足の爪の形が悪い

足の爪が臭い

など、足の爪っていうのは、手の爪と違って汚く汚れてしまっていることが多いです。

爪が変な方向に向いてしまっていたり

爪が曲がって皮膚に食い込んでしまっていたり

割れてしまっていたり

など、足の爪の形が悪い原因や臭くなってしまう原因

そして、足の爪を少しでも汚くさせない為の簡単な対処法などについて書いていきます。

普段何気なくやっていることが実は、足の爪に悪い影響を与えてしまっていることが多いです。

スポンサーリンク

足の爪の形が悪い原因はコレ

足の爪っていうのは、手の爪と比べて形が変形して悪いことが多いですよね。

いったいどうして足の爪は、形が悪くなりやすいのか

その原因として多いのが

爪を短く切り過ぎている
窮屈な靴で爪を圧迫している
足の血行が悪い
病気によって

などです。

爪を短く切り過ぎている

爪を短く切り過ぎているっていうのは、足の爪っていうのは手の爪と違ってこまめに切ったりしないですよね。

なので、切る時に短く切り過ぎてしまうことが多いです。

爪を短く切り過ぎてしまうことによって、爪の先が皮膚に食い込みやすくなってしまいます。

足の爪っていうのは、手の爪と違って体重を支えていたり、歩いたり走ったりした時などに爪に大きく負荷がかかってしまいます。

その負荷によって、爪の先が皮膚などに食い込みやすくなってしまい巻き爪などの爪の形が変形して悪くなりやすくなります。

窮屈な靴で爪を圧迫している

窮屈な靴で爪を圧迫しているっていうのは、革靴やハイヒールなど足を締め付ける窮屈な靴を履いていると

どうしても、靴の中で足が押しつぶされて圧迫されてしまいます。

それによって爪も圧迫されて、形が変形して悪くなりやすいです。

上記でも書いたように、足の爪っていうのは、ただ立っているだけでも大きな負荷がかかってしまっています。

その状態で今度は、左右から締め付けられてしまうと、より爪が真っすぐ伸びにくくなって変な形に伸びやすくなってしまいます。

足の血行が悪い

足の血行が悪いっていうのは、爪っていうのは血液中に含まれている栄養素が届くことによって綺麗い伸びていきます。

しかし、その栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなってしまっていると、栄養素不足になって爪が綺麗に伸びなくなってしまいます。

