車の運転中にフロントガラスが段々と凍ってきてしまうことがあります。

そんな車の運転中にフロントガラスが凍る時の対処法や

フロントガラスの凍結を早く溶かしていこうとして、やってはいけない注意してほしいことなどについて書いていきます。

物凄く冷え込んで寒い時っていうは、運転中でも車のフロントガラスが凍り始めてくることがあるので気をつけなくてはいけません

スポンサーリンク

車の運転中にフロントガラスが凍る時の対処法

寒い冷え込んでいる時っていうのは、車の運転中にフロントガラスが段々と凍ってきてしまうことがあります。

運転中にフロントガラスが凍ると視界が段々と悪くなってきてしまい運転するのが危険になってしまいます。

そこで、車の運転中にフロントガラスが凍る時の対処法としては

暖房の風をフロントガラスに当てる
解氷ウォッシャー液をかける

です。

暖房の風をフロントガラスに当てる

暖房の風をフロントガラスに当てるっていうのは、エアコンの風向きの設定をデフロスターにすることです。

暖房の風を直接フロントガラスに当てることによって、暖房の熱で凍っているフロントガラスを早く溶かしていくことができますし

フロントガラスが凍らないように予防していくことができます。

デフロスターっていうのは、フロントガラスの下から暖房が出てくるようにする設定です。

この時に風量は最大にしておいてください。

解氷ウォッシャー液をかける

解氷ウォッシャー液をかけるっていうのは、ウォッシャー液を解氷ウォッシャー液に入れ替えてかけていきます。

解氷ウォッシャー液の成分は、解氷スプレーと同じで凍ったガラスを素早く溶かしていってくれます。

なので、冬の寒い季節は、解氷ウォッシャー液に入れ替えておいてください。

この2つが車の運転中にフロントガラスが凍ってしまう時の正しい対処法です。

スポンサーリンク

車の運転中にフロントガラスが凍る時にやってはいけないこと

車の運転中にフロントガラスが凍る時の対処法については、わかってもらえたと思います。

そして、運転中にフロントガラスが凍ってきた時にやってはいけないこともあります。

それは

水をかけること
ただワイパーだけを動かすこと

です。

水をかけること

水をかけることっていうのは、止まって水をかけたり、普通のウォッシャー液をかけたりしてしまうことです。

水をかけるこによって、その時は少し凍ったフロントガラスを溶かしていくことができます。

しかし、フロントガラスの表面に水が多くついてしまっている状態で走行してしまうと、またすぐにその水分が凍ってしまいます。

なので、水をかけたり、普通のウォッシャー液をかけたりはしないでください。

ただワイパーだけを動かすこと

ただワイパーだけを動かすことっていうのは、凍っている状態でワイパーを動かすことです。

フロントガラスが凍っている状態でワイパーだけを動かしてしも凍りを取っていく事はできないですし

凍りの水分が伸びて、逆に凍っている面積が広がってしまい、余計に視界が悪くなってしまいます。

なので、ワイパーを動かすのは、暖房や解氷ウォッシャー液などで、凍りが溶け始めてきた時にワイパーを動かすようにしてください。

朝など車の凍ったフロントガラスを早く溶かしていくおすすめの溶かし方については、コチラの記事に詳しく書いてあります。

朝に凍った車のフロントガラスを素早く溶かしていくやり方!

まとめ

車の運転中にフロントガラスが凍る時の対処法!やってはいけないこと!について書いていきました。

車の運転中にフロントガラスが段々と凍ってきてしまう時の対処法は

暖房の風をフロントガラスに当てる
解氷ウォッシャー液をかける

です。

そして、車の運転中にフロントガラスが凍る時に

水をかける
ただワイパーだけを動かす

などのことは、余計にフロントガラスの凍りを広めてしまうだけなので、やらないように注意してください。

車のフロントガラスが凍ってしまう原因や凍らないようにしていく為の予防対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

車のフロントガラスが凍る原因と予防対策!

車のガラスが曇ってしまう原因と曇りを素早く取っていく対策方法については、コチラの記事に書いてあります。

車のガラスが曇る原因と効果的な曇り取り対策!

車の暖房の効きが悪くて車内がなかなか暖かくならない時の原因と対処法については、コチラの記事に書いてあります。

車の暖房の効きが悪い時の原因と良くする対処法!

車のタイヤがパンクした時の正しい対処法とやってはいけないことについては、コチラの記事に書いてあります。

車のタイヤがパンクした時の対処の仕方と注意点!

スポンサーリンク