ジャージやスウェットなどの毛玉を綺麗にうまく取っていく取り方は、どうすればいいのか

普段よく着ているジャージやスウェットなどの服は、毛玉がすぐにできてしまいますし

そのまま放置していると、ドンドンと毛玉が増えていってしまい困ってしまいます。

そこで、ジャージやスウェットなどの毎日着る服についてしまう毛玉を簡単に取っていき目立たなくする取り方や

できるだけ服に毛玉がつかないようにしていく予防対策について書いていきます。

スポンサーリンク

毛玉を綺麗に取る為の準備

ジャージやスウェットなど普段よく着る服っていうのは、どうしても毛玉ができやすいです。

気になる毛玉をとっていこうとしても、なかなかうまく毛玉をとっていくことができないでイライラしてしまうことが多いですよね。

そこで、毛玉をうまく綺麗に簡単にとっていく為には、まずは毛玉を取る為の準備が必要です。

毛玉を綺麗にとっていく為の準備っていっても難しいことをするわけではなくて

服を平らな場所に広げる

ブラシを一定方向にかける

毛玉がある部分にガムテープをつけて剥がす

です。

まずは、毛玉取りをする服を平らな場所に広げてください。

よく太ももの上などに服を置いて毛玉取りをすることがあると思います。

しかし、平らな場所に広げないと安定しないので、毛玉を上手くとっていくことができません

そして、一定方向にブラシなどをかけてできるだけ服の繊維を整えていきます。

それから、取っていく毛玉がある部分にガムテープを軽くつけて、ゆっくりと剥がしていきます。

これによって、毛玉が立った状態になって余計な服の繊維を傷つけることなく毛玉をカットしやすくなります。

ジャージやスウェットなどの毛玉のうまい取り方

毛玉を取る為の準備ができたら、次は毛玉を取っていきます。

毛玉を自分で簡単にとっていく取り方は

ハサミを使う
T字カミソリを使う
キッチン用スポンジを使う
毛玉取り器を使う

があります。

ハサミを使った毛玉の取り方

ハサミを使った毛玉の取り方は、毛玉が少ない時におすすめの取り方です。

ハサミを使った毛玉取りは、なるべく小さいハサミを使っていくようにして、服とハサミがしっかりと平行になるようにして毛玉をカットしていってください。

普通の大きいハサミを使ってしまうと、毛玉だけじゃなくてその周辺の服の繊維も切ってしまうこともあるので注意してください。

T字カミソリを使った毛玉の取り方

T字カミソリを使った毛玉の取り方は、毛玉が多い時におすすめの取り方です。

T字カミソリを使った毛玉取りは、必ず新品の新しいカミソリを使っていき、一定方向に軽く動かしていってください。

使い古しのカミソリを使ってしまうと、切れ味が悪くてついつい力が入ってしまいますし

剃る方向を一定にしないと服の繊維を傷つけてしまうので注意してください。

そして、剃り過ぎてしまうとその部分の服の繊維が少なくなってしまい、穴が開きやすくなってしまうので、これも注意してください。

キッチン用スポンジを使った毛玉の取り方

キッチン用スポンジを使った毛玉の取り方は、これも毛玉が多い時におすすめの取り方です。

キッチン用スポンジを使った毛玉取りは、キッチン用スポンジの緑色した硬い面を使っていきます。

そして、これもT字カミソリを使うのと同じで、必ず一定方向に向かって力を入れ過ぎずにスポンジを動かしていってください。

キッチン用スポンジを使った毛玉取りは、毛玉をカットするのではなくて、軽く引っ張って抜き取っていく方法です。

なので、力を入れ過ぎてしまったり、ゴシゴシと毛玉の部分を往復するような擦り方をしてしまうと服の表面の繊維を酷く傷つけてしまうので注意してください。

そして、スポンジを使うっていうと服を軽く濡らすっていうイメージがあると思いますが、濡らさずに服が乾いている状態で行っていってください。

服やズボンなどにカビが発生してついてしまっている時のカビ取り対策については、コチラの記事に書いてあります。

服やズボンのカビをうまく取っていく方法!

