炭酸風呂の効果は、普通にお風呂に入るよりも、肌がスベスベになったり、臭いを抑えていったりなど色々多くの効果があります。

そこで、炭酸風呂に入ることによって得られる効果

自宅で簡単に炭酸風呂を作っていく作り方

炭酸風呂の効果をより高める正しい入り方

そして、炭酸風呂に入浴する時や入浴後に注意してほしい注意点

などについて書いていきます。

炭酸風呂は、実は家の風呂でも簡単に作れて、体にとって良い効果が沢山ありますからね。

スポンサーリンク

炭酸風呂の効果はコレ

炭酸風呂っていうのは、お風呂のお湯に炭酸を発生させていきます。

そして、その炭酸の泡に触れることによって、普通にお風呂に入って入浴するよりも体をうまく温めていき、肌も綺麗になるなど様々な効果を得ることができます。

そこで、炭酸風呂に入ることによって得られる効果としては

血行の流れが良くなる
体を早く温めてくれる
肌が綺麗になってスベスベになる
疲労回復が早い

など、普通のお風呂に入浴するよりも効果が高くなります。

血行の流れが良くなる効果

血行の流れが良くなる効果っていうのは、炭酸風呂の一番のメリットです。

炭酸風呂に入ることによって、炭酸によって発生している泡が体に付着します。

その泡が体に付着することによって、泡の中に含まれている炭酸ガスが皮膚の毛穴の中にしっかりと吸収されていきます。

それによって、血管を拡張していってくれて血液の流れが良くなって、血行促進になっていきます。

入浴して体を温めることで血行促進になるのですが、炭酸風呂の方がより早く血行促進していってくれます。

体を早く温めてくれる効果

体を早く温めてくれる効果っていうのは、血行が良くなることによってです。

血液の流れが良くなることによって、熱を体内に循環させていくスピードが早くなります。

なので、同じ時間入浴していても、炭酸風呂に入っている方がより早く体温を上げていくことができます。

肌が綺麗になってスベスベになる効果

肌が綺麗になってスベスベになる効果っていうのは、古い角質が取れやすいからです。

炭酸水は、肌に付着している脂質や油分などを浮き上がれせてくれる効果があります。

それによって、古い角質なども取れやすくなるので、皮膚の表面にある古い角質が落ちていき肌が綺麗になってスベスベになっていきます。

疲労回復が早い効果

疲労回復が早い効果っていうのは、血行が良くなり体温が高くなるこによって、体の新陳代謝が良くなります。

新陳代謝が良くなると、体の疲れも回復させていくことができるので、疲労回復が早くなります。

更に、体の新陳代謝が良くなることによって、汗も沢山かくことができるます。

汗が多く出ることによって、体内にある不純物なども綺麗に排出していくことができます。

それによって、臭いも綺麗に排出していくことができるので、臭い対策にも効果があります。

このような多くの効果が炭酸風呂に入ることによって得ることができるようになります。

炭酸風呂の簡単な作り方

炭酸風呂に入ることによって得られる様々な効果については、わかってもらえたと思います。

そこで、炭酸風呂を家のお風呂で作っていく簡単な作り方について書いていきます。

まずは

食用重曹
食用クエン酸

をドラッグストアーなどで購入して準備してください。

そして

・食用重曹を150g
・食用クエン酸を100g

それぞれコップに入れてお風呂場に準備しておきます。

そして、浴槽に約150リットルの38℃前後のお湯を溜めてください。

浴槽に約150リトルのお湯っていうと、浴槽のサイズにもよりますが、一般的な家庭の浴槽だと、だいたい浴槽に7割ほどのお湯を溜める感じです。

それから

最初に食用クエン酸を浴槽に入れる

手でしっかりとよくかき回して混ぜる

入浴する

食用重曹を浴槽に入れる

入浴しながらしっかりとかき混ぜる

です。

これが、家のお風呂で炭酸風呂を作っていく作り方です。

まずは浴槽に、38℃前後の体温よりも少し高いお湯を約150リットル溜めてください。

それから、食用クエン酸と食用重曹を入れて、よくかき混ぜることによって炭酸風呂になります。

炭酸が発生するのは、食用重曹を入れた時です。

そして、炭酸の泡がもっとも多く発生するのが食用重曹を入れてから、だいたい10分ほどです。

なので、最初に食用クエン酸を入れてかき混ぜて、入浴している状態で食用重曹を入れることによって、炭酸の泡をしっかりと吸収することができるので効果が高くなります。

スポンサーリンク

炭酸風呂の正しい入り方

炭酸風呂の簡単な作り方については、わかってもらえたと思います。

そこで、炭酸風呂の効果ある正しい入り方としては

38℃前後のお湯で入る
10分程度入る
家族で入る場合は入る順番を変える

などです。

38℃前後のお湯で入る

