靴を臭くさせないようにするにはどうすればいいのか

靴が臭くならない臭い取りにおすすめの予防対策はどうすればいいのか

一日履き続けた靴や革靴やパンプスやスニーカー、そしてブーツなど靴の中が臭くなりやすいですよね。

そこで、靴を臭くさせない為の簡単なコツや

靴を臭くさせない臭い取りにおすすめの予防対策などについて書いていきます。

履いた後に臭くなってしまう靴は、いくらお気に入りの靴でも履きたくなくなってしまいますから、しっかりと予防していきたいですからね。

スポンサーリンク

靴を臭くさせないコツ

新しい靴などは、一日中履いた後に脱いでも臭いがしないのに、ずっと履き続けているとどうしても脱いだ後に酸っぱい感じのとても臭い臭いがしてしまいます。

いったいどうして靴が臭くなってしまうのか、その大きな原因になってしまっているのは

靴の中に細菌や雑菌などが大量に発生してしまいイソ吉葉酸という物質を多く発生させているからです。

足には常に細菌や雑菌などはついているのですが、それが足が蒸れてしまうことによって靴の中が高温多湿の状態になってしまい細菌や雑菌が増殖されてしまいます。

そして、その増殖された細菌や雑菌が靴の中にも多く居座ってしまうことによって一度臭いがしてしまった靴は次に履いた時もすぐに臭くなってしまいます。

靴が臭くなってしまう細菌や雑菌が増えてしまう詳しい原因についてはコチラの記事に書いてあります。

靴が臭くなってしまう臭いの原因は!

なので、靴を臭くさせない為には、細菌や雑菌などを靴の中に大量発生させないことが重要なポイントになってきます。

そこで、靴を臭くさせないコツは、靴を脱いだ後に素早く

靴の中の湿気を取っていくこと
細菌や雑菌を退治していくこと

この2つのことをしていくことです。

脱いだ靴の湿気をすばやく取っていく対策

そこで、まずは靴を脱いだ時に素早く靴の中の湿気を取っていく対策としては

靴の湿気取り剤を入れる
靴の中に重曹を入れる
靴の中に新聞紙を入れる
靴を冷蔵庫に入れる

この4つの湿気とり対策のどれかを必ずやって、靴の中の湿気を取って細菌や雑菌が大量に発生してしまうのを防いでいきます。

特に重曹は靴の湿気とり対策だけじゃなく臭いの元となっているイソ吉葉酸を無くしていく効果もあるので詳しくはコチラの記事に書いてあります。

重曹を使った靴の臭い取り方法!

脱いだ靴の細菌や雑菌を退治していく対策

脱いだ靴の中にいる細菌や雑菌などをうまく退治していく対策としては

靴の中に10円玉を入れる

この方法が簡単ですぐに行っていくことができるおすすめの対策です。

なので、靴を脱いでまずは、10円玉を靴の中に入れた状態で、靴の中の湿気取りをしていくことが、靴を臭くさせない簡単なコツです。

これらの5つの臭い取り対策がおすすめな理由やそれ以外にもやってほしい対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

靴の臭いを簡単に取っていく臭い取り対策はコレ!

