洗濯物がティッシュまみれになってしまった時の洗濯物についてしまったティッシュを簡単に取っていく取り方は、どうすればいいのか

ズボンや服のポケットなどにティッシュを入れたまま洗濯してしまう時って誰にでもありますよね。

そんな洗濯物に大量についてしまったティッシュを簡単に取っていき洗濯物を綺麗にしていくやり方や

ティッシュまみれになってしまった洗濯機を綺麗にしていく掃除方法などについて書いていきます。

スポンサーリンク

洗濯物がティッシュまみれなのを簡単に綺麗にする取り方

ティッシュを一緒に洗濯機に入れてしまい洗濯物がティッシュまみれになってしまった時の洗濯物に付着してしまっているティッシュを簡単に綺麗に取っていく取り方のコツは

柔軟剤だけを入れてもう一度洗濯し直すことです。

そこで、ティッシュまみれになっている洗濯物のティッシュを簡単に綺麗にする取り方の順番は

ポケットティッシュを探して取り出す

洗濯物をもう一度洗濯機に入れる

洗剤はいれずに柔軟剤だけを入れて洗濯する

洗濯し終えたら台所用排水ネットでティッシュを軽く取る

洗濯物を普通に干して乾かす

乾いた洗濯物にコロコロやガムテープを当たる

エチケットブラシをかける

です。

まずは、もう一度洗濯し直す前に必ず、ズボンや服のポケットに入っていたポケットティッシュを探し出して取り出してください。

洗濯したばかりなので、塊になっていることが多いので、まずはその塊だけでもいいので取り除いておいてください。

洗濯物にこびりついているティッシュは、そのままで大丈夫です。

そして、もう一度洗濯物を全て洗濯機に入れて、洗剤は入れずに柔軟剤だけを入れて洗濯していきます。

柔軟剤には、服の静電気などを抑えてくれる効果があるので、柔軟剤を入れることによって服についてしまったティッシュを剥がしてくれる効果があります。

柔軟剤だけを入れた洗濯のやり方

柔軟剤だけを入れた洗濯のやり方は、普通にもう一度洗濯してもいいのですが

おすすめの洗濯のやり方として

すすぎ1回だけ
脱水1回だけ

の設定にして洗濯すると時間を短縮して洗濯することができます。

最初に洗濯した時に洗剤で汚れや臭いを綺麗に洗い流してくれていますからね。

柔軟剤を使って洗濯することによって服の静電気も予防していくことができるのでおすすめです。

服に静電気が起きないようにしていく予防対策方法については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

服の静電気を抑えていく対策方法!

