爪を割れにくくする方法は、どうすればいいのか

爪が弱くてすぐに爪が割れてしまったりしてしまうと、爪がボロボロになりやすかったり

綺麗に伸ばしていくことができないですよね

そこで、爪を割れにくくする方法は、どんな対策があるのか

自分で簡単に割れにくい爪を作っていくケア対策やアイテム

そして、爪が割れてしまった時の正しい対処法などについて書いていきます。

爪を強くして割れにくくすることで、綺麗な爪を維持していくことができますからね。

スポンサーリンク

爪を割れにくくする方法はコレ

爪を割れにくくする方法は、爪を強くしていくことです。

そこで、爪を割れにくくする為のおすすめのケア対策方法として

爪自体を強く育てていく
爪をしっかりと保湿していく
爪を強化していく
爪を切らずに研いでいく

などがあります。

爪が割れやすい原因っていうのは、爪自体が弱かったり、乾燥していたりすることが多いです。

なので、それらの原因をしっかりと改善していき、爪を強くしていきます。

その為には、爪自体を強く育てていくことは、もちろんのこと

割れやすい原因となっている乾燥を防いで、爪をしっかりと保湿していくアイテムをつけていったり

爪を少しでも強く強化していくアイテムをつけていったり

後は、意外かもしれませんが、爪を爪切りで切らずに、やすりなどで研いでいったり

することで、割れにくい爪を作っていくことができます。

爪自体を強く育てていく方法

爪自体を強く育てていく方法っていうのは

・ケラチンを上手く作り出していくこと
・血行を良くしていくこと

などです。

爪っていうのは、ケラチンという(タンパク質)でほとんどが作られています。

なので、ケラチンをうまく作り出して増やしていくことで爪を強くしていくことができます。

そして、血行を良くしていくことっていうのは、上記で書いたケラチンを爪に届けていくのは血液です。

なので、血行を良くして、指先などにしっかりと血液を循環させていかなくてはいけません

ケラチンをうまく作り出す食べ物

ケラチンをうまく作り出す食べ物としては

タンパク質を多く含んでいる食べ物
ビタミンBを多く含んでいる食べ物
亜鉛を多く含んでいる食べ物

などを、バランスよく多めに摂取していくことで、ケラチンをうまく体内で作り出していくことができます。

ケラチンをうまく作り出していくのに、おすすめの食べ物やケラチンが作り出されていく仕組みなどについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

爪を強くするケラチンを作ってくれる食べ物!

血行を良くしていく対策

血行を良くしていく対策としては

お風呂に入る
手をマッサージする
適度に運動をする

などがおすすめの簡単なケア対策です。

お風呂に入ることによって、手や足だけじゃなくて体全体が温まるので、血液の流れが良くなります。

後は、指や手をマッサージしたり、ウォーキングやジョギングなどの簡単な有酸素運動をして体を動かすことによっても、血行を良くしていくことができます。

血行を良くしダイエット効果もある朝におすすめの運動や夜におすすめの運動については、コチラの記事に書いてあります。

代謝を良くする朝と夜に効果的な運動!

