車のガラスが急に曇ってしまう

曇りをとってもまたすぐに曇ってきてしまう

寒い冬の時期や雨の日や暑い夏の時期などに車を運転中に急にフロントガラスやリアガラスそして横のガラスなどが曇ってしまったり何回も曇って曇りが取れない時があります。

特にフロントガラスが曇ってしまうと前が見えにくくなってしまい危険な状態になってしまいます。

そんな車のガラスが曇ってしまう原因は一体何なのか

そして車のガラスが曇ってしまった時にすぐ曇りをとっていく為の対処法はどうしていけばいいのか

車のガラスが曇らないようにしていく為の予防対策などについて書いていきます。

スポンサーリンク

車のガラスが曇る原因は結露

寒い冬の日や雨の日や暑い夏の日など運転中に急に車のフロントガラスなどが曇ってしまうことがあります。

うわっ!急に何が起こったの?ってびっくりすると同時に運転中なので危なくてヒヤっとしてしまうことがあります。

そんな運転中に車のガラスが曇ってしまう原因は結露によってガラスに水滴がついてしまいその水滴によってガラスが曇ってしまいます。

結露が起こってしまう大きな2つの原因としては

車内と車外の温度差
車内の湿度の高さ

があります。

車内と車外の温度差が原因

車内と車外の温度差が原因っていうのは車内と車外っていうのはフロントガラスなどガラスによって区切られています。

寒い冬の時期はヒーターをつけているので車内は温かくて温度が高いですが車外は寒く温度が低くガラスは冷たくなっています。

その冷たいガラスに車内の暖かい空気が触れた時に暖かい空気がガラスによって冷やされて水滴がガラスにできてしまう結露ができてしまいます。

その水滴の結露によってガラスが曇ってしまいます。

暑い夏の季節は逆に車内が冷房によって寒く温度が低く車外は暑い温度が高い状態になっているので同じようにガラスが結露してしまい曇ってしまいます。

寒い冬の時期に部屋で暖房をつけている時や暑い夏の時期に冷房をつけている時に部屋のガラスに水滴がついてしまいガラスが曇ってしまうのと同じ結露が原因で車のガラスも曇ってしまいます。

車内の湿度の高さが原因

車内の湿度の高さが原因っていうのは車内っていうのは基本的に窓を閉め切っているので密封空間です。

その密封空間で雨の日に濡れた状態で乗ってしまったり濡れた傘を乗せたりしてしまうと車内の湿度が高くなってしまいその湿度によって結露が出来てしまいガラスが曇ってしまいます。

後は大人数で乗っている時などは呼吸している空気や汗などによっても湿度が自然と高くなってしまいます。

よくガラスに息を吹きかけた時にガラスが曇りますがそれと同じようなことが車のガラスにも起こってしまいガラスが曇ってしまいます。

車のガラスの曇りをすぐとる対処法

車のガラスが曇ってしまう原因は結露によって起こってしまうっていうことについてはわかってもらえたと思います。

そこで急に車のガラスが曇ってしまった時に曇りをすぐにとっていく対処法として

車内と車外の温度差を少なくする
車内の湿度を下げていく

ことでその為に冷房を使っていきます。

冬の季節や雨の日のガラスの曇りをとっていく対処法

冬の季節や雨の日のガラスの曇りをすぐにとっていく対処法としては

エアコンのA/Cボタンを押して冷房にする

デフロスターをつける

外気設定にする

これによってガラスの曇りを即効でとっていくことができます。

寒い時に冷房をつけるの?って思ってしまいますが冷房をつけることによって湿気をとっていくことができますし車内と車外の温度差を少なくしていくことが出来ます。

そしてデフロスターとはフロントガラスやリアガラスのマークに温泉のようなマークがついているボタンを押して入れてください。

デフロスターをつけることによってフロントガラスやリアガラスについている熱線によって水滴や曇りをとっていってくれます。

そして最後に外気設定にして外の空気を入れるようにしてください。

これで車内のガラスの曇りをとっていくことが出来るのですが横のガラスなどの曇りが取れない場合はタオルで拭いたり少し窓を開けて外の空気を中に入れるようにしてください。

暑い夏の季節のガラスの曇りをとっていく対処法

暑い夏の季節のガラスの曇りをとっていく対処法としても基本的には上記で書いた方法と同じなのですが

少し違う点があってそれは

冷房の温度設定を少し高くする
フロントガラスに直接冷房を当てない設定にする

です。

暑い夏の季節に車のガラスが曇ってしまう原因は車内が冷たくなりすぎているからです。

なので冷房の設定温度を少し高くしたり風向きを下にしたりして直接フロントガラスに冷たい冷気が当たらないようにしてください。

車のエアコンが効かない上手く冷えない時の対処法や効率よく車内を冷やしていく方法についてはコチラの記事に書いてあります。

車のエアコンの効きを良くする対策!

スポンサーリンク

車のガラスが曇らないようにする予防対策

車のガラスが曇らないようにする予防対策としては

ガラスを綺麗に拭いておく
車内の湿度を高くしない
ガラス曇り止めを使う

などがあります。

ガラスを綺麗に拭いておく

ガラスを綺麗に拭いておくっていうのはガラスにホコリやゴミなどの汚れがついているとガラスに少し凹凸が出来てしまったりして水滴がその場所に溜まりやすくなってしまいます。

なのでガラスを乾いたタオルでこまめに拭いたりガラス拭きなどできるだけいつも綺麗な状態にしておくようにしてください。

車内の湿度を高くしない

車内の温度を高くしないっていうのは雨の日など服が濡れている場合は軽く拭いたりしてから車に乗るようにしたり

傘に雨などが着いている場合は乗る時に傘の振って雨をしっかりと取り除いてから乗ったり

大人数で乗っている場合は窓を少し開けるようにしたりしてできるだけ車内の湿度が高くならないようにしてください。

ガラス曇り止めを使う

ガラス曇り止めを使うっていうのはカー用品店などで売っているガラスの曇り止めスプレーなどを使用してガラスを曇りにくくしておいてください。

寒い冬の季節に車のエアコンの暖房をつけても、なかなか暖まらない時に、早く車内を暖めていく為のエアコンの入れ方やコツなどについてはコチラの記事に書いてあります。

車の暖房を即効で効かせるエアコンの入れ方とコツ!

まとめ

車のガラスが曇る原因!すぐとる対処法と曇らない予防対策について書いていきました。

車のガラスが曇ってしまう原因は

車内と車外の温度差
車内の湿度の高さ

によってガラスに水滴がついてしまう結露によって起こってしまいます。

なのでガラスが曇ってしまった時は冷房をつけて外気設定にして後はデフロスタをつけて曇りをできるだけ早く無くしていってください。

そしてできるだけ車内と車外の温度差を少なくしたり車内の湿度が高くならないように予防対策をとっていくようにしてください。

車のエアコンから臭い臭いがする原因と臭いをとっていく対策方法についてはコチラの記事に書いてあります。

車のエアコンが臭い原因と臭いを取る方法!

車内を綺麗にする臭い臭いを取り除いていくおすすめの掃除のやり方についてはコチラの記事に書いてあります。

車内掃除のおすすめのやり方!

車の静電気を上手く取り除いていく静電気の取り方についてはコチラの記事に書いてあります。

車の静電気を抑える簡単な対処法!

スポンサーリンク