台所用排水ネットを使うやり方

柔軟剤だけを入れて洗濯し直すことによって、ティッシュまみれになっていた洗濯物のティッシュがある程度落ちています。

しかし、それでも洗濯物にはティッシュがまだついてしまっています。

そこで、洗濯物を干す前に、台所用排水ネットを手につけて洗濯物を軽く擦っていってください。

台所用排水ネットを使うことによって、濡れていても簡単にティッシュをあらかた取り除いていくことができます。

スポンサーリンク

洗濯物が乾いたらコロコロやガムテープを使う

洗濯物を普通に干して乾いたら、今度はコロコロやガムテープを使って、まだこびりついてしまっているティッシュを取り除いていきます。

コロコロやガムテープは、濡れた物につけると粘着力が無いので、必ず洗濯物が乾いた後に使っていってください。

そして、最後はエチケットブラシを使ってください。

コロコロやガムテープを使う前にエチケットブラシを使ってしまうと、ティッシュが多くエチケットブラシについてしまい

今度はエチケットブラシのティッシュ取りをしなくてはいけなくなるので、一番最後にエチケットブラシを使っていってください。

乾燥機を使うとより簡単にティッシュが取れる

洗濯物がティッシュまみれになってしまっているのを簡単に綺麗に取っていく取り方については、わかってもらえたと思います。

そして、更に簡単にティッシュを取っていく方法があって

それが、乾燥機を使うことです。

乾燥機を使うことによって、風力と回転によって洗濯物についているティッシュを上手く取り除いていくことができます。

なので、乾燥機がある場合は、柔軟剤だけ入れて再度洗濯した後に、乾燥機を使っていってください。

洗濯機内のティッシュを取っていく掃除方法

ティッシュを一緒に入れて洗濯してしまった場合は、洗濯物だけじゃなくて洗濯機内のティッシュも綺麗にとっておかなくてはいけません

そこで、縦置き式洗濯機とドラム式洗濯機の簡単な掃除方法について書いていきます。

縦型式洗濯機のティッシュを取る掃除のやり方

縦置き式洗濯機のティッシュを取る掃除のやり方は

水槽いっぱいに水を溜める

洗濯機を2~3分ほど回す

一度止める

ゴミ取りネットで浮いているティッシュを取る

また洗濯機を2~3分ほど回す

一度止める

ゴミ取りネットで浮いているティッシュを取る

です。

このようにして、まずは洗濯槽いっぱいに水を溜めて2~3分ほど洗濯機を回して洗濯槽にこびりついてしまっているティッシュを剥がして取っていきます。

これを少しめんどくさいですが、ティッシュが浮いてこなくなるまで、回して一時停止して取ってを繰り返し行っていってください。

そして脱水が終わった後に、糸くずフィルターなどについているティッシュを綺麗に取っておいてください。

ドラム式洗濯機のティッシュを取る掃除のやり方

ドラム式洗濯機のティッシュを取る掃除のやり方は、縦型式洗濯機とは違って、洗濯槽に水を溜めて開けることができません

なので、洗濯機についている槽洗浄コースなどを選んで洗濯してください。

そして、終わった後に糸くずフィルターなどを綺麗に掃除しておきます。

洗濯機がうるさい時に注意したい原因と直し方などについては、コチラの記事に書いてあります。

洗濯機がうるさくなる原因と対策!

ティッシュを一緒に洗濯しない予防対策

ティッシュを一緒に洗濯しない予防対策としては

・必ず服のポケットをチェックする
・ズボンやスカートのポケットを出して洗濯する
・洗濯物を一つずつ洗濯機に入れていく

などです。

服のポケットに物が入っていないかを必ずチェックして

ズボンやスカートなどポケットを裏返して出せる物は、ポケットを裏返して洗濯するようにしてください。

そして、洗濯物の中にティッシュが紛れ込まない為に、まとめて洗濯物を入れずに一つ一つ洗濯物を洗濯機に入れていくようにしてください。

洗濯物を一つずつ入れることによって、洗濯物の偏りが少なくなるので脱水している時の振動を減らして音を静かにしていく効果もあります。

洗濯機の脱水音を静かにしていく為の対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

洗濯機の脱水音を抑えていく対策方法!

洗濯物にほこりがつかないようにする為のおすすめの予防対策については、コチラの記事に書いてあります。

洗濯物にほこりがつく原因と対処法!

まとめ

洗濯物についたティッシュの簡単な取り方と洗濯機の掃除方法について書いていきました。

洗濯物の中にティッシュが入っていて一緒に洗濯してしまうことは誰にでもあることです。

そんなティッシュまみれになってしまった洗濯物は

柔軟剤だけ入れて再度洗濯する

干す前に台所用排水ネットを使う

乾いたらコロコロやガムテープを使う

などで簡単に綺麗にティッシュを取っていくことができます。

後は、洗濯機も掃除して置いてください。

服に油性ペンがついてしまった時のうまく落としていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

服に油性ペンがついた時の落とし方と対処法!

洗濯したのに洗濯物が臭い時の対処法と臭いをうまく消していく洗濯のやり方については、コチラの記事に書いてあります。

洗濯物の臭いを消していく洗い方のコツ!

服やジャージについてしまった毛玉をうまく簡単に取っていく取り方については、コチラの記事に書いてあります。

服にできた毛玉取りの簡単な方法!

スポンサーリンク