急な雨で服やズボンが濡れてしまった

着替えることができないので早く着ている服を乾かしたい

家に帰ればすぐに濡れた服を脱いで新しい服に着替えることができるけど会社や学校や外出先などでは困ってしまいます。

そこで濡れてしまった服やズボンをできるだけ早く乾かす簡単ですぐに使える方法や裏技などについて書いていきます。

濡れたままの服やズボンをそのまま長時間着ていると気持ち悪いですし臭いにおいがしてしまいますし風邪をひきやすくしてしまいますからね。

スポンサーリンク

濡れた服を会社や学校で早く乾かす方法

通勤中や通学中など急に雨が降ってきたりして服やズボンなどが濡れてしまうことはよくあります。

急いで会社や学校などに行っても服やズボンがべちょべちょですぐにでも新しい服に着替えたいけど着替えることができなくて困ってしまいます。

そんな時濡れた服やズボンをできるだけ早く乾かしていく簡単な方法として

タオルを使う乾かし方
新聞紙を使う乾かし方
ドライヤーを使う乾かし方

がおすすめです。

タオルを使うおすすめの簡単な乾かし方

タオルを使う簡単な乾かし方っていうのは普通は濡れた服やズボンの上からタオルを当てて水分をとっていきます。

しかしなかなかすぐには乾いてくれません

そこでタオルを使ったおすすめの乾かし方として

タオルが2枚ある場合は服の下と上にタオルを当てて押さえつけるようにしてください。

濡れている服やズボンを上下で押さえつけていくことによって早く乾かしていくことができます。

タオルが1枚しかない場合は服の下にタオルを入れて上からうちわなどで仰いで風を当てていくようにしてください。

新聞紙を使うおすすめの乾かし方

新聞紙を使ったおすすめの乾かし方っていうのは新聞紙は普通の紙とは違って水分を上手く吸収していってくれます。

新聞紙を使った乾かし方としては

新聞紙を一回くしゃくしゃにして戻してしてから服の下と上に当てて押さえつけるようにしてください。

そのまま使っていってもいいのですが一回くしゃくしゃにしてから使う方が吸収率が高くなるのでおすすめです。

ドライヤーを使うおすすめの乾かし方

ドライヤーを使うおすすめの乾かし方っていうのは上記で書いたタオルや新聞紙などを服の下に入れてから上からドライヤーで熱風を当てていくと早く乾かしていくことができます。

更に服を脱ぐことができる場合はいったん服を脱いで紙袋やビニール袋の中に服を入れて袋の中に熱風を入れるようにしてください。

そうすることによって普通にドライヤーを使って乾かしていくよりも早く乾かしていくことができます。

しかしビニール袋に入れて乾かしていく場合は水滴がビニール袋の中に溜まってしまうのでその水滴を出していく為にビニール袋の角などに穴を開けて水滴が逃がしていってください。

紙袋の場合は水滴を吸収していってくれます。

スポンサーリンク

濡れた服を早く乾かす干し方

濡れた服を早く乾かしていく簡単な方法についてはわかってもらえたと思います。

そして濡れた服やズボンを脱ぐことができる場合は上記で書いた方法である程度乾かした後にしっかりと干していってください。

そこで濡れた服を早く乾かしていくおすすめの干し方として

タオルや新聞紙を下に置く
太いハンガーを使う
風通しの良い場所で干す

です。

タオルや新聞紙を下に置く

タオルや新聞紙を下に置くっていうのはできるだけ水分を吸収しやすい物を下にひいてその上に服を置くようにしてください。

ハンガーを使って干す場合は服の中にタオルや新聞紙を入れるようにする

手すりなどに干す場合は下にタオルや新聞紙を置いて服の中にも入れるようにします。

太いハンガーを使う

太いハンガーを使うっていうのはできるだけ太いハンガーを使った方が服がくっついてしまうのを防いでいってくれます。

そうすることによって服の中までしっかりと空気が入っていき乾くスピードが早くなります。

風通しの良い場所で干す

風通しの良い場所で干すっていうのは窓際などで干していってください。

扇風機などがある場合は扇風機の風を当てていったりしてください。

後は服同士が重ならないように間隔をあけて干していくようにしてください。

乾燥機で早く乾かす裏技

家や外出先のホテルなど乾燥機を使える場合はできるだけ早く乾燥させていく裏技があってそれが濡れた服やズボンと一緒に乾いたタオルなどを一緒に入れてください。

乾いたタオルなどを入れることによってそのタオルが水分を吸収してくれて早く乾かしていくことができるのでおすすめの裏技です。

靴を早く乾かしていくおすすめの対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

濡れた靴を即効で乾かす方法!

早く乾かすことで臭い対策にもなる

濡れてしまった服やズボンなどを早く乾かしていく方法や干し方などについてはわかってもらえたと思います。

濡れてしまった服やズボンを早く乾かしていくことは風邪をひかないようにしていく対策にもなりますが臭い臭い対策にもなります。

濡れたままの状態でずっと着ていると細菌などが繁殖しやすくなってしまって服やズボンから臭い臭いがしてきてしまいます。

ただでさえ濡れているだけでも不快なのにそれに臭い臭いまでしてしまうと更に不快になってしまいますし周りにも嫌な思いをさせてしまいます。

なので臭い対策としてもできるだけ早く乾かしていくようにしてください。

濡れてしまってくさい臭いがしてしまっている服の臭いをすぐに消していく簡単でおすすめの臭い取りのやり方についてはコチラの記事に書いてあります。

濡れて臭くなった服の臭い取りの方法!

服が臭くなってしまう原因やおすすめの臭い取り対策などについてはコチラの記事に書いてあります。

服が臭い時のおすすめの臭い取り対策!

洗濯しても臭い臭いが残ってしまっている時のおすすめの臭い取りの洗濯方法についてはコチラの記事に書いてあります。

臭くならないおすすめの洗濯方法!

まとめ

濡れた服やズボンを早く乾かす方法で簡単ですぐ使える裏技について書いていきました。

急に振り出した雨などによって服やズボンが濡れてしまうことはよくあります。

そしてすぐに新しい服などに着替えることができない時はできるだけ早く濡れてしまった服を乾かしていかなくてはいけません

そこで簡単ですぐに使える乾かし方として

タオルを使う乾かし方
新聞紙を使う乾かし方
ドライヤーを使う乾かし方

などがおすすめの乾かし方です。

洗濯物によくほこりがついている時に注意したい原因やつかないようにしていく予防対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

洗濯物にほこりがつく原因と取り方や予防する方法!

バッグが臭くなってしまうのを予防していく対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

バッグが臭くならない為の対策方法!

服の静電気を防いでいく為の対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

服の静電気対策に効果ある方法!

服の気になるシワを簡単にアイロンを使わず簡単にとっていく方法については、コチラの記事に書いてあります。

服の気になるシワを簡単に目立たなくする方法!

スポンサーリンク