特に足っていうのは、自然体でも血液の循環が一番悪くなりやすい場所ですし

それに加えて、先ほど書いた窮屈な靴を履いていたりすると血液の流れが悪くなりますし

足の疲れによって筋肉が硬くなってしまうと血液を上手く循環させることができなくなってしまいますし

冷えなどによっても血液の流れが悪くなってしまいます。

病気によって

病気によってっていうのは、水虫など症状が酷くなってしまうと爪がもろくなったり形が変形していってしまいます。

それによって爪がボロボロになってしまったり

割れやすくなってしまったり

形が変形して悪くなっていってしまいます。

これらのことが爪の形が悪い時の原因となってしまっていることが多いです。

スポンサーリンク

足の爪が臭くなる原因はコレ

足の爪の形が変形して悪くなってしまう原因については、わかってもらえたと思います。

そして、足の爪でもう一つ気になるのが臭くなってしまうことが多いことですよね。

そこで、足の爪が臭くなる原因として多いのが

足の爪に雑菌が多く繁殖してしまう
綺麗に足の爪を洗っていない
足が疲れている

などです。

足の爪に雑菌が多く繁殖してしまう

足の爪に雑菌が多く繁殖してしまうっていうのは、雑菌が爪の周りや中などに多く繁殖してしまうと

その雑菌が皮脂などを食べたりした時に、臭いニオイの「イソ吉草酸」が多く分泌されてしまいます。

足っていうのは、汗をかきやすい場所ですし、靴を履いていることによって風通しも悪い密封空間です。

それによって蒸してしまい高温多湿の状態になって雑菌が多く繁殖しやすくなってしまいます。

靴の中が臭くなってしまうのも、この雑菌が多く発生して繁殖してしまうからですね。

綺麗に足の爪を洗っていない

綺麗に足の爪を洗っていないっていうのは、足の爪の中に垢や古い角質や汗などが臭いの原因になるものが多く溜まっているっていうことです。

先ほども書きましたが、足っていうのは汗をかきやすい場所ですし、皮脂やホコリなども多く溜まりやすい場所です。

なので、綺麗に洗えていないと、その汚れがドンドンと爪の隙間などに溜まっていってしまい臭くなってしまいます。

手の爪っていうのは、一日に何回も手を洗ったりしますし、水仕事や髪を洗ったりする時も手の爪は洗われているので綺麗ですよね。

しかし、足の爪っていうのは、多くの人が1日に1回、お風呂で体を洗う時にしか洗っていないですし

爪自体を綺麗に洗うことっていうのは、少ないと思います。

足が疲れている

足が疲れているっていうのは、爪が臭くなるのとどういった関係があるの?って思ってしまいますよね。

しかし、足が疲れて疲労が溜まってくると疲労物質や老廃物などが溜まりやすくなってしまいます。

この疲労物質や老廃物が足に多く溜まってしまうと、それが疲労臭というとても臭いニオイを汗などと一緒に分泌してしまいます。

この疲労臭によって足の爪も臭くなってしまいます。

これらのことが原因で、足の爪が臭くなってしまうことが多いです。

足の爪を汚くしない簡単な対処法

足の爪の形が悪くなってしまったり、臭くなってしまう原因については、わかってもらえたと思います。

そこで、足の爪の形を悪くしない臭くしない汚くしない為の簡単な対処法として、まずはすぐにやってほしいケアとしては

足の爪を短く切り過ぎない
窮屈な靴を履き続けない
足をこまめに洗う

などです。

足の爪を切り過ぎてしまうと、どうしても皮膚に爪の先などが入りやすくなってしまいます。

なので、足の爪を短く切り過ぎないようにしていくこと

革靴やハイヒールなどの窮屈な靴は、どうしても爪自体を圧迫してしまいます。

なので、できるだけ長時間履かないようにしたり、仕事で履いている時はこまめに靴を脱いで爪の圧迫を解消していくようにしてください。

後は、足を洗う時は、爪もしっかりと綺麗に洗っていくようすることと

家に帰ってきて靴を脱いだ時に、サッとシャワーなどで足の汚れを洗い流すなどして、こまめに足を洗って汚れを溜めないようにしてください。

足の爪を綺麗にしていく為の自分でできる簡単なケア対策方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

足の爪を綺麗にしていく簡単な自己ケア対策!

爪の周りの皮膚が剥がれてしまうささくれができやすい原因や早く治していく為に必要な対策や予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

爪のささくれができる原因とケア対策!

まとめ

足の爪の形が悪い!臭い原因はコレ!汚くしない対処法は!について書いていきました。

足の爪の形が変形して悪くなってしまう原因として多いのが

爪を短く切り過ぎている
窮屈な靴で爪を圧迫している
足の血行が悪い
病気によって

足の爪が臭くなる原因として多いのが

足の爪に雑菌が多く繁殖してしまう
綺麗に足の爪を洗っていない
足が疲れている

などです。

どうしても足の爪っていうのは、手の爪と比べて形が悪くなりやすいですし

臭くなりやすくなってしまいます。

なので対処法としては、できるだけ上記で書いた原因を作らないようにしていくことが大切なケア対策になってきます。

爪がすぐに伸びてしまう伸びるのが早くなってしまう原因や爪の仕組みなどについては、コチラの記事に書いてあります。

爪が伸びるスピードが早い原因とケア対策!

爪を短く切り過ぎてしまった時にできるだけ早く爪を綺麗に伸ばしていく為の方法や対策については、コチラの記事に書いてあります。

爪を早く綺麗に伸ばす為のケア対策!

爪が弱く割れやすいのを割れにくくしていくケア対策と爪が割れてしまった時の正しいケア方法などについては、コチラの記事に書いてあります。

割れにくい爪にする方法と割れてしまった時のケア対策!

男性も綺麗な爪にしていく為に心がけてほしい簡単なケア対策については、コチラの記事に書いてあります。

男性の爪を綺麗にする簡単なお手入れ方法!

スポンサーリンク