スポンサーリンク

毛玉がつきやすい原因

ジャージやスウェットなどの服にできてしまっている毛玉をうまく自分で綺麗にとっていく取り方については、わかってもらえたと思います。

毛玉がつきやすいできやすい原因っていうのは、摩擦と静電気です。

毛玉は、服の繊維が立ってしまい、それが擦れてしまい繊維が絡まってしまってできます。

ジャージやスウェットなどは、普段からよく着るので擦れることが多いです。

その擦れてしまうことによって静電気が多く発生してしまい静電気によって服の繊維が立ちやすくなってしまいます。

毛玉がつかない予防対策

毛玉がついてしまう原因は、摩擦と静電気によってっていうことは、わかってもらえたと思います。

なので、毛玉がなるべくつかないできないようにしていくには、摩擦と静電気を予防していくことです。

しかし、着ているとどうしても摩擦や静電気は自然と起こってしまいます。

じゃ、つかないようにしていくことは無理じゃない?って思ってしまいますよね。

でも、毛玉がつかないようにしていく予防対策が実はあるのです。

それが、洗濯の仕方です!

毛玉っていうと服を着ている時に多くできてしまう、ついてしまうっていうイメージがありますが、実は洗濯中の脱水時にも多くついてしまうのです。

洗濯中の脱水時っていうのは、物凄い遠心力で洗濯機の中で洗濯物が摩擦を起こしてしまっていて毛玉がつきやすくなってしまいます。

毛玉がつきにくい洗濯の仕方

そこで、洗濯中の毛玉がついてしまうのを予防していく対策方法として

洗濯物を裏返しにする
洗濯ネットに入れる
柔軟剤を入れる

です。

まずは、ジャージやスウェットなどの衣類は、洗う時は裏返しにします。

裏返しにすることによって、表の摩擦を予防していくことができます。

そして、更に洗濯物同士の摩擦を予防していく為に、洗濯ネットに入れるようにしてください。

洗濯ネットに入れることによって、他の洗濯物と擦れて摩擦が起こってしまうのを予防していくことができます。

これだけでも十分に毛玉を予防していくことができるのですが、最後に柔軟剤を入れることによって静電気が起こりにくい状態にします。

ジャージやスウェットなどは、いつも着る分、どうしても洗濯をする回数が多くなってしまいますし

お気に入りの服などと比べると洗濯する時も、あまり丁寧に洗おうっていう意識が薄いです。

でも、洗濯の仕方に気をつけることによって、毛玉がついてしまうのをうまく予防していくことができます。

服のシワを簡単に伸ばして取っていく、アイロンを使わないやり方については、コチラの記事に書いてあります。

服の気になるシワを簡単に取る方法!

毛玉の原因にもなってしまう服の静電気を予防していく為の対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

衣類の静電気を防いでいく対策方法!

ティッシュを一緒に洗濯機に入れて洗濯してしまった時のティッシュまみれの洗濯物や洗濯機を綺麗にしていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

ティッシュまみれの洗濯物や洗濯機を綺麗にする方法!

まとめ

ジャージやスウェットなどの毛玉のうまい取り方と予防対策!について書いていきました。

毛玉を自分で簡単にうまく取っていく取り方は

必ず服を平らな場所に広げてから

小さいハサミを使う
新品のT字カミソリを使う
キッチン用スポンジを使う

などで、とっていくようにしてください。

そして、毛玉は服を着ている時だけじゃなくて、洗濯中にも多くついたりできてしまうので

服を裏返しにする
洗濯ネットに入れる
柔軟剤を入れる

などの予防対策もしっかりと行っていくようにして、毛玉が増えてしまうのを防いでいくようにしてください。

洗濯物にホコリなどがよくついてしまう原因とつかないようにしていく為の対策については、コチラの記事に書いてあります。

洗濯物にホコリがつかないやり方!

洗濯中の脱水音がうるさくなってしまう原因と対処法については、コチラの記事に書いてあります。

洗濯中の脱水音を静かにする対策!

服が濡れてしまった時に早く乾かしていく簡単なやり方については、コチラの記事に書いてあります。

服が濡れた時の簡単な乾かし方!

スポンサーリンク