スポンサーリンク

靴を臭くさせない臭い取りにおすすめの予防対策

靴を臭くさせないコツとして、履いていた靴を脱いだ時にやってほしい対策については、わかってもらえたと思います。

そして、靴を臭くさせない臭い取りにおすすめの予防対策として

靴に中敷きを入れる
同じ靴を履き続けない
靴を適度に脱ぐ
靴を適度に洗濯する
足の大きさに合った靴を履く

これらのこともしっかりと行っていくようにしてください。

靴に中敷きを入れる

靴に中敷きを入れるっていうのは、中敷きっていうと靴が大きい時などに大きさを調整する為に入れることが多いです。

それも大事なことなのですが、中敷きの種類によっては靴の湿気とりや臭い対策がしてある中敷きがあります。

それらの湿気取りや臭い取りをしてくれる中敷きを入れて履くことによって、靴を履いている時に高温多湿の状態を予防して臭いを吸い取っていってくれます。

同じ靴を履き続けない

同じ靴を履き続けないっていうのは、どうしても靴っていうのは同じ靴を毎日ずっと履いてしまいます。

しかし、同じ靴をずっと履き続けてしまうと上記で書いた臭い取り対策している時間が少なくなってしまい

しっかりと湿気取りや細菌や雑菌の退治ができなくて臭い状態のままになってしまいますし

更に履いていることによって、細菌や雑菌が増えていってしまいます。

なので、昨日はこの靴を履いたから今日はこの靴を履いていこうなどして

何種類かの靴をローテーションして履いていくようにしてください。

同じ靴を2~3足買って履きまわしていくっていうのでもいいやり方ですね。

そうすることによって靴の臭い対策だけじゃなくて靴の痛みも少なくなり長く履いていけるようにもなりますからね。

靴を適度に脱ぐ

適度に靴を脱ぐっていうのは、1時間履いたら1回靴を脱いで足を乾燥させていくっていうことです。

どうしても靴を履いていると足が蒸れてきてしまいます。

なので、できるだけ足が蒸れないようにする為に

トイレに入った時や少し休憩している時など、靴を数分でいいので軽く脱いで足を乾燥させていってあげるようにしてください。

靴を脱いだ時に、足の指の間などをタオルやウエットティッシュなどで拭いてあげるとより効果的に臭いの予防対策にもなります。

後は、サンダルや通気性のいい靴に少し履き替えるっていうのもおすすめです。

靴を履いていて蒸れてしまうのを予防していく簡単な靴の蒸れ防止対策については、コチラの記事に書いてあります。

靴の中の蒸れを防いでいく対策方法!

靴を適度に洗う

靴を適度に洗うっていうのは、靴の中を乾燥させていくのも重要ですが、完全に靴の中にいる細菌や雑菌を綺麗に洗い流して除去していくことも重要です。

なので、たまに靴をしっかりと綺麗に洗って臭いや汚れをしっかりと洗い流していくようにしてください。

特に、スニーカーや運動靴など布性の靴などは汗などをいっぱい吸収しやすいので、しっかりと靴を綺麗に洗ってください。

靴を洗う時の洗い方の手順や注意してほしいこと、そして、靴を洗った後お正しい乾かし方などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴の正しい洗い方の手順と注意すること!

足の大きさに合った靴を履く

足の大きさに合った靴を履くっていうのは、靴のサイズが大きすぎてしまうと歩く時に足がずれないように足や指に力が入ってしまって足に汗をかきやすくしてしまいます。

逆に、サイズが小さい靴や締め付けが強すぎると足が圧迫されてしまいますし密封されてしまうので靴の中が高温多湿になりやすくなってしまいます。

なので、自分の足に合ったサイズのを履くようにしてください。

靴の臭いを今すぐ消していきたい時の臭い消しの応急処置としておすすめの方法については、コチラの記事に書いてあります。

靴の臭いを今すぐ消臭する応急処置のやり方!

まとめ

靴を臭くさせないコツ!臭い取りにおすすめの予防対策!について書いていきました。

靴を臭くさせないようにしていくコツは、靴を脱いだ後にすぐに

靴の中の湿気を取っていく
細菌や雑菌を退治していく

ようにして、臭いの原因となってしまう細菌や雑菌を靴の中で大量発生させないことです。

そして、臭い取りにおすすめの予防対策としては

靴に中敷きを入れる
同じ靴を履き続けない
靴を適度に脱ぐ
靴を適度に洗濯する
足の大きさに合った靴を履く

などを心がけるようにしてください。

靴にカビが発生してしまった時のカビの綺麗な落とし方やカビがつかない予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

靴のカビの綺麗な落とし方と予防対策!

靴についてしまったガムを綺麗にそして簡単に取っていく取り方については、コチラの記事に書いてあります。

靴についたガムを綺麗に剥がす方法!

サンダルが臭い時の即効で臭いを消す方法や臭わないようにしていく為の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

サンダルが臭い時の対処法と消臭対策!

足が臭くなりやすい原因や簡単な臭い取りのやり方や臭くさせない予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

足の臭いを簡単に取る方法と臭くさせない対策!

スポンサーリンク