爪を保湿するおすすめのアイテム

爪を保湿するおすすめのアイテムとしては

手や指を保湿する⇒ハンドクリーム

爪自体を保湿する⇒ネイルオイル

などです。

まずは、手や指などが乾燥してしまっていると、自然と爪自体も乾燥してしまいます。

なので、手や指などにこまめにハンドクリームなどを塗って、しっかりと保湿をしていってください。

そして、爪自体には、ネイルオイルを塗って保湿をしていきます。

ネイルオイルの塗り方

ネイルオイルっていうのは、爪と爪の生え際などをしっかりと保湿していってくれるオイルです。

色々な種類のネイルオイルがあるので、自分の好みのネイルオイルをまずは準備してください。

そして、ネイルオイルの塗り方は

爪の生え際にネイルオイルをつける

指の腹で爪全体に伸ばしていく

爪の先の裏にもしっかりとつける

です。

ネイルオイルもハンドクリームと同じで、こまめに何回も塗っていくようにしてください。

爪を強化するおすすめのアイテム

爪を強化するおすすめのアイテムっていうのは

ジェルネイル
マニキュア

などです。

ジェルネイルもマニキュアも爪の表面につけていくことによって、爪を強化していくことができます。

ジェルネイルのおすすめのポイント

ジェルネイルのおすすめのポイントは、マニキュアよりも

強度が高い
ツヤが出る
2~3週間つけ続けても落ちない

などです。

マニキュアのおすすめポイント

マニキュアのおすすめポイントは、ジェルネイルよりも簡単に落とすことができるです。

マニキュアの場合は、除光液で簡単に落としていくことができます。

しかし、ジェルネイルの場合は、専用のファイルで削って、ジェルリムーバーをつけて剥がしていき、最後にまた軽く削っていかなくてはいけません

なので、自分で簡単に落とすことを考えるとマニキュアがおすすめです。

ジェルネイルもマニキュアも、ずっとつけていると逆に爪を傷めてしまうので、必ず落として、またつけていくようにしなくてはいけません

スポンサーリンク

爪を切らずに研いでいく

爪を切らずに研いでいくっていうのは、爪切りなどを使って爪を切らずに、やすりなどで研いでいくっていうことです。

爪っていうのは、何層も重なっています。

なので、爪切りなどで爪を切っていると、爪の層が剥がれやすくなってしまい爪が弱くなってしまうことがあります。

なので、やすりなどで爪を削っていく方が、爪の層をが剥がれにくくなって割れにくくなります。

爪切りのおすすめの使い方

爪切りを使うよりも、やすりなどで削っていく方が、爪を割れにくくするにはいいのですが

削っていくのは面倒ですし、時間がかかってしまいます。

そこで、爪切りで爪を切っていく時のおすすめの切り方としては

お風呂上りに爪切りを使う

爪を切った後に軽くやすりで削る

です。

まずは、爪を切る場合はお風呂上りに爪を切っていってください。

お風呂上りっていうのは、爪が柔らかくなっているので、爪の層を傷つけずにうまく切っていくことができます。

そして、爪を切った後に、切った部分を軽くやすりで削っていって、滑らかな状態にしていってください。

足の爪を綺麗にしていく為に注意してほしい正しいケア対策については、コチラの記事に書いてあります。

足の爪も綺麗にしていく為のケア対策方法!

爪が割れた時の正しい対処法

爪を割れにくくする方法については、わかってもらえたと思います。

そして、爪が割れてしまった時の対処法も症状が酷くならないように抑えていくのに重要になってきます。

そこで、爪が割れた時の正しい対処法としては

まずは、絶対に指で割れた爪を引きちぎらないでください。

割れてしまった爪を無理やり指で、ちぎってしまったり、剥がしてしまうとそれが原因となってまた、爪が弱くなってしまったりしてしまいます。

なので、爪が割れてしまった時は

割れてしまった部分の爪を爪切りで綺麗に切る

割れた部分の周りをやすりで軽く削って滑らかにする

です。

まずは、中途半端に割れた爪が残っている時は、爪切りなどで綺麗に割れた部分だけを切り取ってください。

そして、切り取った部分からまた、爪が割れてこないように、割れた部分とその周りをやすりで軽く削って滑らかにしてください。

爪が割れた部分が広くて痛みや血が出てしまっている時は、消毒をしてから絆創膏などを貼っておいてください。

傷みが酷い場合などは、皮膚科に行ってしっかりと治療をしてもらってくださいね。

爪の仕組みや爪が伸びるスピードや爪がすぐに伸びてしまって困っている時の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

爪の仕組みと伸びるのが早い時の原因!

まとめ

爪を割れにくくする方法はコレ!爪のケアと割れた時の対処法!について書いていきました。

爪を割れにくくする方法は

爪自体を強く育てていく
爪をしっかりと保湿していく
爪を強化していく
爪を切らずに研いでいく

などです。

爪の成分であるケラチン(タンパク質)をうまく作り出していく食事を心がけたり、血行を良くしていったりして、爪自体を強く育てていきます。

後は、乾燥しないように爪や指などをしっかりと保湿して

爪に、ジェルネイルやマニキュアなどを塗って爪の強度を高めたりしていってください。

そして、爪切りなどで爪を切ったりせずに、やすりなどで削って爪を割れにくくする予防対策なども心がけていくようにしてください。

爪切りを使う場合は、爪が柔らかくなっているお風呂上りなどがおすすめです。

爪の横や根元の皮膚がむけてしまう爪のささくれができてしまう原因やささくれを早く治していく為の対処法などについては、コチラの記事に書いてあります。

爪のささくれができる原因と早く治す対策!

足の爪が手の爪と比べて形が変形してしまったり汚れてしまう原因などについては、コチラの記事に書いてあります。

足の爪が変形したり汚れやすい原因をチェック!

男性の爪を綺麗に見せるコツや綺麗な爪にしていく為の簡単にできるケア対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

男性の爪を綺麗に見せるコツとケアの仕方!

スポンサーリンク