雨の日に車のフロントガラスの汚れで前が見えにくくなってしまい運転がしづらくなってしまうことがあります。

そんな雨の日にフロントガラスが見えにくくなってしまう原因はガラスに油膜がついてしまっているからです。

そこで車のガラスについてしまっている油膜を自分で簡単にとっていく油膜取りの方法として新聞紙と台所用洗剤を使っていくのがおすすめです。

この方法は油膜取りだけじゃなくて白いウロコ状になっている水垢取りにも効果があります。

スポンサーリンク

車のガラスが見えにくくなる原因は油膜と水垢

車のフロントガラスなどが汚れて前が見えにくくなる原因はガラスの表面に油膜や水垢などが付着してしまっているからです。

雨の日にガラスが急に見えにくくなってしまうのは油膜が原因

晴れている日にガラスに白いウロコ状の汚れがついてしまっているのは水垢が原因です。

雨の日にガラスが見えにくくなる油膜の原因

晴れている時は別に気にならないけど雨が降った時に急に車のフロントガラスがにじんだようになって見えにくくなってしまうのはガラスの表面に油膜がついてしまっているからです。

ガラスに油膜がついてしまう原因は

車の排気ガス
油分を含んでいる雨
車のコーティング剤

などです。

ガラスに白いウロコ状の汚れが残ってしまう水垢の原因

ガラスに白いウロコ状の汚れが残ってしまう水垢の原因としては雨に含まれている汚染物質などがガラスに付着してしまいその水が乾いてしまった後に白くウロコ状になって残ってしまっています。

ガラスが濡れた時に見えにくくなってしまう油膜も白いウロコ状になってしまう水垢も車を運転していると自然とガラスに付着してしまい前が見えにくくなってしまいます。

そして厄介なことに普通に洗車をしてガラスを綺麗に洗っても落ちない汚れですが油膜も水垢も綺麗に落としていくことができる簡単なやり方があります。

車のガラスに付着している油膜をとっていく為に準備するもの

そこでまずは車のガラスにこびりついてしまっている油膜や水垢を綺麗に取っていく為に準備してほしいものは

新聞紙
マイクロフィーバータオル(普通のタオルでも可)2枚
台所用洗剤

です。

新聞紙は読み終わった古新聞でいいです。

マイクロフィーバータオルとは線維の細い柔らかいタオルですが無い場合は古い使い古しのタオルでも大丈夫です。

後はいつも使っている普通の台所用洗剤です。

車のガラスの油膜や水垢取りのやり方

まずはガラスの表面についている汚れを綺麗に洗い流すのに水をしっかりとかけて洗っていきます。

その後に

新聞紙を適度な大きさにして水に濡らす

濡れた新聞紙でガラスをこすっていく

ガラス全体を新聞紙でこすり終わったら水でまた綺麗に洗い流す

バケツに水を溜めてその中に台所用洗剤を入れてかき混ぜて洗剤水を作る

マイクロフィーバータオルを作った洗剤水をつける

濡れたマイクロフィーバータオルでガラスを綺麗に擦っていく

擦り終わったら水でまた綺麗に洗い流す

新しい乾いたマイクロフィーバータオルでガラスを拭いていく

です。

えったったこれだけで大丈夫なの?って思ってしまいますがこのやり方で油膜や水垢を綺麗に綺麗に取り除いていくことができます。

新聞紙にはインクが刷り込まれているのでそれによってこびりついてしまっている水垢をとっていってくれますし油分もガラスから浮かせてくれます。

そして台所用洗剤は油を綺麗に分離していってくれるのでガラスに付着してしまっている油膜を綺麗に取り除いていってくれます。

後は台所用洗剤がついてしまっているマイクロフィーバータオルでそのまま洗い終わったガラスを拭いてしまうと洗剤がまた付着してしまうので必ず新しい乾いたタオルで拭き残しがないように綺麗に拭いていってください。

スポンサーリンク

油膜を綺麗に取っていく方法と取れているか確認する方法

車のガラスにこびりついてなかなか取れない水垢や油膜を簡単に綺麗に取り除いていく洗い方についてはわかってもらえたと思います。

やり方は上記で書いた方法でいいのですが

より綺麗にしっかりと油膜をとっていく方法として

ガラス全体を一気に洗わない

まずは右上⇒次は右下⇒左上⇒左下のように

洗う場所を区切って洗剤水で擦って洗い終わったら水で流していきまた別の場所を洗っていくといいです。

油膜が綺麗に取れているか確認する方法としては

この洗剤水で洗った後に水で綺麗に洗い流しますがこの時に水が綺麗に下に流れていれば油膜は綺麗に落ちています。

しかし水の流れが悪い下に流れずに斜めに流れていったりしている場所があるとその場所にはまだ油膜がこびりついてしまっているのでその場所をまた擦って洗ってください。

車のガラスに油膜や水垢がつかない為の予防対策

車のガラスにはどうしても油膜や水垢は必ずついてしまいます。

なのでこまめに洗車したりガラスを綺麗にしていかなくてはいけないのですが少しでも油膜や水垢がつかないようにしていく予防対策として

綺麗に洗い終わった後に撥水コーティング剤などをつけていってください。

撥水コーティング剤をつけることによってガラスの表面に膜ができるので雨などが水滴状態になって綺麗に流れ落ちていきます。

水滴となって流れ落ちることによって雨の日でもより視界が見えやすくなるので便利です。

撥水コーティング剤は車屋さんとかに色々な種類があるので自分に合ったものを選んで使っていってください。

車のガラスが曇ってしまって前が見えにくくなってしまう原因や曇った時の対処法や予防対策などについてはコチラの記事に書いてあります。

車のガラスが曇る原因と解消法!

冬場に車のガラスが凍ってしまうのを素早く溶かしていくやり方についてはコチラの記事に書いてあります。

車の凍ったガラスを早く溶かしていく方法!

まとめ

車のガラスの油膜取りの簡単な方法は新聞紙と洗剤がおすすめについて書いていきました。

車のガラスが見えにくくなってしまう原因はガラスの表面に油膜や水垢がこびりついてしまっているからです。

そんな油膜や水垢を簡単に家にある新聞紙や台所洗剤を使って取り除いていくことができます。

車のフロントガラスなどは特に見えにくくなってしまうと運転がしづらいですし危険なのでいつも綺麗にして見やすい状態にしておいてください。

車のエアコンから臭い臭いがする原因や素早く臭いを取り除いていく方法についてはコチラの記事に書いてあります。

車のエアコンが臭い時の対処法!

車内を綺麗に掃除していくおすすめのやり方についてはコチラの記事に書いてあります。

車内の嫌な臭いを解消していく掃除方法!

スポンサーリンク