38℃前後のお湯で入るっていうのは、あまりお湯の温度が高すぎてしまうと、炭酸ガスがすぐに無くなってしまいます。

そして、逆にお湯の温度が低すぎてしまうと、古い角質をうまく剥がして落としていくことができなくなってしまいます。

なので、炭酸風呂に入る時は、体温よりも少し高い38℃くらいのお湯で入るようにするともっとも効果が高くなります。

入浴時間は10分程度

入浴時間は10分程度っていうのは、炭酸風呂は血行の流れや体温がすぐに上がるので10分程度の入浴で十分です。

そして、食用重曹を入れて一番泡の出がいいのが、入れてから10分なので、その一番泡の出が良い時間帯に入ってください。

あまり長く入ってしまうと、逆に脂質や油分などが多く取れ過ぎてしまい、肌荒れなどを起こしてしまうことがあるので注意してください。

家族で入る場合は入る順番を変える

一人暮らしの場合だと、自分が入りたい時に炭酸風呂を作って入ればいいのです。

しかし、家族がいる場合だと、後から入った人は、炭酸風呂の効果をしっかりと得ることができません

なので、家族で入る場合は、一番最初に炭酸風呂を作って入る人を日替わりで変えていってください。

昨日は、お父さんが最初に入ったから、お母さんは別の日に最初に入ったり

子供が先に入ったりして炭酸風呂に入る順番を日によって変えてください。

炭酸風呂に入る時の注意点

炭酸風呂は、様々な効果があってとても体や肌にとって良い入浴方法です。

しかし、炭酸風呂に入る時に注意してほしい注意点があります。

それは

風呂場の換気をしっかりする
長時間入らない

体をゴシゴシ洗い過ぎない
毎日入らない
追い炊きをしない

などです。

風呂場の換気をしっかりする

風呂場の換気をしっかりするっていうのは、炭酸が風呂場に充満してしまうと酸素が薄くなってしまったりしてしまいます。

なので、炭酸風呂に入る時は、しっかり換気を良くして入るようにしてください。

長時間入らない

長時間入らないっていうのは、長時間炭酸風呂に入ってしまうと、先ほども書きましたが脂質や油分などが多く奪われていってしまいます。

それが原因で、肌荒れなどを起こしてしまう場合があるので、長い時間入らないようにしてください。

体をゴシゴシ洗い過ぎない

体をゴシゴシ洗い過ぎないっていうのは、これも肌荒れなどの原因になってしまいます。

炭酸風呂に使っていることによって、角質が浮いて剥がれやすい状態になっています。

なので、体を洗う時にゴシゴシと強く洗ってしまうと、角質を落とし過ぎてしまうので、体は優しく洗っていくようにしてください。

体を洗って、また炭酸風呂に入ってお風呂から出る時は、最後にしっかりとシャワーで体を綺麗に洗い流してから出てください。

毎日入らない

炭酸風呂は毎日入らずに、週に多くても2~3回くらいにしておいてください。

毎日、炭酸風呂に入ってしまうと、肌の油分などが無くなってしまい保湿がうまくできなくなってしまい乾燥しやすくなってしまいます。

追い炊きをしない

追い炊きをしないっていうのは、追い炊きをしてしまうと、追い炊き器の種類や材質によっては、重曹やクエン酸などで傷めてしまう場合があります。

更に、追い炊きをすることによって、炭酸の効果が薄れてしまうので、追い炊きはしないようにしてください。

後は、洗濯水として使うのも止めておいてください。

炭酸風呂に入る時は、これらのことに注意して正しい入り方をしていってください。

寝つきを良くし睡眠の質を良くしていってくれるおすすめの入浴の仕方などについては、コチラの記事に書いてあります。

寝つきを良く熟睡できる入浴の仕方!

まとめ

炭酸風呂の効果はコレ!簡単な作り方と正しい入り方と注意点!について書いていきました。

炭酸風呂の効果は

血行の流れが良くなる
体を早く温めてくれる
肌が綺麗になってスベスベになる
疲労回復が早い

など様々な効果があります。

炭酸風呂の作り方は、食用重曹と食用クエン酸をお風呂のお湯にしっかりと混ぜることによって、簡単に作ることができます。

そして、炭酸風呂の正しい入り方は

38℃前後のお湯で入る
10分程度入る

が一番効果がある炭酸風呂の入り方です。

後は、注意点などもあるので、それらをしっかりと守って、炭酸風呂を楽しんで入浴して体や肌を健康で綺麗な状態に保っていってください。

シャワーだけでしっかりと疲労を取っていく効果的なシャワーの浴び方などについては、コチラの記事に書いてあります。

シャワーだけで効果的に疲労回復させる浴び方!

水風呂の効果や正しい水風呂の入り方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

水風呂で得られる効果と正しい入り方!

水風呂が疲労回復に効く効果の秘密や効果を高くする入り方などについては、コチラの記事に書いてあります。

水風呂が疲れに効く秘密と入り方のコツ!

スポンサーリンク