や染み込んでしまった臭いを洗い流していかなくてはいけません

靴を洗うっていってもただ単に、水洗いするのではなくて

薄めた中性洗剤につけ置きしてから、固形石鹸などで綺麗に汚れや臭いをこすり取っていきます。

そして、それからしっかりと靴を乾燥させていきます。

靴の臭いや汚れを綺麗に洗い流す洗い方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

靴の臭いや汚れを綺麗に落とす洗い方!

靴の臭い取りで注意する注意点

靴が臭い時っていうのは、一時的に臭いを消す為に消臭スプレーなどを使っていく時があります。

確かに消臭スプレーを使う事によって一時的に臭いを消すことができます。

しかし、消臭スプレーなどを使って一時的に臭いを消していっても

靴の中が高温多湿の状態のままなので、すぐにバクテリアなどの雑菌がまた大量に発生してしまい臭くなってしまいます。

なので、消臭スプレーなどで一時的に臭い取りをした後も必ず靴を脱いだ後に上記で書いた5つの臭い取り対策をしていってください。

臭いがなかなか取れない時っていうのはこのように臭いを消すことだけやってしまっていることが多いので注意してください。

そして、すぐに下駄箱など密封空間に靴をしまわずに、風通しがいい日陰などに靴を置いてしっかりと湿気や臭いが取れた後に下駄箱などにしまうようにしてください。

靴の中が臭くならないようにしていく為の予防対策方法などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

靴の中を臭くしない予防対策方法!

まとめ

靴の臭い取り対策で効果ある方法!取れない時の対処法や注意点!について書いていきました。

靴の中が臭くなってしまう原因は、バクテリアなどの雑菌が大量発生してしまっているからです。

なので、靴の臭い取り対策として効果ある方法は、靴を脱いだ後に

靴の中に湿気取り剤を入れる
靴の中に重曹を入れる
靴の中に新聞紙を入れる
靴を冷蔵庫に入れる

などで靴の中の湿気を素早くしっかりと取っていき

靴の中に10円玉を入れる

などして、靴の中のバクテリアなどの雑菌を除去していってください。

それでも靴の臭いが取れない時は、靴を綺麗に洗濯して洗っていってください。

消臭スプレーなどで一時的に臭いを消しても、またすぐに靴の中が臭くなるのでしっかりと臭い取り対策を行っていってください。

玄関自体の臭くて嫌な臭いを消していく為の方法や予防対策についてはコチラの記事に書いてあります。

玄関の臭い臭いを解消していく方法!

サンダルが臭くなってしまった時の簡単な消臭対策や予防方法については、コチラの記事に書いてあります。

サンダルから悪臭がする時の消臭対策!

足が臭い時の簡単な臭い取りの方法や足を臭くさせないケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

足の臭いを取る方法と臭くさせないケア対策!

スポンサーリンク